大根を食べて風邪知らずの体に!? 風邪に負けない体をつくる「大根スムージー」のつくり方|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    大根を食べて風邪知らずの体に!? 風邪に負けない体をつくる「大根スムージー」のつくり方

  1. Share

  2. お気に入り

    12

みずみずしい大根

風邪を引くとせきや鼻づまりのせいで、何をしていても集中できなくなってしまいますよね。風邪予防の方法はさまざまですが、「何を食べるか」も重要な要素。そこで今回は、風邪に負けない体をつくる食材と調理法を紹介します。


風邪予防に効果的な「大根のスムージー」

大根を使ったスムージー

2月20日(火)に放送された「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、風邪予防に効果的な「大根」について特集しました。食事療法の名医・済陽高穂先生によると、大根に含まれる栄養素は感染症の予防に役立つのだそう。なかでも「イソチオシアネート」という成分は抗酸化作用が高く殺菌作用が強いため、風邪に負けない体をつくってくれます。ほかにも老化を防ぐ「抗酸化作用」や弱った胃腸の機能を高める「消化酵素」など、大根には多くの栄養素が。

大根は葉に近い部分から先端にかけて、辛みが増していきますよね。でも味だけでなく、含まれている栄養素の度合いも変化します。番組では大根を「上」「中」「下」の3か所に分けて、それぞれの特性を活かした調理法を紹介しました。

先端にあたる「下」の部分には、「イソチオシアネート」や「食物繊維」が最も多く含まれています。効率よく栄養を摂取するためには、大根を生で食べられる「スムージー」がおすすめ。まず皮をむいた大根をブツ切りにして、ミキサーの中に入れます。つぎにはちみつをたっぷりと垂らしましょう。大根の先端は生で食べるとどうしても辛みが主張するので、はちみつで甘味をプラスすることがポイント。最後にレモンを絞ったら、ミキサーを回して完成です。ネット上では「大根スムージー、体によさそうだし試してみたい!」との声が。

40秒でつくれる“風呂吹き大根”

圧力鍋で簡単にできる大根レシピ

次に紹介されたのは、葉に近い大根の「上」の部分を使う「大根カルボナーラ風サラダ」。つくり方としては、まず皮をむいた大根を薄くスライス。そしてベーコンを刻んだら、フライパンにサラダ油を引いてカリカリになるまで炒めます。粉チーズと卵黄、マヨネーズを混ぜて塩・こしょうで味を調えたら、スライスした大根と合わせましょう。最後に、炒めたベーコンを混ぜればOK。大根の「上」部分は甘みが強いので、生でもおいしく食べられますよ。

最後に大根の中央にあたる「中」部分を使った、「風呂吹き大根」のつくり方が紹介されました。まず大根を皮付きのまま圧力鍋に入れ、昆布と水を加えたあとにしょう油で味を整えましょう。下準備はここまでで、なんと40秒で終了。あとは圧力鍋のフタを閉め、加圧タイマーを20分にセットすれば風呂吹き大根のでき上がり。加熱すると抗酸化作用がアップするので、アンチエイジングにも効果があります。ネット上では「こんな簡単につくれて、しかも健康的なのはいいね」といった声が上がりました。また、「おからのみそだれを乗せたら、さらにおいしくなった!」とアレンジを試した人も。

栄養たっぷりの大根レシピを取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。

 

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    12
  1. 大根
  2. 感染症
  3. 抗酸化作用
  4. 殺菌作用
  5. 消化酵素
  6. 酵素
  7. 食物繊維

関連記事

  1. Diet生大根の4つのやせパワーとおすすめレシピ3選

    生大根の4つのやせパワーとおすすめレシピ3選

    11
  2. Diet生大根のやせる食べ方と簡単にできるおすすめレシピ3選

    生大根のやせる食べ方と簡単にできるおすすめレシピ3選

    10
  3. Healthcare効率的に酵素をとってデトックス! サラダの食べ方とおすすめレシピ3選

    効率的に酵素をとってデトックス! サラダの食べ方とおすすめレシピ3選

    11
  4. Healthcare食べればぽっこり下腹とおさらばできる!? 消化酵素たっぷりの大根おろしレシピ3選

    食べればぽっこり下腹とおさらばできる!? 消化酵素たっぷりの大根おろしレシピ3選

    27

あわせて読みたい

Pickup