FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    骨を丈夫にするビタミンKが増殖!? 納豆菌を活発にさせる食べる前のひと工夫とは

  1. Share

  2. お気に入り

    6

意外と知らない納豆の正しい食べ方

栄養価が高く健康にいい納豆。納豆の健康効果に着目する人も多く、2017年には市場規模が過去最高を記録する約2250億円にまで達しました。しかし納豆の栄養も、正しく食べなければ活かすことができません。今回は、納豆の効果的な栄養のとり方を見ていきましょう。


食べ方にも左右される栄養素

納豆は冷蔵庫から出しておく

納豆には骨を丈夫にするビタミンKや血糖値上昇を抑えるポリグルタミン酸、整腸作用のある酵素などが多く含まれています。しかし、そのまま食べるだけではしっかり栄養をとることができません。2月14日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京)では、納豆の効果的な食べ方が紹介されました。

納豆はさまざまな健康効果を秘めています。中でも骨を丈夫にするビタミンKは骨粗しょう症予防に効果的。整腸作用や肌の新陳代謝促進と並び、納豆の3大健康効果に数えられるほどです。そんなビタミンKを効果的にとる食べ方を解説してくれたのは、納豆に関する本も数多く出版しているお茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二院長。

先生は、納豆は冷蔵庫から出して20分ほど置いておくのがおすすめだと解説しました。その理由は、納豆は冷たい状態だと菌が寝てしまい、活動がストップするから。冷たい状態から覚ましてあげれば、納豆菌は再び増殖します。冷蔵庫から取り出してすぐに食べない方がいいのはそのため。解説を聞いた加藤一二三さんは「えぇ~!?」と驚きを隠しきれない表情を浮かべました。

秋田県では納豆に“アレ”を入れるのが一般!?

砂糖であまじょっぱく

また番組では、納豆のおいしい食べ方についても紹介しました。何も入れずに食べるのがお気に入りという加藤さんは、混ぜただけの納豆をかき込み「ウマい!」と満面の“ひふみんスマイル”。一方小倉優子さんは、黒豆納豆にワサビとねぎを入れて食べるのが好きだそう。この珍しい組み合わせに、司会のオードリー・若林正恭さんは「わさびを入れるのは珍しいですね。食べてみたい」と興味津々でした。

続いて、秋田県にある納豆販売店の店主・古屋和久さんにおすすめの食べ方を聞きました。古屋さんがおすすめした調味料は、なんと砂糖。古屋さんによると、秋田県では納豆に砂糖を入れるのが一般的。お好みで醤油もかけるとあまじょっぱさでよりおいしくなるとか。

一見ミスマッチに見えるこの組み合わせですが、放送後には「納豆に砂糖は秋田県南部の習慣らしくて、父もそうやって食べていました」「納豆には砂糖かハチミツをかけて食べるものだと生きてきたらいつも周りに全否定されたけど、秋田では一般的みたいで安心した」など、砂糖をかけて食べる人から共感の声が続出しました。

安くて健康効果もある納豆は、日常に取り入れるには優秀な食材。みなさんも好きな調味料を足して、オリジナルの食べ方を見つけてみては?

 

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. 代謝
  2. 整腸作用
  3. 新陳代謝
  4. 納豆
  5. 美肌
  6. 骨粗しょう症

関連記事

  1. Beauty温泉ダイエットに最適!  温泉ソムリエ直伝の効果的にやせる入浴法

    温泉ダイエットに最適!  温泉ソムリエ直伝の効果的にやせる入浴法

    5
  2. Dietバランス美女のB型は、この5食材でダイエット!

    バランス美女のB型は、この5食材でダイエット!

    9
  3. Healthcare納豆はどれくらい混ぜるのがベスト? 医学的に正しい食べ方でナットウキナーゼの効果を最大限に

    納豆はどれくらい混ぜるのがベスト? 医学的に正しい食べ方でナットウキナーゼの効果を最大限に

    6
  4. Healthcareまだまだ続くレモンブーム! 「塩レモン本」の著者がおすすめするレモンレシピ3選

    まだまだ続くレモンブーム! 「塩レモン本」の著者がおすすめするレモンレシピ3選

    26

あわせて読みたい

Pickup