ゆりやんが1週間で-2.5㎏やせた「酢しょうが」をつくってみた!


「珍種目NO.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー」という番組内で、ぽっちゃり体型の女性芸人・ゆりやんレトリィバァさんが挑戦した「酢しょうがダイエット」。毎食大さじ1杯の「酢しょうが」を料理にかけて食べるというもので、実践したゆりやんさんは1週間で-2.5㎏のウエイトダウンに成功していました。それ以来、ずっと気になっていた酢しょうが。私も手づくりして、1週間試してみることに!

酢しょうがを食べると、どんないいことがある?

ダイエット効果ほか、美容や健康に良いことから、最近、新たに注目を集めているお酢。
しょうがと組み合わせることで、どんな効果が期待できるのか、さっそく見ていきましょう!

<アンチエイジング>
酢しょうがにふくまれる、「ジンゲロール」と「クエン酸」という抗酸化物質には、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあります。

<体を温める>
しょうがにふくまれる「ジンゲロール」には、血行促進作用も。
体温が上がることで、免疫力もアップ!
お酢には殺菌効果があるため、風邪の予防にも効果的です。

<イライラの解消>
ストレスを受けると血流が悪くなります。
しょうがはその血流を回復させ、お酢はイライラを抑えるカルシウムの吸収を促進させる働きを持っています。

<ダイエット効果>
体内の血流が上がると、基礎代謝も上昇。お酢にふくまれる「クエン酸」には、余分な脂肪を燃焼させる働きがあるため、効率よく痩せる体へと導いてくれます。

ほかにも、のどの炎症をおさえたり、胃腸の働きを促進させるなど、酢しょうがには魅力が満載!
これから寒くなる時期に向けて、積極的にとりいれていきたいですね。

いざ実践! 酢しょうがに合うレシピとは?

今回私が使ったお酢は、酢しょうが用として販売されているもの。
甘さが調整されているので、誰でも簡単に料理と合わせやすい味に仕上げることができます。
初心者の人にはオススメですよ。

まずは、酢しょうがづくりからスタート!
密閉できるビンに、黒酢調味酢(生姜漬)と刻んだしょうがを1:1の割合で入れ、一晩漬けこみます。
なんと手順はこれだけ!
しょうがは、スライスしたり、千切りやみじん切りにするなど、お好みに合わせて刻んでください。
※穀物酢や米酢でつくる場合は、はちみつを加えるとよいそうです。

news17101121_01.jpg一晩漬けたものがこちら! 私は、みじん切りにしてみました。
1日に摂取する目安量は、大さじ1杯(30g)程度。しょうがは加熱すると、「ショウガオール」という成分が増加するので、体を温める効果がアップするのだそう。

とはいえ、普段あまり料理をしない人は、酢しょうがをどうやって取り入れればいいのか迷ってしまいますよね……。ちなみに、私もその中の1人でした。
そこで、試行錯誤しながらも1週間お試しした結果、簡単に食事に取り入れられてとてもおいしかったものをご紹介したいと思います!


<第1位:ヨーグルト>
news17101121_02.jpgギリシャタイプのプレーンヨーグルトに酢しょうがを合わせてみました。
どんな味なのか想像しにくかったので、最初は恐る恐る……。
一口食べてみると、クリームチーズのような味でした!
しょうがだけでなく、漬けているお酢も大さじ1杯ぐらい入れるといいですよ。
酸味が苦手な人は、はちみつを加えてみてください。 


<第2位:うどん>
news17101121_03.jpg白だしベースのうどんと合わせると、コクが出てまろやかな味わいに。
食べている最中から体がポカポカしていました。体調が悪いときや、食欲が無い時にもオススメです。


<第3位:みそ汁>
news17101121_04.jpgみそ汁の味に深みが増して、おいしかったです!
まだ試せていませんが、油揚げや豚汁など油っぽい具材と合わせると、後味がさっぱりするのではないかと思いました。

黒酢調味酢は、旨みと甘みと酸味が絶妙なので、素材や料理を問わずいろいろなアレンジを楽しめます。
私は冷え性なのですが、酢しょうがのおかげでいつもより体がポカポカしているようにも感じました。
ダイエット効果については、引き続き経過を見て行こうと思います!
(ゆりやんさんは毎食大さじ1杯の酢しょうがをとっていたそう!)

「もう少し本格的なメニューを知りたい!」という人のために、今回使用した黒酢調味酢(生姜漬)の販売元である、タマノイ酢さんにもオススメのレシピを伺いました。


<体ポカポカ! 酢しょうがトンテキ>
news17101121_main.jpg【材料(2~3人前)】
豚肩ロース肉(厚切り) 3枚
☆酢しょうが 大さじ3
☆ウスターソース 大さじ2
☆しょうゆ 大さじ1
☆みりん 大さじ1
塩こしょう 適量
サラダ油 適量

【つくり方】
1.豚肩ロース肉に食べやすいよう切れ目を入れ、塩こしょうをまぶしておく。器に☆の調味料を合わせておく。
2.フライパンにサラダ油をひき、強火で豚肩ロース肉の両面に焼き色がつくまで焼く。
3.両面に焼き色がついたら中火にして、合わせておいた☆の調味料をかける。
4.肉にソースの味がなじんだら完成!

<カツオと春菊の酢しょうがサラダ>
news17101121_05.jpg【材料(2人前)】
カツオ 8切
春菊 2束
トマト 1個
☆ 酢しょうが 大さじ1
☆麺つゆ(3倍濃縮) 大さじ2
☆ごま油 大さじ1/2

【つくり方】
1.カツオは一口大に、春菊は3~4cmに、トマトはサイコロ状にカットする。
2.☆の調味料を混ぜ合わせ、1に加えて混ぜ合わせたら完成。


<さつまいもの酢しょうがはちみつ煮>
news17101121_06.jpg【材料(2 人分)】
さつまいも 小1本
☆酢しょうが 大さじ1
☆はちみつ 小さじ2
☆塩 少々
☆水 300ml

【作り方】
1.さつまいもはよく洗い、厚さ1cm に切り、水にさらす。
2.鍋に1と☆ を入れ、中火でやわらかくなるまで煮る。

酢しょうがは、いつもの料理に加えればOKなので、とってもお手軽です。
冷え性でお悩みの人には、特にオススメですよ。
みなさんもぜひ、試してみてはいかがでしょう。



【特集】
一生太らない食べやせダイエット特集




河田 智子

河田 智子

タマノイ酢・調理師。1999年タマノイ酢入社後、2009年に社内フューチャー制度にて辻調理師学校に入学、2010年総代としてに卒業。 調理師免許取得後は、本社工場勤務の傍ら、タマノイ酢社内でのレシピ・商品開発等で調理師としてのスキルを発揮している。

写真・資料提供/タマノイ酢 文/FYTTE編集部

PickUp

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

トレンド

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

ページの先頭へ戻る