FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    チャーハンや炊き込みご飯はNG!? 暑い時期に起こりやすい食中毒の新常識

  1. Share

  2. お気に入り

    1

お弁当の画像

8月が終わってもまだまだ残暑が続き、“食中毒”には十分注意が必要。しかし食べものを痛ませないように、どのような対策を行えばいいのか分からない人も多いはず。そこで今回は、暑い時期に起こりやすい食中毒の対策法を紹介していきましょう。


食中毒の発生原因とは?

お弁当つくりの画像

8月6日に放送された「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、“夏のお弁当”で発生しやすい食中毒に注目。毎日お弁当をつくるお母さんたちの悩み相談と共に、食中毒が発生する原因と対策法がピックアップされました。

食中毒を起こす細菌が増殖するのは、“水・栄養・温度”の3つが揃ったとき。細菌が増殖しやすい温度は、体温と同じくらいの37度前後だそう。そのため暑い時期のお弁当は食中毒菌の住処となりやすく、特に残暑が続く9月も注意が必要なのです。そこで番組では実際にお母さんたちのつくったお弁当を元に、フードアナリストの奥田和美さんが解決策を伝授してくれました。

番組がまず注目したのはシンプルな“おにぎり弁当”。海苔が巻かれたおにぎりはラップで包まれ、おかずも容器で小分けにしているので水分が移らないように工夫されています。しかしここで注意点が一つ。暑い時期に多い“黄色ブドウ球菌”による食中毒は、手のひらにいる菌が原因。素手でおにぎりを握ると菌が付着する可能性があるため、暑い時期は手袋をしてから握るほうが安全性が高まります。

お弁当におすすめのおかずとは?

しょうがの画像

次にピックアップされたのは、お弁当に入れても安心な“おかず”。抗菌効果のある生姜と醤油で味つけされた“しょうが焼き”は、暑い時期のお弁当にうってつけのメニューですね。同じく抗菌作用がある“ハーブ”は、香りもよくなり食欲も増進。他にも梅干しやシソといった薬味も、食品を痛みにくくしてくれる効果が期待できます。

定番のおかずとなる“肉類”は、唐揚げやとんかつなどの揚げものがベスト。揚げものは水分が出にくく、高温で調理するため炒めるよりも食中毒の危険性が低くなります。またご飯は、チャーハンや炊き込みご飯などの味がついたものではなく“白米”がおすすめ。具材の入ったご飯は水分が出やすいので痛むのが早く、“セレウス菌”という食中毒菌が繁殖しやすいのです。

意外と知らない食中毒の対処法に、視聴者は「おにぎりを素手で握ると危険なのには驚かされました!」「チャーハンとかは火を通してるから安心だと思ってた…」「唐揚げは子供にも大人気だから率先して入れたいですね!」「醤油にも抗菌効果があるのは驚きです」といった反響が続出しています。ご家族の健康を守るためにも、食中毒対策を参考にしてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    1
  1. お弁当
  2. 食中毒

関連記事

  1. Healthcareキケン!? 冷蔵庫の詰め込み過ぎが食中毒を招く

    キケン!? 冷蔵庫の詰め込み過ぎが食中毒を招く

    21
  2. Healthcareあっという間に3品できちゃう! 便利すぎる「冷凍野菜」でつくる簡単副菜レシピ♪ #明日の朝ごはん

    あっという間に3品できちゃう! 便利すぎる「冷凍野菜」でつくる簡単副菜レシピ♪ #明日の朝ごはん

    28
  3. Diet具材を加えてマンネリ打破!朝食やお弁当に大活躍の卵焼きレシピ3選

    具材を加えてマンネリ打破!朝食やお弁当に大活躍の卵焼きレシピ3選

    6
  4. Diet女性にうれしい食べきりサイズが大人気!「鮭ほぐしと明太子ご飯」がローソンから新登場

    女性にうれしい食べきりサイズが大人気!「鮭ほぐしと明太子ご飯」がローソンから新登場

    10

あわせて読みたい

Pickup