FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    目指せ“腸”美人! 便秘解消に効果的な“レジスタントスターチ”ってなに?

  1. Share

  2. お気に入り

    5

お腹を押さえる女性の画像

女性が抱えがちな体のトラブル“便秘”。野菜をたくさん食べたり、適度に運動しても解消されなくて悩んでいる人も多いはず。そこで今回は、最新の研究で判明した便秘解消方法についてご紹介しましょう。


レジスタントスターチってなに?

さつまいもの画像
8月28日に放送された「美と若さの新常識 ~カラダのヒミツ~」(NHK)では、“便秘”について特集。番組には岐阜大学の早川享志先生が登場し、便秘解消の切り札となる“ある成分”がピックアップされました。

早川先生が教えてくれた成分とは、さつまいもなどの糖質に含まれる“レジスタントスターチ”。聞きなれない成分ですが、一体どんな効果を持っているのでしょうか。

レジスタントスターチは、でんぷんなのに“食物繊維と同じ働き”をしてくれる糖質のこと。摂取するとビフィズス菌などの腸内細菌と結びつき、便秘を防いでくれる“短鎖脂肪酸”を精製。短鎖脂肪酸が大腸の筋肉を刺激し、腸の動きが良くなるため便秘解消に効果が期待できます。

この情報にネット上では、「さつまいもが便秘にいいとは知ってたけど、こんな成分が入ってたとは…」「便秘がツラいときはさつまいもをいっぱい食べるようにしよう!」「さつまいもっていいことだらけの食材ですね」といった声が。しかしたださつまいもを食べればいいわけではありません。レジスタントスターチを効率よく摂取する方法は、さつまいもの“食べ方”に隠されていました。

レジスタントスターチの効率的な摂取方法

いんげん豆の画像

おすすめの調理法は“蒸したさつまいも”。焼いた場合に比べ、蒸したほうが1.5倍もレジスタントスターチが多くなります。またできあがってからすぐに食べるのではなく、冷蔵庫に入れて十分に冷やしてください。暖かいほうがおいしく食べられますが、冷やすことでレジスタントスターチがさらに増量。さつまいもが4度ぐらいになるのを目安に、少なくとも2時間ぐらいは冷やすようにしましょう。

さらに番組ではさつまいもだけでなく、“いんげん豆”も紹介。いんげん豆にはレジスタントスターチが100g中2.2gも含まれ、2.1gのさつまいもよりも若干多く入っています。番組を見ていた視聴者からは「さつまいもといんげん豆を使ったスープとか便秘に効果ありそう!」「これを機にいんげん豆をたくさん食べたいと思います」「いんげんってあんまり注目されない食材だったけど、一気に株が上がりました!」「便秘中はいんげんとさつまいも中心の生活に切り替えたい」と絶賛の声が続出していました。

「なかなか便秘が解消されない…」とお悩みの人は、“いんげんとさつまいも”を食べて体の中からキレイになってみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5
  1. 便秘解消

関連記事

  1. Healthcareお腹スッキリ! 便秘改善の食材5つ&排便力を身につけるコツ

    お腹スッキリ! 便秘改善の食材5つ&排便力を身につけるコツ

    16
  2. Healthcareカカオ70%以上限定! アーモンドチョコレートが便秘解消に効果的なワケ

    カカオ70%以上限定! アーモンドチョコレートが便秘解消に効果的なワケ

    10
  3. Healthcare目指すは溜め込まないカラダ! 読者おすすめの便秘改善サプリメント・医薬品6選

    目指すは溜め込まないカラダ! 読者おすすめの便秘改善サプリメント・医薬品6選

    21
  4. Healthcare便秘解消や免疫力アップを実感! 30秒で作れる朝1杯のレモン白湯がすごい!

    便秘解消や免疫力アップを実感! 30秒で作れる朝1杯のレモン白湯がすごい!

    67

あわせて読みたい

Pickup