今スグマネできる女医&専門家のヘルシー&ビューティー生活

偏頭痛や肩こりも解消!
快眠しながら小顔をつくるナイトガードのすすめ

jyoi17_mian.jpg

小顔に憧れ、エステや美顔グッズを試すなど美容のために時間やお金をかけても続かないと、つい美容放棄したくなりますよね。そんなとき、「寝ているだけで小顔になれる方法があったらな......」なんて一度は考えたことありませんか? そこで睡眠中に小顔を手に入れる方法を睡眠コンサルタントの友野なおさんに教えていただきました。

自分では意外と気づかない睡眠中の「食いしばり」

朝起きるとあごが痛い、朝から肩こりや首こりを感じる、顔が大きくなった気がする、頭皮がかたいなど、当てはまることはありますか? 最近思い当たる項目がある場合は、眠っている間に歯の食いしばりを行っている可能性大です。

jyoi17_01.jpg
就寝中は意識して何かに取り組むことや改善することは難しいものですが、なかでもついやりがちなのが「食いしばり」。現代はストレス社会でありデジタル社会なので、昼間でも食いしばりの癖がある人が多いと聞きますが、この習慣が就寝中にも及んでいる場合、なんと美容に大打撃を与えることにつながってしまうのです。


「食いしばり」がもたらす美容への悪影響とは?

jyoi17_02.jpg
人が食いしばっているときにかかる力は約60~80㎏もあるといわれており、強い圧力がかかることで咀嚼筋(そしゃくきん)や側頭筋(そくとうきん)がこってしまいます。すると、エラの張りが目立つようになり、顔の面積がどんどん広がって顔が大きく見えるようになってしまうことも。

また、表情筋もこるため、血行が悪くなって筋肉の質が低下し、老け顔の象徴ともいえるたるみやシワが増えてしまうのです。さらに、食いしばりに使う筋肉はあごから首、肩、頭など、広く多くの筋肉がつながっているため、食いしばることによって筋肉が緊張すると、肩こりや首こり、偏頭痛などの症状が起こることもあります。


快眠と小顔の両方を手に入れる「ナイトガード」

jyoi17_03.jpg
就寝中の食いしばりを防ぐために効果的なのが、「ナイトガード」の着用です。ナイトガードはいわゆるマウスピースのことで、ドラッグストアなどでも売っていますし、歯医者さんでつくってもらうこともできます。

このナイトガードを着用することで、歯や歯茎を守られることはもちろんですが、着用すると噛みあわせの位置が高くなるため、食いしばりにくい状態になって自然と口もとがリラックスできるようになるのです。

小顔に憧れてエステサロンに通ったり、小顔になるためのグッズを片っ端から試したりするのもいいですが、忙しい現代人において、睡眠時間を有効活用するためにナイトガードを着用するのはとても賢い小顔対策術ではないでしょうか。そんな時は睡眠時間を小顔対策に使用することで、よりスムーズに憧れの小顔へと近づけること間違いなしです。


偏頭痛や肩こり・首こり解消にも!

jyoi17_04.jpg
寝ている間でも小顔対策ができるナイトガードのメリットはほかにもあります。小顔になりながら慢性的だった偏頭痛や肩こりが緩和されたり、ぐっすり眠れるようになるといった効果まで同時に得られるなんて、まさに一石三鳥ですよね。

日中は仕事や家事で何かと忙しいですよね。睡眠時間を含めた24時間をフル活用して、キレイを育み、なりたい自分に生まれ変わりましょう。





maruta.jpg

友野なお

株式会社SEA Trinity代表取締役。睡眠コンサルタント/産業心理カウンセラー。
北里大学大学院 医療系研究科 産業精神保健学 特別研究生。日本睡眠学会正会員、日本睡眠環境学会所属。
順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科にて睡眠を研究し、修士号取得。
自身が睡眠を改善したことにより、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から科学的に睡眠を学んだのち、睡眠の専門家として全国にリバウンドしない快眠メソッドを伝授。著書に「やすみかたの教科書」(主婦の友社)「大人女子のための睡眠パーフェクトブック」(大和書房)など多数。書籍は韓国・台湾・中国全土でも翻訳され発売中。





ページの先頭へ戻る