FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    1日2分の呼吸法で疲れにくい体に! 体質改善のためのスタンフォード式呼吸法&ストレッチ

  1. Share

  2. お気に入り

    19

深呼吸している女性の画像

日ごろから疲れがたまりやすいと感じている人は、姿勢や体質に問題があるのかもしれません。疲労物質をうまく排出するためには、休息や睡眠と共に体質の改善も大切。今回は、疲れにくい体を作る5つの疲労回復法をご紹介しましょう。


■スタンフォード式疲労回復法

目頭を押さえて疲れた顔をしている女性の画像

8月30日放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)では、疲れにくくなる体の作り方を特集。スタンフォード大学の研究で誕生した、疲労回復に効果的な呼吸法やストレッチのやり方をレクチャーしてくれました。

まずは、座って行う「腹圧呼吸法」から。背中、お尻、ひざの角度が90度になるように座ったら、指をお腹に向けて手の甲を太ももに置きます。指で足のつけ根を軽く押し、その指が前に動くようにお腹を膨らませて深呼吸。鼻から吸って、口から吐いていきましょう。呼吸するときに、お腹の圧をキープするのがポイント。1日2分間実践することで、体のゆがみを矯正する効果があります。

続いては、疲れない立ち方である「ゆらゆら立ち」。足を肩幅に開いたら、腰骨を中心に左右に揺らすだけでOKです。重心を交互に移動させることで、体のバランスが整って疲労がたまりにくい姿勢に。立っているときは重心が偏らないように意識すると、足も全身もラクになりますよ。

■肩こり&下半身に効くストレッチ

肩を手で押さえている女性の後ろ姿の画像

肩こりにお悩みの人は、「肩甲骨ぐるぐる」ストレッチがおすすめ。両手の指先を肩の上に置いてから、指が離れないように腕を前から後ろへ大きく回してください。できるだけ胸を前に出すように立ち、ひじを遠くに回して肩甲骨を動かすのがポイント。1日10回ほどで、肩の筋肉をほぐすことができます。

下半身にたまった疲れは、「足トントン」で解消しましょう。「腹圧呼吸法」と同じように90度を意識して座ったら、つま先を床につけたまま15秒間かかとを上下にストレッチ。次はかかととつま先を入れ替えて、つま先の上下を15秒間行います。ふくらはぎを動かすことで、リンパ節を刺激して血行を改善。疲労物質の蓄積を防止できる運動です。

疲れた日の入浴は、湯船に約38度のお湯を張って水のシャワーを浴びましょう。冷たいシャワーを1分間浴びたら、入浴30秒、シャワー30秒を交互に5セット行います。最後の水シャワーを再び1分間浴びれば、血行が良くなり筋肉の疲れがとれるはず。

さまざまな疲労回復法は、「どれも簡単そうだからやってみたい!」「入浴法が特に気になる」「呼吸法と立ち方から初めてみよう」と視聴者にも好評の様子。毎日続けることで体質が改善できるので、疲れをためたくない人は実践してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    19
  1. 呼吸法
  2. 肩こり

関連記事

  1. Healthcare首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    34
  2. Healthcare呼吸のペースが目で分かる!?リラックス効果のある呼吸法を視覚化するアプリ「Breathe+」

    呼吸のペースが目で分かる!?リラックス効果のある呼吸法を視覚化するアプリ「Breathe+」

    56
  3. Healthcare新生活のストレスが“春バテ”を招く!? 春バテ対策に効果的なリラックス方法

    新生活のストレスが“春バテ”を招く!? 春バテ対策に効果的なリラックス方法

    28
  4. Healthcare「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    17

あわせて読みたい

Pickup