野菜たっぷり!おもてなしにぴったり! 華やかお弁当レシピ

お弁当作りは、お好きですか?
得意な方、苦手な方、時短で作りたい方、毎日のレパートリーでお悩みの方、いろいろな方がいらっしゃることと思います。
今回ご紹介するお弁当は、いつものお弁当よりも少し手がかかりますが、ちょっとしたおもてなしにも使える華やかレシピです。

ほんの少しのコツで華やかなお弁当ができ上がる

赤や黄色、緑など、いろいろな色が散りばめられているお弁当は、心をくすぐります。
心が躍るようなお弁当、それはまさしく「色彩」によって叶えることができます。
色を足すのが難しいときは、ぜひ野菜を味方につけてみましょう。
お弁当上手な人は、野菜の使い方がとても上手です。
遊び心を存分に活かしながら、野菜を使ってお弁当を彩っていく。
不思議と作る過程からワクワク、さらにお弁当作りが楽しくなってきます。

ポイント1 お弁当の彩りは「赤・黄・緑・茶・白・黒」の6色が入っているとおいしそう。
ポイント2 おかずの上に、ゴマやパセリなどの飾りをのせる「上のせ」で、さらに彩りアップ。
ポイント3 野菜や果物を飾り切りして遊び心をプラス。
ポイント4 ご飯の形を変えてみる。手毬のように丸くしたり楕円にしたり。華やかさもUP♪

野菜や果物を使った彩り華やかお弁当

それでは、上記のポイントを踏まえて、華やかなお弁当を作ってみたいと思います!
ここでは、一目見て華やかさを感じさせる、ちらし寿司の編み込みきゅうり巻きと、りんごの飾り切りをご紹介いたします。
お砂糖は不使用。甘みは本みりんや甘酒を使って。
体にも心にも優しいちらし寿司のレシピです。

〇ちらし寿司の編み込みきゅうり巻き
〈材料〉作りやすい分量
ちらし寿司の具
昆布(5㎝角)……………………………1枚
水…………………………………………100g
干ししいたけ(100㏄の水で戻す)……10g
かんぴょう(水で洗い5分下茹で)……10g ※無漂白のもの
蓮根(1㎝角に切る)……………………40g
にんじん(千切り)………………………30g
A
 しょうゆ………………大さじ2
 日本酒…………………大さじ2
 本みりん………………大さじ2

大根の花型梅酢漬け
 大根(花の形に抜く)…………………4個分
 梅酢……………………………………大さじ1
 水………………………………………大さじ1

玄米酢飯
玄米ご飯(炊いたもの)………………150g
B
 酢……………………大さじ1/2
 甘酒…………………大さじ1/2
 塩……………………少々

編み込みきゅうり
 きゅうり………………………………1本
 塩………………………………………少々

〈作り方〉
1.ちらし寿司の具を作る。
鍋に水、昆布を入れ、30分程置く。その後干ししいたけの戻し汁、Aを加えて火にかけ、沸騰する直前に昆布を取り出す。
ちらし寿司の残りの具をすべて入れ、沸騰したら弱火にして汁気がなくなるまで煮込む。
粗熱をとり、干ししいたけ、かんぴょうを1㎝角に切る。

2.大根の梅酢漬けをつくる。
大根は花のくぼみから中心に向かって切り込みを入れ、花びらの半分に薄く包丁を入れて、切り込みのところまで切り立体感を出す。梅酢と水を混ぜて30分程ピンク色になるまで大根を漬ける。

3.酢飯をつくる。
ご飯が温かいうちに1を適量とBを混ぜ、手毬のような丸いおにぎりを4つつくる。

4.編み込みきゅうりをつくる。
ピーラーできゅうりを薄くスライスし縦半分に切る。軽く塩もみをし、ペーパータオルで水気を拭く。
縦にすき間なくきゅうりを並べ、網目が交互になるように編んでいく。
(縦のきゅうりを1枚おきにめくってから横に1枚置き、めくったきゅうりを元に戻す。次に先ほどとは違う列のきゅうりを1枚おきにめくって横に1枚置き、以下くり返す)
  編み終えたら正方形になるように4等分に切り分ける。

5.ラップに編み込みきゅうり、5のおにぎりをのせてラップをとじ、丸くなるように握ってなじませる。

6.ラップを取りはずして弁当箱に入れ、2を上に飾る。

news17120212_01.jpg※余ったちらしずしの素は小分けにして冷凍しておくと、五目ご飯やいなり寿司、茶碗蒸しの具などに活用できます。


〇りんごの飾り切り
りんごを適当な大きさに切り、包丁で縦横に切り目を入れ、包丁の「あご」の部分を使って格子柄になるよう皮をむいていきます。めくるようにしながらむいていくときれいにできます。
むいたら塩水につけて酸化を防いでおきましょう。

news17120212_02.jpg野菜の花型、編み込みきゅうり、りんごの飾り切りも一見難しそうですが、実は意外と簡単にできてしまいます。
お弁当のアクセントに役立ちますので、ぜひ活用してみてくださいね。


news17120212_03.jpg




三和 文子

三和 文子

インナービューティープランナー、パーソナルカラーコーディネーター、だしソムリエ 青森県にて美腸をテーマに心から美しく健康的なお食事方法を広めるため、料理教室を開きながら活動中。 Instagramでは、毎日のインナービューティー朝ごはんを、彩りを添えながら投稿しています。
【関連記事】
インナービューティダイエット協会

PickUp

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

トレンド

【豪華商品が当たる】読者が選ぶ! FYTTEダイエット&ヘルス大賞2018 アンケート回答のお願い

ページの先頭へ戻る