FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    15

グリンピースの選び方と、おいしさを保つ保存方法とは

えんどうのさやの中の実だけを食べるグリンピース。水煮やドライパックのものをよく目にしますが、生のものが出回る春から初夏にかけては、採れたての旬の味が楽しめます。新鮮なグリンピースの選び方と、冷蔵・冷凍保存の方法を紹介します。


グリンピースの栄養

食物繊維7.7g、ビタミンE2.7mg、葉酸76μg(マイクログラム)、ビタミンB1 0.39mgなどを多く含みます(生、可食部100g当たり)。ビタミンB1は、糖質の代謝に欠かせない栄養素です。

グリンピースの選び方

グリンピースはさやから取り出すと風味が落ちやすいので、できるだけさや付きのものを選びましょう。さやがピンとして、実がしっかり入ってハリのあるものがおすすめです。さやが割れていたり、ガクやさやにシミ・黒ずみがあったりするものは避けます。

グリンピースの冷蔵・冷凍保存

あまり日持ちしないので、早めに使い切ります。すぐに食べない場合は、乾燥しないように、さや付きのまま保存用袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。2~3日中に使い切りましょう。

硬めに茹でれば冷凍保存もできます。さやから豆を出して熱湯で茹で、水で洗って水気を切ってから保存用袋に入れて密閉し、冷凍庫で保存します。

memo
・風味が落ちるので、調理直前にさやから出すのがポイント。
・鮮度が落ちやすいので、2~3日中に使わない場合は、購入後すぐに茹でて冷凍しましょう。

最後に

新鮮なグリンピースをぜひ料理に使ってみてください。

vege

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    15

関連記事

  1. Dietトマトになす!野菜も摂れる[そうめんアレンジレシピ3選]

    トマトになす!野菜も摂れる[そうめんアレンジレシピ3選]

    30
  2. Diet[ふきのとうのレシピ]やっぱり味噌と天ぷら!旬を堪能する2選

    [ふきのとうのレシピ]やっぱり味噌と天ぷら!旬を堪能する2選

    2
  3. Dietレモンの酸味とバターのコク!ビールが進む大根ステーキレシピ

    レモンの酸味とバターのコク!ビールが進む大根ステーキレシピ

    1
  4. Diet[ごぼうの唐揚げレシピ]カリッと揚げるコツと簡単タレのレシピ

    [ごぼうの唐揚げレシピ]カリッと揚げるコツと簡単タレのレシピ

    3

あわせて読みたい

Pickup