肌や血管、骨の老化の原因に!? “糖化”の予防に効果的な食事&運動|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    16

鏡で肌を確認する女性の画像

いくつ年齢を重ねても、誰もが「いつまでも元気でありたい」と思うもの。少しでも長く若々しさを保つためには、しっかりと対策することも大切です。そこで今回は、老化の原因になる“糖化”についてご紹介。糖化の予防方法についても取り上げていくので、ぜひ参考にしてくださいね。


糖化が老化の原因になる!?

心臓が痛む女性の画像

3月4日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」(TBS系)では“糖化”について取り上げました。そもそも糖化とは、体内でたんぱく質と余分なブドウ糖が結びつき、“AGE”という糖化物質を発生させること。肌が老け込む原因として、“酸化”と並び近年注目されています。

糖化は外見だけでなく骨や血管の老化にもつながり、骨粗しょう症や心筋梗塞などさまざまな病気の引き金になってしまうことも。さらにアルツハイマー病の人とそうでない人の脳を比べてみると、アルツハイマー病の人は脳内の糖化物質が3倍も多いことが判明しました。

そこで番組では“糖化度チェック”を紹介。以下の項目にいくつ当てはまるか確認してみましょう。

  • 朝食を食べない
  • 早食い、食べすぎ
  • 麺類やパンをよく食べる
  • スイーツや甘い飲みものが好き
  • 食事のときはご飯から手をつける
  • 野菜はあまり食べない
  • 運動はあまりしない
  • 睡眠は6時間未満

3~5個の人は黄色信号、6個以上の人は赤信号なので今すぐ生活習慣の改善が必要です。

ネット上では「ほぼ当てはまる…」「6つ当てはまってしまった」と心当たりのある人がちらほら。では一体、どうすれば糖化を防げるのでしょうか。

糖化予防に効果的な食事&運動

サラダを食べる女性の画像

まず気をつけたいのは食事。朝食を抜いたり、早食い・大食いは血糖値を高めてしまうので厳禁です。さらに注目したいのが食べるときの順番。糖化を防ぐには野菜から食べ始め、次に肉や魚、最後にご飯ものといった順番で食べるのがおすすめです。

また、揚げものや焼きものといった調理する際の温度が高い食事はAGEが多いので要注意。生ものや茹でる・蒸すなど低温調理で作るものの方がAGEが少ないので、普段からヘルシーな食生活を中心にとるよう心がけましょう。「どうしても唐揚げを食べたい!」とガマンできなくなったときは、肉をレモン汁に漬けてから揚げるとGOOD。糖の吸収をゆるやかにするクエン酸を多く摂取できるので、糖化防止に効果的です。焼肉を食べたいときは、肉をヨーグルトに漬けてもみ込んでから焼くのがおすすめ。食後の血糖値の上昇を抑えてくれるうえに肉がやわらかくなるので、ぜひ試してみては?

さらに番組では、“糖化ストップ体操”を紹介。やり方はとっても簡単で、まずは手をグーにしてまっすぐ前に伸ばします。その状態でかかとを上げ、上下に屈伸するだけ。1セット5回、1日朝・昼・夜の3セットを目安に行いましょう。体の中で1番エネルギーを消費すると言われる大腿筋を鍛えることで、糖の燃焼を促してくれますよ。

糖化予防には健康的な食生活や運動が必須。SNSなどでは「老けたくないから明日から改善する!」といった意欲的な声も上がっているので、ぜひ実践してみては?

 

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. 体操
  2. 糖化
  3. 血管年齢

関連記事

  1. Healthcare老化を促進させる「糖化」とは? 老化しないグルテンフリー食生活のすすめ

    老化を促進させる「糖化」とは? 老化しないグルテンフリー食生活のすすめ

    29
  2. Healthcare“くすみ”や“たるみ”の要因にも!?「糖化」を抑えるアーモンドミルクに注目!

    “くすみ”や“たるみ”の要因にも!?「糖化」を抑えるアーモンドミルクに注目!

    4
  3. Healthcare脳と筋肉を同時に鍛えられる!? タオルを使った「にしかわ体操」のやり方

    脳と筋肉を同時に鍛えられる!? タオルを使った「にしかわ体操」のやり方

    5
  4. Beautyアンチエイジングや口臭予防にも! 紅茶のスゴイ効果とは?

    アンチエイジングや口臭予防にも! 紅茶のスゴイ効果とは?

    14

あわせて読みたい

Pickup