FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    「『かゆい病』って名づけたくなるぐらいしんどい…」 冬に悪化するかゆみはシナモンと太ももマッサージで対処!

  1. Share

  2. お気に入り

    10

「『かゆい病』って名づけたくなるぐらいしんどい…」 冬に悪化するかゆみはシナモンと太ももマッサージで対処!

冬になると体のあちこちがかゆくなり、不快な思いをすることも。「寝てる間にかいて血が出てた...」「『かゆい病』って名づけたくなるレベルでしんどい」といった悩みを抱える人も多いようです。かゆみを防ぐ方法とかゆみが出た時の対処法を学び、つらいかゆみとサヨナラしましょう。


かゆみを感じたら水で冷やす

1月16日放送の「この差って何ですか?」(TBS)では、体がかゆくなる人とならない人の“差”を取り上げました。空気が乾いている時期にかゆみが出やすいため「肌が乾燥しているせいかな?」と思いがちですが、実は乾燥肌だけがかゆみの原因ではありません。

ゲストの久本雅美さんが「カイロを貼った部分だけがすごくかゆくなったりする」という経験談を披露したところ、MCの加藤浩次さんも「熱いお風呂に入った時、急にかゆくなった」と応戦。お互いに「あるある!」とうなずき合うことに。視聴者からも、「めっちゃ分かる」「かゆみは突然襲ってくるんだよね」「何してもかゆくて困っちゃう」といった同意の声が上がっています。

皮膚科医の髙瀬聡子先生によると、保湿クリームを塗ってもかゆみが起こる場合は血行不良が原因だと考えられるとのこと。血行が悪い人は血行が良い人に比べて血液が流れるスピードが遅く、血液にのせて運ぶ熱の量も少なくなります。寒い屋外などで体温を上げるためにより多く熱を運ぼうとすると、血管に圧力がかかる事態に。しかし、暖かい室内に移動して体が温まると圧力が解き放たれるため、反動で血管が大きく膨張。その結果血管が付近の神経を刺激し、かゆみの原因になることもあるそう。

かゆみの原因が内側にあるため、保湿クリームを塗ってもあまり意味はありません。かゆみが出たら水で冷やし、広がりすぎた血管の太さを元に戻すのが重要。水道で冷やしづらい場所がかゆい場合は、冷やした水を入れたペットボトルを押し当てましょう。あくまで応急処置ですが、覚えておくと便利ですよ。

血行を促進する食べ物とは?

気になるかゆみを抑えるためには、根本的に血行を良くする必要があります。そこでおすすめの食材として挙げられたのが“シナモン”。1日にスプーン1杯程度とればOKで、トーストに振りかけたりミルクティーに入れたりと使い方は自由。ネットにも、「かぼちゃと牛乳、ごまペーストにシナモンを入れてスムージーを作ってます」「チョコレートリキュールにちょい足しすると大人の味わいに」「煮りんごにかけてもおいしい」といった実用例が寄せられています。

また髙瀬先生は、効率よく血行を促進できるマッサージのやり方も教えてくれました。太ももは、体の中で最も大きな筋肉のある部位。太い血管も通っているので、揉めば効率よく血行を良くすることができます。マッサージをする時は、まずスポンジがつぶれる程度の力で両手を回して太ももの付け根を握りましょう。次に握った手を前後に10回、左右にねじるように10回動かします。反対の足も同様に、朝と夜の2回行えばOK。習慣的に続けていくと効果的なので、ぜひ試してみて。

シナモンと太ももマッサージの力を借り、寒い冬でもかゆみを感じない体づくりができるといいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    10
  1. 保湿

関連記事

  1. Healthcareスーパーフードを積極的に!美肌をつくる皮膚科専門医の食生活

    スーパーフードを積極的に!美肌をつくる皮膚科専門医の食生活

    10
  2. Healthcare「あの人若い!」見た目年齢を左右するのは「女性ホルモン」だった!

    「あの人若い!」見た目年齢を左右するのは「女性ホルモン」だった!

    9
  3. Healthcare触るだけで食物アレルギーに!?「ガッテン!」で紹介されたアレルギーの新事実

    触るだけで食物アレルギーに!?「ガッテン!」で紹介されたアレルギーの新事実

    7
  4. Healthcare健康マニア・六車奈々さんが体のために10年続けていること

    健康マニア・六車奈々さんが体のために10年続けていること

    3

あわせて読みたい

Pickup