FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    13

首元に手を置いている女性の画像

首は体の関節の中でも、動かすことがとても多い部分。痛みが生じやすい肩や腰に次いで、不調を感じている人が多い部位でもあります。ネット上でも、「デスクワークで一番つらいのは首」「回すとゴリゴリ嫌な音がする」「こったときのマッサージ方法がわからなくてつい放置しちゃう」と悩む声が相次いでいました。首の筋肉が衰えると、肩や腕など全身に影響を及ぼすことが。健康的に年を重ねるためにも、首の健康は守っていかなければなりません。そこで今回は、書籍でも人気の「きくち体操」から首に効く体操をご紹介しましょう。


健康になれる「きくち体操」

しゃがんで足首を持っている女性の画像

“奇跡の85歳”と呼ばれる菊池和子さんは、健康な体を作る「きくち体操」を考案した女性。4月17日放送の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)では、首の不調を改善する体操をレクチャーしてくれました。

「きくち体操」とは、効率よく健康になるために生み出された体操。まずは基本となる「足首回し」から始めます。床に座って片足をひざに乗せたら、足の指と手の指をからませてつなぐように固定。この状態で足首を前後に4回ずつ回すのですが、ポイントは1周に8秒ほど時間をかけることです。片方が終わったら、反対側も同じように行いましょう。

つかんだ手で動かすのではなく、しっかり足首から回転させる意識が大切。足首と一緒にひざと股関節も動くため、足全体に刺激を与えることが可能に。人によっては足先の色が変わり、見た目から血色がよくなっているのを確かめられるかもしれません。

首を伸ばして不調を改善

腰を押さえて座っている女性の画像

続いては、重い頭を支えている首の運動。首の筋肉は手や足、お腹、背中など体のあらゆる部分とつながっています。首だけでなく全身の調子を整えるためにも、頭をしっかりと支えられるように鍛えておくことが大切。今回は、座ったままできる「あっち向いて首体操」を見ていきましょう。

手をうしろで組んだら、肩甲骨を寄せるように肩をうしろへ。ひじを伸ばして視線は上に向け、口を閉じたままあごを引っ張るように突き出します。口を閉じて行うことで、首をしっかり伸ばすことが可能。外側だけでなく、首の中の血行も改善されるのです。次に左手首を右手でつかんで、右うしろに伸ばしてください。そのとき、あごを左上に突き出します。反対側も同様に行い、左右の筋肉をバランスよく刺激。筋肉は使っていない部分から弱っていくので、無理のない範囲で毎日行うことが大切です。

実践してみた視聴者からは、「首回りがすっきりしたみたい」「伸ばしているときも気持ちよくていい感じ」「体がポカポカして血が巡ってるのが分かる」と大好評。首のこりや疲れにお悩みの人は、1度試してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13

関連記事

  1. Fitness目指せ夢のペタ腹! 腹筋を鍛える「Vシットアップ 」に挑戦

    目指せ夢のペタ腹! 腹筋を鍛える「Vシットアップ 」に挑戦

    3
  2. Fitness1日たった2分35秒でOK!? “筋肉の伝道師”谷本道哉先生の美ボディ筋トレ

    1日たった2分35秒でOK!? “筋肉の伝道師”谷本道哉先生の美ボディ筋トレ

    2
  3. Fitness“忍者”と“五郎丸”で肩こり改善!? 筋肉を温める「ぷるトレ」のやり方

    “忍者”と“五郎丸”で肩こり改善!? 筋肉を温める「ぷるトレ」のやり方

    2
  4. Fitness【漫画レポート】腹式呼吸でお腹の贅肉撃退!20kgやせ成功者のながらエクサ

    【漫画レポート】腹式呼吸でお腹の贅肉撃退!20kgやせ成功者のながらエクサ

    5

あわせて読みたい

Pickup