FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    1週間で食生活を改善できる!? 塩分過多のリスクと「1週間減塩法」のやり方

  1. Share

  2. お気に入り

    11

塩のイメージ画像

健康的な食生活を送るためには、栄養のバランスを整えることがとても大切です。糖質や脂肪分を減らす人は多いようですが、塩分については意外と見落としがち。今回は塩分過多によって生じるリスクや効果的な減塩法を見ていきましょう。


塩分を減らすためのポイントって?

しょうゆのイメージ画像

6月18日に放送された「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)では、30万人以上に減塩を指導してきた内科医の渡辺尚彦先生が登場。短期間で食生活を改善できる、驚きの減塩法を伝授してくれました。

和食ではしょうゆや味噌などの調味料がよく使われているため、気づかないうちに塩分を多くとりがち。番組で紹介されたデータによると、日本人が1日に摂取する平均的な塩分の量は男性が10.8g、女性では9.2g。厚生労働省が定めた男性8g未満、女性7g未満という基準を大きく上回っています。

塩分には水分を溜め込む性質があり、とりすぎると血管内の水分が増えて圧力がかかることに。結果として体がむくんでしまったり、高血圧によって脳卒中や心筋梗塞が引き起こされる可能性もあるのだとか。

そこで渡辺先生が教えてくれたのが、たった1週間で効果が得られる「1週間減塩法」。ポイントは普段の食事で摂取する塩分の量を減らし、濃い味になじんだ味覚を元に戻すことにあります。やり方は簡単で、しょうゆやソース、ドレッシングなどの調味料を使わずに食べるだけ。たとえば揚げものならソース抜き、刺身ならしょうゆ抜きなど“素”の状態で召し上がってみてください。

どうしてもしょうゆが欠かせない人は、入れ方をひと工夫。液体を垂らすタイプのしょうゆさしでは、1回ごとに約3gのしょうゆが出ます。しかしスプレー式のしょうゆさしを使うことで、約0.1gにまで量を減らすことができるそう。

減塩法を実際に試した人からは、「スプレータイプだと食べもの全体にしょうゆがかかって便利」「お寿司にしょうゆスプレーしてみたら、少量でも十分おいしかった!」という声が上がっています。

即席の減塩メニューに挑戦!

色々なスパイスのイメージ画像

「1週間減塩法」にはほかにも食生活をガラッと変えるアイデアが盛りだくさん。芸人のアントニーさんが教わったのは、塩分量の少ない香辛料が詰まった「スパイスケース」を使う方法です。ケースには山椒や一味唐辛子、バジルといった粉末状のものから、ごま油やお酢といった液体のものまで12種類を小分けにして収納。各種スパイスを上手く組み合わせることで、塩気が少ない料理でもおいしく食べられます。

実際に番組では、シュウマイを食べる際にしょうゆを使わず“お酢とコショウ”によって味つけする方法も登場。実食したアントニーさんは「イケる!」とコメントしながら、おいしそうに箸を進めていました。

シュウマイや餃子などの脂っこい中華系のメニューには、お酢とコショウによるさっぱりとした味つけがうってつけ。ほかにも料理によって調味料の使い道はさまざまで、たとえば肉料理はかつお節を粉末状にした「かつお粉」をかけると存分に風味を引き出せます。塩分の少ない調味料を組み合わせて、自分好みの減塩メニューを作ってみてはいかがでしょう?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. 減塩

関連記事

  1. Healthcare食感で楽しむ栄養満点丼ぶり「納豆オクラ長いものネバネバ丼」#明日の朝ごはん

    食感で楽しむ栄養満点丼ぶり「納豆オクラ長いものネバネバ丼」#明日の朝ごはん

    9
  2. Healthcare疲労回復や夏バテ予防に!“ゴーヤ”がたっぷり入った「1/2日分野菜冷たいパスタゴーヤとツナ大根」

    疲労回復や夏バテ予防に!“ゴーヤ”がたっぷり入った「1/2日分野菜冷たいパスタゴーヤとツナ大根」

    18
  3. Healthcare知っているようで知らないアミノ酸の機能とそれを支える成分たち

    知っているようで知らないアミノ酸の機能とそれを支える成分たち

    5
  4. Healthcare秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    11

あわせて読みたい

Pickup