FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    腰痛の原因は“寝返り”にあった!? 朝方に腰痛が起こる仕組みと45秒で効く「寝たまま体操」のやり方

  1. Share

  2. お気に入り

    42

腰痛に悩む女性

つらいけど、なかなか自力で治すのは難しい“腰の痛み”。日本人で腰痛に悩まされている人は推定2,800万人にも及び、4人に1人が腰痛に悩まされているそうです。では腰痛は一体何が原因で引き起こされるのでしょうか?


朝目が覚めると腰が痛む理由

ベッドで寝が入りを打つ女性

朝方はとくに腰痛に悩まされる人が多い時間帯。ネット上でも「毎日朝起きると腰痛が目覚ましみたいにやってくる… どうにかして治したい」「仕事行かなきゃいけないのに、毎朝腰の痛みが酷くて立ち上がるのもつらい!」といった声がよく上がっていて、腰痛持ちの人にとって悩みの種になっていることが分かります。

そんな中、2月27日放送の「この差って何ですか?」(TBS系)では朝起きた時に腰が痛い人とそうでない人の違いについて特集しました。まず2人の被験者が睡眠している様子を観察したところ、腰痛が起こらない人は37回寝返りを打っているのに対して、腰痛が起こる人はたった4回しか寝返りを打っていないことが判明。寝返りの回数が少ないと腰痛が引き起こされるという、驚きの情報が明かされました。

「虎ノ門カイロプラクティック院」院長の碓田拓磨先生によると、人間は仰向けで寝ると内臓が背中に向けて下がってしまいます。そして約20kgの重さを持つ内臓に押しつぶされた結果、背骨の後ろにある血管が炎症を起こして腰痛が生じることに。また横向きや仰向けで寝たとしても、ずっと同じ姿勢でいると腰に負担がかかってしまうそうです。

番組で明かされた意外な腰痛の原因に、視聴者からは「たしかに寝返り少ない自覚ある… だから毎朝腰が痛いのか」「内臓の重さが20kgって聞いて衝撃。腰が痛くなるのも当然だね」と大きな反響が上がっていました。

腰痛を防ぐ簡単ストレッチ

朝、すっきり目覚める女性

腰痛を防ぐために重要な寝返りですが、全身の筋肉がこわばっていると寝返りを打ちにくい体になってしまいます。そこでおすすめしたいのが、碓田先生が教えてくれた「簡単寝たまま体操」。筋肉が衰えている人でも挑戦できるストレッチで、寝返りに必要な肩や腰などの筋肉をほぐすことができます。

まずは肩の筋肉をほぐすためのストレッチからご紹介。後頭部を支えるように両手の指を組んだら、両ヒジを立てながら仰向けに寝ましょう。それからゆっくり息を吐きつつ、床につくまで両ヒジを横に開いていきます。後は姿勢をキープしたまま5秒数えて、終わったらヒジを顔の横に戻せばOK。このストレッチを寝る前に5回行ってください。実際にストレッチを体験したタレントの生稲晃子さんは、「すごく気持ちいいです。右と左の肩がキュッとくっつくような感じ」と語っていました。

続いて腰の筋肉をほぐすためのストレッチ。仰向けに寝たら片足のヒザを立てて、体の反対側に倒していきます。この時に体をひねり、腰の筋肉を伸ばすことを意識しましょう。無理のない体勢で10秒キープしたら、今度は反対側の足を倒す姿勢で10秒保ちます。

ストレッチを毎日続ければ、2週間ほどで寝返りが打ちやすい体になるとのこと。合計たった45秒で完了するので、腰痛に悩まされている人はぜひ試してみては?

 

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    42
  1. 体操
  2. 姿勢
  3. 背骨
  4. 腰痛

関連記事

  1. Healthcare腰まわりのこりをほぐす!腰痛予防の静的ストレッチ【動画】

    腰まわりのこりをほぐす!腰痛予防の静的ストレッチ【動画】

    48
  2. Healthcareデスクワーカーの疲労には「ラジオ体操」が有効? 硬くなった筋肉をほぐす「動的ストレッチ」

    デスクワーカーの疲労には「ラジオ体操」が有効? 硬くなった筋肉をほぐす「動的ストレッチ」

    28
  3. Healthcare「モゾモゾ…」「クニャクニャ…」 ちょっと不思議な“ゆる体操”でつらい腰痛を改善!

    「モゾモゾ…」「クニャクニャ…」 ちょっと不思議な“ゆる体操”でつらい腰痛を改善!

    23
  4. Healthcare蛭子能収さんも1週間で効果を実感! 腰痛や肩こりから脱却する“ハイハイ体操”

    蛭子能収さんも1週間で効果を実感! 腰痛や肩こりから脱却する“ハイハイ体操”

    7

あわせて読みたい

Pickup