FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Fitness

    歩幅プラス10cmで脚が若返る!? 3つのポイントを押さえて正しい歩き方を手に入れよう

  1. Share

  2. お気に入り

    7

ウォーキングしている足元の画像

ウォーキングはチャレンジしやすい健康法ですが、間違った歩き方を続けると健康に悪影響を及ぼす可能性があることをご存知ですか? 今回は正しい歩き方やトレーニングを紹介していきます。


正しい歩き方のコツって?

歩いている女性の画像

5月20日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」(TBS系)では、いつまでも若々しくいるための正しい歩き方や、気になるお悩み別のトレーニング方法が紹介されました。番組に登場した東京都健康長寿医療センター・体育科学博士の金憲経先生によると、正しい歩き方には3つのポイントが。

1つ目は歩いているときの「歩幅」。「自分の身長-100cm」が理想の歩幅で、例えば身長が175cmの人なら75cmが正しい歩幅です。2つ目は、両足のつま先の開き具合である「歩行角度」。平均8度が理想ですが、内転筋が衰えると足が外側を向き、角度が広がってしまうそう。

最後のポイントは歩いた時の両足の間隔で、約8~10cmが正しい距離です。これらのポイントを一気に解消できるコツは、「歩幅にプラス10cm」を意識するだけ。筋肉が衰えていると転倒などの危険も増してしまいますが、歩幅を広げることを意識すれば脚の筋肉を鍛えながら正しい歩き方を身につけられます。

自分の歩幅をチェックするには、スリッパとメジャーを使った測定がおすすめ。まずスリッパを履いて数歩歩き、足を踏み出したタイミングで止まります。スリッパが動かないようにゆっくりと脱いで、左右のかかとの距離をメジャーで測ってください。ちなみに、左右の足の間隔を測るには自分の握りこぶしを基準にするのが便利。気になったときに左右の足の間に入れて、正しい間隔を把握しましょう。

続いては、お悩み別のトレーニングをご紹介!

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. ウォーキング
  2. 尿漏れ

関連記事

  1. Fitness「あと500歩で桃子が帰ってくる…」 脱走したペットを歩いて捕まえるアプリ「お帰りっ! マイペット」

    「あと500歩で桃子が帰ってくる…」 脱走したペットを歩いて捕まえるアプリ「お帰りっ! マイペット」

    5
  2. Fitness「初めて聞くけど怖すぎる!!」 健康を脅かす第3の脂肪「異所性脂肪」を減少させる方法

    「初めて聞くけど怖すぎる!!」 健康を脅かす第3の脂肪「異所性脂肪」を減少させる方法

    9
  3. Fitness放置でOKなのに気分爽快!? 歩けば歩くほど豪快なバトルが楽しめるアプリ「わちゃぽんウォーカーズ」

    放置でOKなのに気分爽快!? 歩けば歩くほど豪快なバトルが楽しめるアプリ「わちゃぽんウォーカーズ」

    18
  4. Fitness「消費カロリーが目に見えるから続くかも」 自分だけのルートを自由につくれる距離計測アプリ「キョリ測」

    「消費カロリーが目に見えるから続くかも」 自分だけのルートを自由につくれる距離計測アプリ「キョリ測」

    11

あわせて読みたい

Pickup