FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    16

あごに手を当てる女性画像

40代になると、そろそろ気になるのが更年期です。みなさんは、更年期にどんなイメージを持っていますか? 「ホットフラッシュでつらい」「うつになって寝込んだ」といった経験談に、なんとなく「更年期はこわい」と感じている人もいるのではないでしょうか。これから更年期を迎えるプレ更年期世代が知っておきたい「更年期のホント」について、産婦人科医でイーク表参道副院長の高尾美穂先生に聞きました。

監修
高尾 美穂

「月経」が変化し始めたら、更年期のサイン

サイクルの積み木画像

そもそも、更年期とは、どのような時期をいうのか、知っていますか? 更年期とは、閉経をはさんだ前後の5年間、合計10年間のことです。

「閉経は、卵巣機能の低下により、女性ホルモンの分泌量が急激に減ることで起こります。最後の月経から1年間、月経がなければ閉経です。日本人の閉経の平均年齢は50.5歳。したがって、45~55歳に更年期を迎える人が多いといえますが、個人差があり、実際には、閉経になってみないと、いつから更年期が始まったのかはわかりません。しかし、女性ホルモン分泌量の低下は35歳頃から始まり、40代になると乱高下しながら急降下します。40代後半で閉経する人も少なくありません。また、“閉経前の5年間”より前に、不調を感じ始める人もいます。40代になったら、『そろそろ更年期かも?』と心の準備をしておくといいでしょう」

ホルモングラフ画像

更年期のわかりやすいサインは、「月経の変化」です。ここでちょっと月経のしくみについて、おさらいしておきましょう。

月経の変化グラフ

月経周期に関わるのは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンです。エストロゲンの分泌量がピークを迎え、月経1日目から数えておよそ2週間で排卵が起こります。その後プロゲステロンの分泌量が増え、妊娠に備えて子宮内膜をより厚くします。ここで妊娠が成立しないと、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が減り、月経が始まります。

では、更年期になると、この月経サイクルにどのような変化が表れるのでしょうか。
「40代以降は、エストロゲンの分泌が急減することで、エスロゲン分泌のピークがなくなり、排卵しにくくなっていきます。そのため、無排卵月経で周期が短くなったり、月経の間隔が間延びしたり、飛び飛びに来るようになったりします。経血量は減ることもあれば、とても多いときもあります。基礎体温を測ると、高温期がないこともあります。こうした月経の変化が更年期に突入しているサインといえるでしょう」

個人差はありますが、更年期によくある月経の変化には、いくつかのパターンがあります。
●月経サイクルが短くなったり、長くなったりする
これまで28日周期で月経が来ていた人が、25日周期になったりして、月経サイクルが短くなっていきます。逆に、周期が長くなったり、月によってあったりなかったとりというバラつきもみられるようになります。

●月経期間が短くなり、経血量が減る
月経期間が1週間だった人が3~4日で終わるなど、月経期間が短くなり経血量も減っていきます。その一方で、突然、大出血するようなことも起こります。

●月経がだらだらと続く
2日目に経血量が多くなり、その後、だんだん少なくなっていく、というようなメリハリもなくなり、少量の出血がだらだら続く場合もあります。

閉経に対して、「だんだんに月経の間隔があいて、いつの間にか月経が来なくなっていた」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は、上記のようなさまざまなパターンをたどって、閉経することが多いようです。

更年期には、必ず不調が出るとは限らない

扇であおぐ女性画像

更年期には、月経の変化にともない、のぼせ・多汗、めまい、うつなどの症状が出てくることがあります。これは更年期症状と呼ばれています。特に、生活に支障が出るほどとの強い症状を更年期障害といいます。またエストロゲンには、血管、筋肉、骨、内臓機能などを健康に保つ働きがありますが、その恩恵にあずかれなくなることで体のいろいろなところも影響を受けます。とはいえ、「更年期をいたずらに怖がらないで」と高尾先生はアドバイスします。

「更年期にはさまざまな症状が出るという情報を目にすると、『更年期は怖いもの』ととらえてしまう人もいることでしょう。更年期、更年期症状、更年期障害は混同されやすく、更年期=更年期障害ととらえている人もいるかもしれません。更年期と更年期症状、更年期障害は分けて考える必要があります。更年期症状が出る人は、更年期を迎えた人全体のうち6割です。さらに、更年期障害がみられるのは更年期症状のある人の3割です。更年期症状が出るか出ないかは、その人の体質やストレス耐性、環境なども関係しています。PMS(月経前症候群)症状が出やすい人は、更年期症状が出やすいとされています。月経の変化以外は、特に不調を感じることもなく過ごす人も多いので、更年期をやみくもに恐れることはありません。症状が出たとしても『これが更年期なんだな』と、気をラクにして過ごしていきましょう」

あわてず、恐れず、更年期を迎えたいですね。

取材・文/海老根 祐子  イラスト/クロカワユカリ

連載・関連記事

  1. 生理や更年期などの不調やイライラに、うま味たっぷりの「だし」が効く!?

  2. 閉経を挟んだ前後5年が“更年期”。心も体も揺らぐ10年を“膣ヨガ”で快適に~動画で解説~

  3. 体調が不安定な更年期を元気に過ごすには?  自律神経のバランスを整える足刺激テクニック

高尾 美穂

高尾 美穂

産婦人科医・医学博士・スポーツドクター。女性のための統合ヘルスクリニック「イーク表参道」副院長。文部科学省・国立スポーツ科学センター 女性アスリート育成・支援プロジェクトメンバー。長年ヨガを愛好し多くのヨガインストラクターを指導。YouTube「高尾美穂からのリアルボイス」では毎日、女性のお悩みに答え、楽に生きられる考え方を配信している。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16

関連記事

  1. Healthcare「ホルモン補充療法」「漢方」「エクオール」更年期を乗り越えるための3つの方法

    「ホルモン補充療法」「漢方」「エクオール」更年期を乗り越えるための3つの方法

    18
  2. Healthcare髪、肌、のどのパサつきは”エストロゲン“減少のせい? 更年期症状のしくみを知ろう Part2

    髪、肌、のどのパサつきは”エストロゲン“減少のせい? 更年期症状のしくみを知ろう Part2

    24
  3. Healthcare理想の睡眠は何時間? 更年期のメンタル不調対策には、まず睡眠の見直しを

    理想の睡眠は何時間? 更年期のメンタル不調対策には、まず睡眠の見直しを

    26
  4. Healthcare月経が小さな嵐なら、更年期は大きな嵐。更年期症状のしくみを知ろう part1

    月経が小さな嵐なら、更年期は大きな嵐。更年期症状のしくみを知ろう part1

    26

あわせて読みたい

Pickup