FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    サバ缶やツナ缶がポイント! “夏型栄養失調”を防ぐ効果的な栄養摂取方法

  1. Share

  2. お気に入り

    2

缶詰の画像

猛暑が続くと注意しなければいけないのが、死の危険もある“熱中症”です。適度な水分補給と食生活を気にかける人は多いようですが、栄養素については意外と見落としがち。そこで今回は夏場の偏った食事で起こる、“夏型栄養失調”の症状と対処法を見ていきましょう。


夏型栄養失調はなぜ起こるの?

そうめんの画像

7月18日に放送された「ビビット」(TBS系)では、池袋大谷クリニックの大谷義夫先生と管理栄養士の小山浩子先生が登場。いま女性の間で増えている、“夏型栄養失調”の原因と危険性を教えてくれました。

暑さで外に出るのが億劫になると、食事は簡単につくれる“そうめん”などの麺類に片寄ってしまいます。麺を中心とした炭水化物ばかりの食事をすると、たんぱく質やビタミン、ミネラルといった栄養素が不足。さらに炭水化物はカロリーが多く“夏太り”の原因にもなります。

“夏型栄養失調”の症状はめまいや息切れといった、熱中症の初期症状とよく似ているとのこと。そのため熱中症と勘違いして、栄養失調の対策を怠ってしまう結果に。また栄養が偏り過ぎて免疫が低下すると、風邪を引きやすくなることもリスクの一つです。

夏型栄養失調を防ぐ方法とは?

鯖缶の画像

番組では夏型栄養失調を防ぐべく、一人暮らしをしている女性の家に小山先生が抜き打ち訪問することに。女性に猛暑日が続いてから口にしたものを聞いてみると、“冷やし中華やそうめん”と予想通りの結果です。冷蔵庫の中身をチェックしたところ、半分以上が飲料水と調味料のみ。動物性たんぱく質が豊富な肉や魚、ビタミン類が多く含まれる野菜はほとんどありませんでした。

しかしちょっとした工夫を行うことで、夏型栄養失調を予防できると話す小山先生。例えばそうめんを食べるときには、麺つゆにサバの缶詰を入れるだけで栄養が豊富にとれます。また冷やし中華は元々トッピングが豊富な料理なので、コンビニにあるサラダチキンやツナ缶を乗せるだけでも効果的。他にも枝豆や麺と絡みやすいチーズなどをいれると、栄養のバランスが良くなるとのこと。トッピングした具材の分だけ麺を減らして、たんぱく質のとれる食材で補う方法がおすすめですよ。

実際に栄養不足で悩んでいる視聴者からは、「油っぽいお肉とかは控えてたけどツナとかであれば夏でも食べれそう!」「やせないのに体重が増える原因がそうめんにあると知って、実践してみたら身体も快調になりました」といった反響が続出していました。まだまだ暑さが続きそうな今年の残暑。夏型栄養失調にならないように、料理にひと手間加えてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. 夏太り
  2. 熱中症

関連記事

  1. Healthcareダイエットにも効果的!? 熱中症対策に最適な梅干しの栄養素と隠された秘密

    ダイエットにも効果的!? 熱中症対策に最適な梅干しの栄養素と隠された秘密

    3
  2. Healthcare熱中症対策のカギを握るのは「深部体温」!? 上昇した体温を効率良く下げるテクニック

    熱中症対策のカギを握るのは「深部体温」!? 上昇した体温を効率良く下げるテクニック

    5
  3. Healthcare牛乳は熱中症対策にピッタリ!? 夏の水分補給におすすめな飲みものとNGな飲みもの

    牛乳は熱中症対策にピッタリ!? 夏の水分補給におすすめな飲みものとNGな飲みもの

    3
  4. Healthcareトマトジュースは熱中症対策に最適!? 水分補給・塩分補給・疲労回復…メリットを徹底リサーチ!

    トマトジュースは熱中症対策に最適!? 水分補給・塩分補給・疲労回復…メリットを徹底リサーチ!

    6

あわせて読みたい

Pickup