FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Fitness

    寝ているだけで脂肪が燃える!ダイエットに効果的な「ピンク筋トレ」

  1. Share

  2. お気に入り

    6

力こぶを作っている女性の画像

気になる脂肪を落としたいときは、脂肪を燃焼させながら筋肉を増やすことで健康的なダイエットが可能。筋肉は体を動かすだけでなく、よぶんなものを消費してくれる働きがあります。しかし筋トレの種類もたくさんあるため、「筋トレ方法たくさんありすぎてどれをやればいいのか…」「なるべく少ないメニューでやせたい」「忙しいから時間がかかるのは避けたいな」と悩む声も多数。筋肉痛などに悩まされ、長続きしないという人も多いようです。そこで今回は筋肉の中でも最もダイエットに効果的な、“ピンク筋”を鍛えるトレーニングについてご紹介しましょう。


万能な筋肉“ピンク筋”

お腹にメジャーを巻いている女性の画像

3月16日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)に、筑波大学大学院教授の久野譜也先生が登場。脂肪と糖を減らすピンク筋の働きと、ピンク筋を鍛えるストレッチのやり方を教えてくれました。

人間の筋肉は、持久性にすぐれた“赤筋”とスピード・パワーにすぐれた“白筋”の2種類に分けられます。赤筋は脂肪、白筋は糖を減らす働きがあり、筋トレがダイエットに効果的なのはこの働きのおかげ。しかし最近では、2つの特徴を兼ね備えた“ピンク筋”と呼ばれる筋肉に注目が集まっています。

ピンク筋は持久性もパワーも持ち合わせ、糖も脂肪も減少させてくれる筋肉。運動中だけでなく、睡眠中も脂肪を燃やしてくれるダイエットの強い味方です。基本的に誰でも持っている筋肉なのですが、もともとある量が少ないのも特徴。鍛えれば増やすことが可能なので、ラクにやせたい人はピンク筋を鍛えるトレーニングを取り入れるといいでしょう。

ピンク筋を鍛える2つのスクワット

スクワットをする女性の画像

全身の筋肉の6割から7割は下半身に集中しているため、効率よくピンク筋を増やすには下半身のトレーニングが最適。今回は、ピンク筋に特化した「相撲スクワット」と「まき割りスクワット」のやり方を見ていきます。

「相撲スクワット」は、肩幅よりも広めに足を広げた体勢からスタート。4秒かけて腰を落としたら、ゆっくりと片足を上げて四股を踏むように下ろしてください。このとき、ひざとつま先は同じ方向を向けるのがポイント。四股を踏んだあとは、そのまま2回腰を沈めます。ひざとつま先の向きがズレてしまうと、ひざを痛めることがあるので要注意。10回を1セットとして、1日3セットを目安に行うのがベストです。

続いての「まき割りスクワット」は、まず足を肩幅に開いて前方で腕を組みます。その体制をキープしながら、ゆっくり4秒かけて腰を下へ。お尻を後ろに突き出すイメージで、ひざがつま先より前に出ていない状態が正しいフォームです。腰を沈めたら、そのままの体勢でまき割りをするように腕をゆっくり5回振りましょう。腕を動かす角度は、きっちり90度。5回振ったら、3秒かけて元に戻します。こちらも10回を1セットとし、1日3セット行えばOK。息を止めると血圧上昇などの危険があるので、声に出して数を数えながら行うといいですよ。

脂肪も糖も減らせるというトレーニングに、視聴者も興味津々。実践してみた人からは、「太ももに効いてる感じがする」「最初はキツいけどすぐ慣れた」「特にまき割りは全身の筋肉を使う」などさまざまな反響が上がっています。久野先生曰く、筋トレは毎日やるより休みを挟んで行ったほうが効率的。週3日程度でも充分なので、自分なりのペースで取り入れてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. 脂肪燃焼,

関連記事

  1. Fitness下半身の筋力を強化!代謝を上げる「スクワットダイエット」

    下半身の筋力を強化!代謝を上げる「スクワットダイエット」

    2
  2. Fitness運動不足の人ほど「階段下り」がいい!簡単美骨トレーニング!

    運動不足の人ほど「階段下り」がいい!簡単美骨トレーニング!

    3
  3. Fitness夏前ダイエットに最適♪ トレーニングアプリ「30日スクワットチャレンジ!」

    夏前ダイエットに最適♪ トレーニングアプリ「30日スクワットチャレンジ!」

    7
  4. Fitness“熱くなるまで”がポイント! 二の腕を引き締める肩と上腕のトレーニング

    “熱くなるまで”がポイント! 二の腕を引き締める肩と上腕のトレーニング

    2

あわせて読みたい

Pickup