ダイエット王子教えて!成功に導くダイエットお悩み相談室

ダイエットの成果は「体重」だけで判断してはいけない?

diet_oji33_main.jpg
Rostislav_Sedlacek/shutterstock.com


これまで1万人以上を美ボディに導いてきた、"ダイエット王子"こと小山圭介先生が、ダイエットのお悩みや疑問に答えます。
ダイエット中、「体重がなかなか減らない...」と悩んでしまうことはありませんか? ダイエットが成功に向かっているかどうかは、体重だけで決めないほうがいいのだそう。その理由を小山先生に教えていただきました。


今回のお悩み
やせるために筋トレやランニングをしているのですが、体重が減りません。
私のダイエットのやり方は、間違っているのでしょうか?




ダイエット成果を判断する3つの方法

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

運動のダイエットを頑張っているのに、なかなか体重に変化が出ないと焦ってしまいますよね。でも、体重の数値は、成果を見る1つの指標と考えてください。
筋肉は脂肪よりも重いため、運動をしても体重に変化が出ないこともあります。体重が減らなくても、体が引き締まってきていないでしょうか。筋肉は脂肪よりも体積が小さいので、同じ体重でも筋肉量や体脂肪率によって見た目が変わってきます。

ダイエット中は、体重を含めて次の3つをチェックし、成果を判断しましょう。

●服を着たときのゆとり

diet_oji33_01.jpg
Maridav/shutterstock.com

タイトなジーンズがスルリと入るようになった、スカートのウエストがゆるくなった、キツかったシャツの胴周りや腕周りに余裕が出てきたなど、服を着たときにゆとりが出ていれば、脂肪が落ちてきています。


●ボディラインの見た目の変化

diet_oji33_02.jpg
gpointstudio/shutterstock.com

入浴前など、姿見(鏡)で全身のボディラインを観察するクセをつけましょう。ダイエット前よりちょっとウエストにくびれが出てきた、少し下腹が引っ込んできた、太もものたるみが引き締まったなど、"ちょっと"でも変化を見つけられると、モチベーションが高まります。


●体重、体脂肪率、筋肉量

diet_oji33_03.jpg
Mile Atanasov/shutterstock.com

体重は、食事などによって変化するため、タイミングを決めて毎日はかることがポイントです(朝起きて15~30分後、入浴前、夕食をとる前など)。そして、体組成計で「体脂肪率」「筋肉量」もチェックしてみてください。体脂肪率が減り、筋肉量が増えていたら、運動のダイエットに効果が出てきているということです。


「何かいいことあった?」と言われたら喜んで

diet_oji33_04.jpg
ESB Professional/shutterstock.com

ダイエットがうまくいっているかどうかは、周りの人(家族、友達、同僚など)の言葉でわかることもあります。
だいたい、3kgぐらい体重が減ると「やせた?」と言われるようになりますが、その前段階の言葉があります。
次のような言葉をかけられたら、ダイエットが成功に向かっているということです。

「何かいいことあった?」
「このごろ、楽しそうだね」
「雰囲気が変わったね」

健康的なダイエットをしていると、肌がキレイになり、体調がよくなり、メンタルも整って、イキイキとした雰囲気になります。
あなたの周りに、人のちょっとした変化に気づくタイプの人はいないでしょうか。その人の言葉を信じてみてください。

ただし、鈍感なタイプで、痩せてきているのに「プヨプヨしてきた?」なんて言う人もいるので、その人の言葉は信じなくて大丈夫です(笑)。
人の変化を敏感に察知できる人は少ないので、何も言われなくても心配しないでくださいね。

体重だけを気にしていると、少し増えただけで落ち込んでしまうことがあります。
「服を着たときのゆとり」「ボディラインの見た目の変化」「体重、体脂肪率、筋肉量」をチェックしながら、ダイエットをしましょう。



小山圭介

小山 圭介

ダイエットトレーナー&メンタルコーチ。
ホットヨガスタジオLAVAのプログラム開発を経て、ダイエット合宿施設『LAVAビレッジ伊豆高原』を立ち上げる。これまで1万人以上にダイエット指導を行う。メンタル・食事・運動など、さまざまなアプローチで健康な体をつくるダイエット法を提案している。テレビ、雑誌、WEBなどメディアでも活躍中。

文/掛川ゆり




ページの先頭へ戻る