FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Fitness

    「ペシャンコ座り」が楽な人は危険!? 股関節を守るためのトリガーポイント&お尻エクボ体操

  1. Share

  2. お気に入り

    9

紅葉の中ウォーキングしている女性の画像

足腰を丈夫にするためには、股関節を柔らかくしておくことが重要。股関節が硬いと転倒などのリスクが高くなり、さらに冷え性の原因にもなってしまいます。凝り固まったお尻の筋肉をほぐして鍛えていくことで、股関節の病気を予防しましょう。


「ペシャンコ座り」は股関節が歪んでいるサイン!?

前後に開脚している女性の画像

4月2日に放送された『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)では、股関節の疾患を予防する筋肉のほぐし方やストレッチが紹介されました。股関節に異常があると、将来歩くことが困難になる可能性も。寝たきりや車いす生活を避けるためには、股関節の柔らかさが大切です。

女優の中山忍さんは、股関節の硬さに悩んでいるそう。座って開脚前屈しようとしても、硬くて全く手がつかない状態でした。楽屋での様子を見てみると、中山さんの座り方は正座から足を崩した「ペシャンコ座り」や「女の子座り」と呼ばれる座り方。お尻をペタンと地面につけた状態で、中山さんは無意識に長時間この姿勢でいることも多いそうです。専門の医師曰く、この座り方が出来る人は「臼蓋形成不全」の可能性が。「臼蓋形成不全」は骨盤と腿をつなぐ関節が人より浅く被さっている状態で、このままだと軟骨がすり減って将来痛みが出てしまいます。

中山さんの股関節の柔軟性を調べるため、両足の裏をつけ、あぐらのように座った状態からひざをどれくらい広げられるかを計測。地面からひざまでの高さは20cmあれば理想的なのですが、中山さんは22cmとやはり硬めでした。

そこで医学療法士・佐藤正裕さんがレクチャーしたのが、硬さの原因となっているトリガーポイントをほぐすマッサージ。骨盤の一番張り出した骨のすぐ下、中臀筋という筋肉の付け根を左右15秒間ほぐすだけでOKです。マッサージを受けた中山さんの股関節は、地面から18.5cmの位置まで広がるように。自分でマッサージをするときは、ゴムボールやテニスボールを使ってくださいね。

続いて、お尻の筋肉を鍛える体操をご紹介します。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. 体操
  2. 柔軟性
  3. 股関節

関連記事

  1. Healthcareデスクワーカーの疲労には「ラジオ体操」が有効? 硬くなった筋肉をほぐす「動的ストレッチ」

    デスクワーカーの疲労には「ラジオ体操」が有効? 硬くなった筋肉をほぐす「動的ストレッチ」

    4
  2. Fitness矢沢心さんも2週間で変身! 足首を回すだけでスタイルが改善する「ズボラストレッチ」

    矢沢心さんも2週間で変身! 足首を回すだけでスタイルが改善する「ズボラストレッチ」

    10
  3. Fitness【今日のねこストレッチ】上半身がスッキリ!肩甲骨&ろっ骨を伸ばすポーズ

    【今日のねこストレッチ】上半身がスッキリ!肩甲骨&ろっ骨を伸ばすポーズ

    6
  4. Fitness腰痛を防ぐ! 習慣にしたいストレッチBEST3

    腰痛を防ぐ! 習慣にしたいストレッチBEST3

    10

あわせて読みたい

Pickup