FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    かかとのガサガサは水虫のサイン!? 足裏チェックで分かる体の健康状態

  1. Share

  2. お気に入り

    5

かかとのガサガサは水虫のサイン!? 足裏チェックで分かる体の健康状態

足は体を支える重要な部位。足にあらわれているさまざまな症状を見ると、体全般の健康状態も分かります。靴下を脱いで足の裏を見るだけなので、自分の足をチェックしてみては?


乾燥だと思ったら“水虫”だった!?

1月30日放送の「教えてもらう前と後」(TBS系)では、骨格や水虫なども分かる足の裏のチェック方法が紹介されました。最初に登場したのは、日本トータルフットマネジメント協会の理事も務める皮膚科医の高山かおる先生。スタジオでは高山先生の指導で出演者の足の裏をチェックしたのですが、梅沢富美男さんの足には魚の目の手術痕やかかとの角質などが目立ちました。

ここで先生から、冬にかかとがガサガサするのは乾燥ではなく水虫の疑いがあると告げられます。かかとに角質のある梅沢さんは「これ水虫なんですか?」「全然かゆくない」と先生の診断に驚きを隠せない様子。実は、水虫は必ずしも痒みをともなうわけではないのです。

かかとがガサガサになってしまうのは、「白癬菌」という水虫の菌が関係しているせい。白癬菌は角質を餌にしているため、かかとがガサガサしている人の足には水虫が潜んでいる可能性が高いのです。では、ただの乾燥と水虫はどう見分ければよいのでしょうか。見分け方としては、足の皮膚が丸く剥けていたり、2週間~1か月ほどクリームを塗ってもがさつくなら水虫の可能性があるそう。

インソール1枚で変化する体のバランス

続いて、足のクリニック表参道の院長・桑原靖先生が登場。出演者の角質をチェックしていったところ、梅沢さんは親指と小指のつけ根の下周辺に角質が見つかります。ここで先生から、足裏に角質がある人は将来寝たきりになるかもしれないという衝撃の発言が飛び出しました。

実は足の裏が固くなるのは、皮膚ではなく骨が原因。足にあるアーチ状の骨は、足の裏全体に力を分散し体を支える役割を果たしています。しかし、ヒールや加齢の影響で足が歪んでアーチが崩れると、特定部分に負荷が集中しタコや魚の目が発生。さらにアーチの歪みは偏平足も招くこともあり、左右で足の長さが変わってしまうことも。それでも体はバランスを取ろうとするので背中や腰などの全身に影響が出て、その結果家で転倒しやすくなり、寝たきりリスクが増すのだそうです。

骨のアーチ崩れを防ぐには、靴にインソールを入れるのが効果的。インソールは足の底から盛り上げるようにフィットするので、アーチをもとの構造に戻す効果がある上バランス感覚も格段に良くなります。ネット上でも「私も足の骨格治すインソール入れてから体の歪みが治って、腰の痛みとか肩こりが引いた」「足元の環境を整えて健康をつくるためにはインソールが必要」と効果を実感する声が続出。自分の足に合ったものを選ぶことが重要なので、専門知識のある店舗や医療機関に相談しましょう。

普段は見ることのできない足の裏ですが、常に床と接しているので一番使っている部位でもありますよね。みなさんも体をいたわるときは、足の裏から意識してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5
  1. 足裏

関連記事

  1. Healthcare足を触れば不調が分かる!? 足裏リフレで健康チェック

    足を触れば不調が分かる!? 足裏リフレで健康チェック

    12
  2. Healthcare足裏の色はどんな色? 「足裏カラー診断」で、今日の調子を整えよう!

    足裏の色はどんな色? 「足裏カラー診断」で、今日の調子を整えよう!

    11
  3. Healthcareデスクワーク中にふみふみすれば、一日中むくみ知らずの魔法のグッズ #Omezaトーク

    デスクワーク中にふみふみすれば、一日中むくみ知らずの魔法のグッズ #Omezaトーク

    9
  4. Fitness「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

    「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

    5

あわせて読みたい

Pickup