FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    野菜や果物に要注意!? 花粉症の人が発症しやすい「口腔アレルギー症候群」

  1. Share

  2. お気に入り

    2

果物を食べる女性

花粉症に悩まされる人は年々増加しており、原因となる花粉にも多くの種類があります。症状もさまざまですが、最近では果物や野菜にも反応してしまうことが明らかに。今回は、食事のときに気をつけたい「口腔アレルギー症候群」についてご紹介しましょう。


■果物や野菜が原因のアレルギーアレルギーのある女性

8月30日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX系)に、産婦人科医の丸田佳奈先生が登場。花粉症の人に起きやすい「口腔アレルギー症候群」や、アレルギーの注意点について解説してくれました。

花粉症は多くの日本人が抱えている現代病ですが、人によっては花粉だけでなく果物や野菜にも反応してしまうことがあります。果物や野菜を食べたときに、口の中がピリピリしたり喉がイガイガすることがあったら「口腔アレルギー症候群」である証拠。この症候群は花粉症の人のみに起こる症状で、通常なら花粉に反応する抗体が食物にも過剰に反応している状態です。

症状は花粉の種類によって差がありますが、口腔アレルギー症候群にかかっている人の割合は花粉症患者の約5~10人に1人。あまり知られていない症状ではありますが、視聴者からは「すごく心当たりあるんだけど」「私もこの症候群かも!」「果物が苦手な長年の謎が解けた気がする」といった声が続出しています。

■アレルギーの種類や注意点

果物と野菜

花粉症は春の病気というイメージですが、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどは8月から10月がピーク。丸田先生は秋の花粉症に備えるため、花粉と口腔アレルギーを引き起こす食材の組み合わせについても教えてくれました。

花粉の舞う期間が長いスギ花粉症の人は、野菜の中でもトマトに要注意。ヨモギやブタクサの人はメロン、スイカ、セロリに反応することが多く、イネ科の人はトマト、スイカ、メロン、オレンジに気をつけてください。反応する食物の種類が最も多いのは、白い幹が特徴的なシラカンバの花粉症を持つ人。リンゴ、桃、サクランボ、キウイ、マンゴーなどのフルーツでアレルギーが発生します。

花粉は時期を過ぎれば反応しなくなりますが、食物に対するアレルギーはどの季節でも注意が必要。さらにキウイやバナナ、アボカドなどに反応してしまう人は、ゴムの成分であるラテックスにもアレルギー反応を起こす可能性が高いそうです。ラテックスアレルギーを持つ人は、輪ゴムやゴム手袋などゴム製品に触れるとその部分に痒みや赤みが生じることも。最近ではアレルギーに対応するために、ラテックスフリーの製品も数多く発売されています。

食物に関しては加熱すれば食べられることもありますが、少しでも心当たりがある人は病院でしっかり検査を行いましょう。軽い症状だと油断していると、ショック症状につながってしまいます。自分のアレルギーをしっかり把握して、安全な食事を心がけたいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. アレルギー

関連記事

  1. Healthcare「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    9
  2. Healthcareアンジャッシュ渡部さん「えぐみが全然ない!」 調味料感覚で料理に足せる“玉ねぎハニー”で花粉症・鼻炎を撃退

    アンジャッシュ渡部さん「えぐみが全然ない!」 調味料感覚で料理に足せる“玉ねぎハニー”で花粉症・鼻炎を撃退

    29
  3. Healthcareハリセンボン・近藤春菜さん「違和感ないかも」 寒暖差アレルギーの予防にはホットココアヨーグルトが効果的!?

    ハリセンボン・近藤春菜さん「違和感ないかも」 寒暖差アレルギーの予防にはホットココアヨーグルトが効果的!?

    26
  4. Healthcare何度も天気を確認すると具合が悪くなる? 知らずにいると危険な夏の習慣

    何度も天気を確認すると具合が悪くなる? 知らずにいると危険な夏の習慣

    7

あわせて読みたい

Pickup