食べものの誘惑に勝てない! 止まらない食欲の原因って?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

Floral Deco/Shutterstock.com



ダイエット中、お腹は空いていないのに、何故か甘いケーキやお菓子が食べたくて仕方ない、食欲が抑えられないとお悩みの人はいませんか? 実はこれにも原因があるようなのです。ダイエットカウンセラーの伊達友美先生にお話しいただきました。

ダイエッターを悩ませる食べ物の誘惑

news17031903_01.jpg

Christian Mueller/Shutterstock.com


飽食の時代と言われる今、私たちの周りには食べ物があふれています。とても恵まれた環境ではありますが、ダイエッターにしてみれば、「大迷惑!」ですよね。「食べ物の誘惑が多過ぎて困る。誘惑に勝つにはどうしたらいいの」と真剣に悩んでいる人がほとんどでは?

私も昔は、食べ物を見てしまったら絶対にその誘惑に勝てないと思っていました。だから、デパ地下には行かないようにしていたし、パン屋さんやクレープ屋さんの前など、甘い香りに誘われないように、わざわざ遠回りして避けていたほど……。これが、食べ物の誘惑に勝つ、自分なりの方法だったのです。でも、これでは、その場しのぎの対策にしかなりません。根本的な解決にはならないのです。


最大の敵は食べものの誘惑に勝てない自分

news17031903_02.jpg

© kei907-fotolia.com


そもそも、悪いのは、目の前にある食べ物ではなく、〝食べ物の誘惑に勝てない自分〟。
考えてもみてください。いくら目の前においしそうなものがあっても、どんなにいい匂いが漂ってきても、別に気にならない人もいるのです。

もちろん、おなかがすいているときは食べたくなって当たり前ですが、そうでないときは、「別に食べたくないし」と素通りできるものなのです。

そうできない自分、食べ物の誘惑に負けないように苦労している自分は、どこかおかしい……。まずは、それを自覚することが重要でしょう。

食べ物の誘惑に勝てない、つまり、食べたくなってしまうのは、「栄養が欲しい」と体が感じている栄養不足の状態だからなのです。


やせられないのは食べていないから

news17031903_03.jpg

© kelly marken-fotolia.com


じゃあ、どうしたらいいのか。
対策はとっても単純。食べ物の誘惑に勝てる自分になるためには、足りていない栄養をちゃんとプラスすればいいのです。 スイーツ、菓子パン、スナック菓子……。こうした食べ物の誘惑に勝てないと嘆く人は、きちんと食事をしてない場合がほとんど。

例えば、スナック菓子やアイスがやめられないという人に限って、「ごはんは子ども用のお茶碗に半分しか食べていません」と言います。でも、「いやいや、だから、そこが間違ってるんだって!」と私は思うのです。

こういう人には「とりあえず、ごはんもおかずもちゃんと食べましょう」とアドバイスします。そのあとでお菓子が食べたければ食べていい。
「それじゃあ、やせるどころか太っちゃう」と思うかもしれません。でも、食事をきちんと食べて体に栄養を与えれば、お菓子はそれほど食べたいと思わなくなるはず。


食事内容を改善すれば、抑えられない食欲や見た目にも変化が

news17031903_04.jpg

© liza5450-fotolia.com


実際、私のカウンセリングを受けている方で、お菓子以外のものはほとんど食べないという人がいました。そこで、朝は果物、お昼はおにぎり……と、少しずつ普通の食事に近いものを取り入れてもらうようにしたところ、まず、スナック菓子が欲しくなくなったそうです。

それでもしばらくは、あんこ1㎏など、甘いものをかなり食べていたのですが、それもだんだんとなくなり、反対に、焼き魚定食とかしょうが焼き定食など、人並みの食事をとることができるように。そして今では、甘いものを食べるにしても、「ようかん一切れで十分満足できるようになりました」と喜んでいます。とてもヘルシーな食スタイルになり、体調も気分も落ち着いてきたようで、見た目もかなり美しくなりましたよ。

じつは私も、デパ地下を避けていた10代20代の頃は、肉も油も炭水化物も抜いてカロリーをかなり抑えていました。だから、常に栄養不足で食べ物を見ると食べたくてしょうがなかったわけですね。でも、ちゃんと食事をするようになった今では、デパ地下に行っても大丈夫(笑)。食べ物を見ても、香りが漂ってきても、それが〝誘惑〟とは感じなくなりました。

体の反応って、わかりやすいでしょ? 食べ物の誘惑に揺らいでしまう人は、まず食事で肉や魚、ごはんやみそ汁など足りていないものをプラスしてみて!



伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー、管理栄養士、日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジングダイエット協会理事。これまでに5000人以上の食事指導を経験。ボディラインと肌を美しく変身させる指導に定評があり、ダイエットのカリスマとして注目され、各種メディアで活躍している。
【関連記事】
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る