FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    がんばらない“ズボラ腸活”で健康に! 米麹を使った「三五八漬け」レシピ

  1. Share

  2. お気に入り

    26

窓辺でお茶を飲む女性の画像

腸の中の健康を保つため、悪玉菌を減らしたり善玉菌を増やす方法は数多く存在します。ですが凝った料理はつくるのが面倒だったり、毎日続けるのはどうしてもめんどうですよね。今回は、がんばらないでできる“ズボラ腸活”をご紹介します。


アボカドの三五八漬け

木のテーブルと器に載っているアボカドの画像

5月31日放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)では、腸の環境を改善できる“ズボラ腸活”について特集。管理栄養士の加勢田千尋さんが、簡単につくれる腸活レシピを教えてくれました。

加勢田先生は自分自身も料理が苦手だそうで、気軽にできる“ズボラ腸活”を推奨。最初に福島県や山形県に伝わる発酵食品・三五八(さごはち)漬けをおすすめしています。三五八漬けに使うのは、塩3、米麹5、米8の割合で混ぜ合わせた三五八漬けのもと。ぬか漬けよりも短時間でできるのも三五八漬けの特徴です。

三五八漬けにする野菜は、アボカドがおすすめ。アボカドの種と皮を取って食べやすい大きさに切ったら、三五八漬けのもとと一緒にもみこむだけ。普通の食材は冷蔵庫でひと晩寝かせる必要がありますが、アボカドは30分から1時間ほどで味が染み込みます。アボカドには善玉菌のエサになる食物繊維が豊富に含まれており、腸を健康にしてくれる食材。三五八漬けのもとで魚やお肉を漬けることも可能で、麹のパワーによって柔らかくうま味が増した味になります。

味噌玉ともちもち五穀米

5種類の穀物の画像

続いては、お湯を注ぐだけで味噌汁になる「味噌玉」のつくり方。ボウルに味噌を入れ、おかかと昆布の粉末をだしの代わりに加えて混ぜたら、乾燥わかめや乾燥えのきを入れて丸めてラップで包みましょう。乾燥えのきは食物繊維が豊富で、不足しがちなビタミンDも摂取できる嬉しい食材。入れる具材はわかめやえのき以外にも、好きなものを入れてOKです。

「粉寒天入り五穀米」は、炊飯器に米と五穀米を入れ、米1合につき1gの粉寒天を追加して炊いたらできあがり。モチモチとした食感になり、食べやすいご飯になりますよ。味噌玉と合わせて毎日食べれば、麹や五穀米のパワーで腸内環境が改善されるはず。

加勢田さんはこれらの腸活レシピに加えて、ちょい足し食材としてエゴマ油を持ち歩いているのだとか。エゴマ油に含まれるオメガ3という油成分は、善玉菌のエサになって数を増やしてくれる効果が期待できます。小さじ1杯のエゴマ油をおかずやみそ汁に加え、手軽に善玉菌を活性化させましょう。

加勢田さんの“ズボラ腸活”は、「本当に簡単そうでやってみたい!」「三五八漬けと味噌玉たくさん作っておこうかな」「エゴマ油常備しておかないと」と視聴者にも大好評のようす。腸の健康は美肌やダイエットにも重要なので、気になる方はさっそく試してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26
  1. 発酵食
  2. 腸内環境

関連記事

  1. Healthcare幸福感もアップする「腸活」の基本!女性がキレイにやせる秘訣

    幸福感もアップする「腸活」の基本!女性がキレイにやせる秘訣

    12
  2. Healthcare食物繊維の量は豆腐の約100倍!? 健康長寿の秘訣“長生きホルモン”を増加させる「おからパウダー」

    食物繊維の量は豆腐の約100倍!? 健康長寿の秘訣“長生きホルモン”を増加させる「おからパウダー」

    20
  3. Healthcare毎日積極的にとりたい乳酸菌を補える、意外な組み合わせのレシピ3選

    毎日積極的にとりたい乳酸菌を補える、意外な組み合わせのレシピ3選

    69
  4. Healthcare腸のスペシャリスト直伝! 腸を外から鍛えるトレーニングで太りにくい体に

    腸のスペシャリスト直伝! 腸を外から鍛えるトレーニングで太りにくい体に

    45

あわせて読みたい

Pickup