「冷え」はどうして起きるの? 食事と生活習慣の対策法が知りたい!

https://www.photo-ac.com/main/detail/412180?title


「私、冷え性だから...」と冷えることはしょうがない、とあきらめていませんか?
きちんと対策をすれば、冷え体質は変えられます。ここでは日常で生かせる食事法や生活習慣について、ビューティーセルフメディケーションアドバイザーにうかがいました。

女性はどうしても冷えやすい

news17111112_01.jpgこれからの季節は冷え性に悩まされる方が多いかと思います。
冷え性とは、暑さや寒さに関係なく、冷えを感じる自覚症状をいいます。

特に女性は冷え性でお悩みの方が多いのですが、なりやすい理由は、2つあります。

1 男性に比べ女性は筋肉量が少ないので、運動不足、筋力が低下すると、末端から血液を体の中心に送り出す力が弱くなってしまう

2 女性のほうが脂肪が多いのですが、脂肪は熱を通しにくく、一度冷えると温まりにくい性質を持っている


冷え性の方が悩まされる手足の末端パーツの冷えは、血流が悪くなることにより起こります。
体が冷えた時に、脳は生命を守るために、まず生命維持に欠かせない、心臓や腎臓に血液を優先的に送ろうとするため、末端の血管が収縮して、ますます手足が冷たくなります。

血流が悪くなると、体のすみずみまで血液が行き渡らなくなり、体は冷えていきます。
毛細血管の7割は手足に存在していますが、冷えて血行不良になると、毛細血管が減少し、心臓からの血液が行き渡らず、手足の温度が上がらずに冷えてしまうという悪循環を起こしてしまいます。
女性はどうしてもなりやすいことを意識し、血液の流れを良くする習慣持つことが大事です。

冷え性 食事での対策

news17111112_02.jpgとにかく温めるものを摂る
冬でも冷たい飲み物、氷入りのもの、アイスクリーム、健康のためと思って、生のサラダやスムージーを飲んでいませんか?
冷たい飲み物、食べ物は内臓冷えにつながってしまいますので、冷え性の方は、冷たいものより、体を温める食べ物・飲み物を選ぶことを習慣にしましょう。

温野菜を食べる、飲み物は常温かホットのものを飲む。
夏野菜、南国のフルーツ、熱帯地域のものは体を冷やす傾向があるため、冬が旬の野菜、寒冷地域のもの、根菜類などを意識して摂りましょう。
野菜でも、トマトやキュウリ、ではなく、ニラ、ネギ、玉ねぎなどのユリ科の食べ物、ごぼう、長芋、かぶなどが体を温めてくれます。
果物では、パイナップル、キウイなど南国のフルーツよりも、冬が旬のりんご、(日本の)みかんなどがオススメです。

スパイス・薬味を活用する
冷たいものを食べる時にも、薬味やスパイスと合わせると良いです。
生姜、にんにく、こしょう、唐辛子、シナモンなどが体を温めてくれる食材です。
特に生姜は、ショウガオールという体の深部から温めてくれる成分があります。
加熱したり、乾燥させたもののスライスや粉末のほうが効果が高いと言われています。

精製したものを避ける
精製したものは体を冷やしますので、白砂糖は精製はちみつやてん菜糖などに変える、パンは小麦ではなく全粒粉のパンにすると、冷え対策とともにダイエットや美肌にも近づきます。

冷え性 生活習慣での対策

news17111112_03.jpg厚着をする
冬でも流行のファッションを追いかけて、薄着の方もいますよね。
しかし、薄着は冷えを悪化させてしまうので、特に女性は首、手首、足首を冷やさないことを意識してみてください。
「首」と名前がつくところは、太い血管が通っているため、冷やしてしまうと血流が悪くなり、余計に冷えてしまいます。
冬は特に、マフラー、手袋、レッグウォーマーや靴下などでしっかりと温めてください。
その他には、上着を持ち歩く、腹巻をする、カイロを貼る、5本指ソックスを履くというのも血の巡りが良くなり、冷え性解消には良いですよ。

入浴をしっかりする
冷え性の改善には、お風呂に入って温まることがとても有効です。
40度くらいのお湯に10分以上入ることにより、血管を拡張させ、全身の血流を良くします。

運動して下半身を動かす
特に、血流が多い、ふくらはぎ、太ももの筋肉を動かすことで、血液が心臓に戻る血液の量が増え、血液が体に行き渡ることによって、体が温かくなります。
また、体の熱は6割が筋肉で作られているので、エレベーターではなく階段を使ったり、少し遠くまで歩いてみるなど日常の中で少し工夫していきましょう

体温が1℃下がると免疫力は30%下がるといい、さらに、基礎代謝率も20%下がると言われています。血流を良くして、冷え性を解消して、ダイエット、免疫力アップも叶えて美しさと健康を叶えていきましょう。



江藤 理沙

江藤 理沙

インナービューティプランナー、食事から美肌を作り、身体の不調を自分自身で解決し、細胞レベルから美女になる、ビューティーセルフメディケーションアドバイザー。
講座では、身体の成り立ち、美しくなる栄養学、それらを落とし込んだレシピを学び、自分自身の心と身体に徹底的に向き合う習慣を身につけ、究極の美女に変貌を遂げさせる。
【関連記事】
http://inner-beauty-diet.org/
http://risaeto.com

PickUp

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

トレンド

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

ページの先頭へ戻る