40歳、産後なのに「乾燥知らず」の肌を保つ私が毎日とる油とは?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:https://www.shutterstock.com/


あっという間に10月ですね!!
すっかり秋を感じる朝晩になりましたね
季節の変わり目はお肌のトラブルが出ている方も多いかもしれません。
お食事を味方につけているとお肌の調子が常に安定しているので、
心の安定にもつながります。今日は乾燥知らずのお肌を保てる食についてお話します。

「乾燥」対策に必要なのは「油」

冬に向けて特に気になるトラブルは「乾燥」かと思います。

「乾燥」してしまうと、ファンデーションがシワに埋まったり
粉をふいたような状態になり、年齢を感じさせてしまうことになります。

この「乾燥」、肌質だからと、諦めていませんか?

この「乾燥」も、もちろんお食事で改善できます。

潤いに大切なのは「油!」なんです!
ヘルシー女子は油を抜きすぎて、お肌が乾燥してしまうことが多々あります。

私たちの体は37兆個の細胞からできていますが、その細胞の細胞膜は「油」なんです! 細胞の材料としても「油」は必須!
この「油」の質を上げるだけで、細胞膜の質もあがり、お肌の質もあがります。

細胞レベルでの美しさがなければ、本当の美しさは手に入りません!

「油」のオススメの摂取方法は、「生」です。
加熱された油は酸化してしまい、油の成分が変化してしまいます。
酸化した油は、シワやシミの原因となりますので、
美肌を目指すならば、なるべく摂取しないことをオススメします。

news17100712_01.jpg「油」と一口に言っても本当に多くの種類の「油」があります。
その中から自分のお肌に良い、良質な「油」を選ぶ目がとっても大切です。

良質な油とは、低温圧搾法により抽出されたもので有機なものだとよりよいです。油の抽出方法にはさまざまあって、高温にしたり、薬液をつかったり…。
これらの方法ですと、良質な油の成分が壊れてしまうんです…。
油の良質な成分をしっかり残せる抽出方法が「低温圧搾法=コールドプレス法」となります。

油の中でもおすすめはオメガ3系

油の中でも特にオメガ3系の油がオススメです!
なぜかというとオメガ3系の油は必須脂肪酸といって、体内で合成することができない「油」です。
オメガ3系の油は、食材から摂るのも難しいものなので「油」としてとることをオススメします。

私は毎日オメガ3系の油である「有機亜麻仁油」を納豆に混ぜて食べています。
私の肌は夏でも乾燥するほどの「乾燥肌」だったのですが
この亜麻仁油納豆を始めてから、肌はまったく乾燥しなくなりました。
良質な「油」を毎日摂取していた、40歳の産後のお肌です。 
12月の出産でしたが、乾燥知らずのお肌でした♪

news17100712_02.jpgまたこのオメガ3系の油は、炎症を抑える効果もあるんです!!

外食産業やご自宅でも使われている方が多い油の種類はオメガ6系
サラダ油や紅花油、などがこちらに含まれます。
これらの油も必須脂肪酸なのですが、とりすぎてしまうと
炎症を起こします…。

実はこれが原因となって肌が荒れてしまっている方も多くいらっしゃいます。

その炎症も含めて抑えてくれるのが、オメガ3系の油なんです!
オメガ3系の油は、救世主です。
ぜひ毎日の生活で取り入れてみてくださいね。

どうしても加熱して「油」を使いたい時にはオメガ9系の油がオススメです
熱に強いので、成分が壊れにくいです。

オメガ9系の油にはオリーブオイル・ナッツ系のオイル、アボガドオイルなどが含まれます。

オリーブオイルは、本当にたくさんの種類がお店に置いてあると思います。
ぜひお店で低温圧搾法とコールドプレスを探してみてください。
探してみると、数が少ないことに驚かれると思います。

news17100712_03.jpg価格も違いますが、「油」は「美容液」と思って選んでくださいね♪

あなたの選ぶ「油」があなたの「肌」を作りますよ。

良質な「油」毎日の生活に取り入れてみてくださいね。


*表示のない写真は本人撮影によるもの



編集部

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る