FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    疲れがとれないのは脳の細胞がサビているから!?「なんとなくだるい」状態の原因と解消法

  1. Share

  2. お気に入り

    35

疲れている女性の画像

規則正しい生活を送っているつもりなのに、なかなか体の疲れがとれない…。そんな経験をしたことがある人は多いはず。今回は“体のだるさ”が生まれる原因や、すぐに始められる解消法を見ていきましょう。


解消しにくい「疲労感」の原因

横向けで寝ている女性の画像

4月24日放送の「あさイチ」(NHK)では、しっかり寝たはずなのに疲れがとれない「なんとなくだるい」状態の解消法が紹介されました。

「大阪市立大学大学院」特任教授の梶本修身先生によると、だるさを感じるのは「脳の細胞がサビているのが原因」。そもそも脳の中にはピンポン玉ほどの大きさをした「自律神経」があるそう。脳幹部分にある自律神経は心臓を動かしたり、呼吸を整えたりと24時間休むことなく全身をコントロールしています。

しかし激しい運動をしたりストレスを感じて自律神経に負担がかかると、大量に「活性酸素」が発生。活性酸素が出てくる状況が長く続くと自律神経がサビて、本来の働きを果たせなくなってしまいます。この状態が「疲労感」の正体だと、梶本先生は指摘していました。

だるさを解消するには、自律神経に負担のかからない生活を送ることを心がけましょう。番組では疲れを解消する睡眠術として、「仰向けで寝るのはNG」と紹介されていました。仰向けで寝ると舌の位置が重力で下がって、イビキをかきやすくなります。すると入ってくる酸素の量が減るため、血圧を上げたり心拍数を上げるために自律神経が働かなくてはなりません。イビキは自律神経の大敵なので、気道を確保できる「横向け」で寝るのがベターなんですね。

また寝ている時に大量に汗をかくのは、自律神経にとって負担となるので避けたほうが無難です。今後暑くなる時期には、エアコンをかけっぱなしにして一晩中快適な温度を維持するのがよいそう。設定温度の目安は、夜寝る時に快適だと感じる温度にプラス1度するのがおすすめです。

だるさを解消できる食材って?

鶏肉の画像

番組では睡眠術だけでなく、だるさの解消に役立つ食べものも紹介されました。梶本先生によると、疲れを回復するために最適な食べ物は「鶏むね肉のソテー」。鶏むね肉に含まれている「イミダゾールジペプチド」という成分には、自律神経のサビをとってくれる抗酸化作用が含まれています。一度だけ摂取するのではなく、1日100gを継続してとり続けると効果を発揮してくれますよ。

鶏むね肉を調理する際には、気をつけるべきポイントも。イミダゾールジペプチドは水溶性なので、茹でると煮汁のほうに流れ出てしまいます。レンジで加熱するなどの工夫が必要なので、気をつけてくださいね。

だるさを解消できる食材の存在に、視聴者からは「疲れに鶏むね肉が効くって聞いて、眼からウロコ! 今夜から意識して食べてみよう」「最近鶏むね肉がおいしく感じられるのは、疲れてたからなのかな…」「いつもだるくて困ってたんだけど、鶏むね肉なら安いしすぐに取り入れられそう!」と大きな反響が上がっていました。

イミダゾールジペプチドはマグロやカツオにも含まれているそうなので、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    35
  1. 活性酸素
  2. 自律神経

関連記事

  1. Healthcare疲れと不調の正体は「自律神経」。6つの生活習慣を改善して、脱お疲れ女子!

    疲れと不調の正体は「自律神経」。6つの生活習慣を改善して、脱お疲れ女子!

    26
  2. Healthcare渡辺満里奈さん「眠る前にやるとよさそう!」 自律神経のバランスを整える3つの方法

    渡辺満里奈さん「眠る前にやるとよさそう!」 自律神経のバランスを整える3つの方法

    67
  3. Healthcare「さつまいもVSかぼちゃ」老けない体づくりに効果的なのはどっち?

    「さつまいもVSかぼちゃ」老けない体づくりに効果的なのはどっち?

    14
  4. Healthcare“ビタミンC枯れ”が老化の原因!? ビタミン不足によっておこる症状と効果的な食べ方

    “ビタミンC枯れ”が老化の原因!? ビタミン不足によっておこる症状と効果的な食べ方

    18

あわせて読みたい

Pickup