FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    歯並びだけが原因じゃない!? 食後のうがい&正しい歯磨きですきまを防止

  1. Share

  2. お気に入り

    57

歯並びだけが原因じゃない!? 食後のうがい&正しい歯磨きですきまを防止

食事のときに気になることも多い"歯のすきま"。頻繁にものが挟まっても、「歯並びのせいだから仕方ない」と諦めていませんか? 実は、歯のすきまは歯並び以外にもさまざまな原因でできてしまいます。今以上すきまが広がってしまわないよう、正しい予防法を覚えておきましょう。


口の中が酸性だと歯が溶ける!?


1月23日放送の「この差って何ですか?」(TBS系)では、“歯にものが挟まりやすい人と挟まりにくい人の差”について取り上げました。ネット上でも「歯に肉が挟まって取れない…」「つまようじを使っても取れないときは絶望する」といった声も上がっているように、“歯の間にものが挟まる問題”に悩まされている人は多い様子。しかし取れないからといって放置していると、口臭や虫歯、歯槽膿漏などの原因になり、最悪の場合歯ぐきがやせて歯が抜け落ちてしまうこともあるんだとか。

歯の間にものが挟まるのは、ズバリ“歯のすきま”が原因。「最近すきまが気になるかも…」と心当たりのある人は、まずは歯がやせていないか注目しましょう。
通常、口の中は唾液の働きによって酸性が中和されていますが、加齢などにより唾液の量が少なくなると口の中が酸性の状態に。すると歯を覆っているエナメル質が溶け、歯がやせ細ってしまいます。口の中を酸性にしないためには、食後に水でブクブクうがいをすると効果的。これだけでかなり中性の状態に戻るので、ぜひ実践してみてくださいね。

ネット上では「化粧直しのついでにうがいも習慣にする」「食べた後の口の中の不快感もマシになりそう」との声が。外出先でもうがいしやすいように、小さなコップを持ち歩いておくと便利かもしれません。

歯磨きは力加減が重要!

歯のすきまができるもう1つの理由として挙げられたのは、歯ぐきが下がってしまうこと。加齢などによって歯ぐきが下がってしまう場合もありますが、1番大きな原因としては“毎日の歯磨き”が考えられます。歯磨きをするときに気をつけておきたいのが力加減。力が強すぎると歯ぐきを削ってしまうので、程よく力を抜いて磨くのが大切です。

上手く力を抜くためには、ペンのように歯ブラシを持つとGOOD。手の平に歯ブラシを当ててこすり、触れたのがわかる程度の力加減で磨くのがベストです。さらに縦向きに歯を磨くと自然と力が入りにくくなるので、なかなか力を抜けない人は試してみましょう。ネット上では「そんなに弱くていいの!?」「ゴシゴシしないと汚れが落ちないと思ってたけど間違ってたのか」など驚きの声が続出。実際に試してみた人からは「弱く磨いてみたけどなんだか慣れない…」「全く磨けた気がしなくて不安」との声も上がっていますが、決して強くこすらず慣れるまで続けてみてくださいね。

大人の歯は1度抜けると生えてこないので、失わないためにもしっかりとしたケアが必要。正常な口内環境を保って、一生健康な歯で過ごしましょう。

文/プリマ・ドンナ

連載・関連記事

  1. 発覚!口腔ケアのこわ~い盲点は「歯ブラシの雑菌」 #Omezaトーク

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    57
  1. 歯磨き

関連記事

  1. Healthcare現役歯科医が娘のために本気で開発!? 正しい歯の磨き方が3D映像で分かるアプリ・歯磨き貯金

    現役歯科医が娘のために本気で開発!? 正しい歯の磨き方が3D映像で分かるアプリ・歯磨き貯金

    38
  2. Healthcare歯ブラシを水で濡らすのはNG!? 虫歯や歯周病を防ぐ「歯磨き」の正しいやり方

    歯ブラシを水で濡らすのはNG!? 虫歯や歯周病を防ぐ「歯磨き」の正しいやり方

    36
  3. Healthcare口臭を悪化させていたのはあの生活習慣!? 口内をサラサラにする口臭対策3つ

    口臭を悪化させていたのはあの生活習慣!? 口内をサラサラにする口臭対策3つ

    98
  4. Healthcare寝る前に歯を磨くと眠れなくなる!? 睡眠を邪魔しない歯磨きのタイミング

    寝る前に歯を磨くと眠れなくなる!? 睡眠を邪魔しない歯磨きのタイミング

    29

あわせて読みたい

Pickup