FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    15

みそ汁の画像

私たち日本人の食生活に必要不可欠な“みそ汁”。なんとなく「体に良い」というイメージを持っている人も多いようです。そこで今回は、みそ汁がもたらす健康効果について紹介していきましょう。


■みそ汁に隠された健康パワー

みそ汁を食べる人の画像

9月22日に放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)では、長生きできるみそ汁健康法を特集。「医者が考案した長生きみそ汁」の著者で順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生が登場し、より長生きできる“スペシャルみそ”のレシピを詳しく教えてくれました。

スペシャルみその材料は、「赤みそ80g・白みそ80g・すりおろし玉ねぎ150g・リンゴ酢大さじ1」の4つ。赤みそは抗酸化作用がある“メラノイジン”を多く含み、白みそにはストレスを軽減してくれるGABAが豊富に入っています。また玉ねぎはオリゴ糖が多く含まれ、リンゴ酢には善玉菌のエサとなるグルコン酸がたっぷり。スペシャルみそを溶かしてスープを飲むだけでも腸内環境をよくしてくれます。材料を全部混ぜ合わせてから製氷器に入れ、冷凍庫で約3時間ほど凍らせましょう。冷凍することで約2週間保存可能です。

簡単にできるスペシャルみそのレシピに、視聴者からは「家にある材料だけですぐできるね!」「もっと難しいかと思ったけど意外と簡単」「普通のみそより確かに健康になれそう!」「家で実際に作ってみたけどめちゃくちゃおいしい」と好評の声が続出していました。

■スペシャルみそを使った特製レシピ

アスパラガスの画像

さらに番組では、タレントの雛形あきこさんがスペシャルみそを使った“1週間みそ汁生活”に挑戦。雛形さんはまず、疲れの原因となる活性酸素の量を検査することに。結果は4.6ナノグラムと高めの数値で注意が必要なレベル。ほおっておくとがんの危険だけでなく、致命的なしわやシミの原因にもなりかねません。そこで小林先生は、活性酸素を効率的に減らすみそ汁生活のメニューを考えてくれました。

まず紹介されたのは“えびとアスパラガスのみそ汁”。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復効果が期待できます。作り方はアスパラのかたい部分をピーラーで削り、4cmの厚さで斜めに切りましょう。鍋に「海老の頭・酒大さじ2・水300mm」を入れてひと煮立ちさせ、海老とアスパラを加えて火が通るまで約1分加熱してください。火を止めてスペシャルみそを入れて溶かせばできあがり。

次のメニューは汁物ではなく、“みそチーズトースト”という変わり種のレシピです。耐熱容器にスペシャルみそとバターを入れてラップをかけて、30秒ほど電子レンジへ。バターとみそが溶けたらハチミツを加えて混ぜ、食パンに塗りましょう。最後にチーズを乗せてオーブントースターで焼けば完成です。

1週間のみそ汁生活を終えた雛形さんは、活性酸素が0.4ナノグラムまで減少。本人も「1週間でですか!?」と驚きの様子でした。美肌を手に入れながら健康的に長生きしたい人は、ぜひスペシャルみそを作ってみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    15
  1. みそ汁
  2. 美肌

関連記事

  1. Dietみそ汁を先に食べるとやせやすくなる!? ダイエット&美肌効果のある食事の順番

    みそ汁を先に食べるとやせやすくなる!? ダイエット&美肌効果のある食事の順番

    71
  2. Healthcareおからパウダー×みそ汁は最強コンビ!TVで話題の食事法で美肌をGET♪ #Omezaトーク

    おからパウダー×みそ汁は最強コンビ!TVで話題の食事法で美肌をGET♪ #Omezaトーク

    13
  3. Healthcare秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    8
  4. Healthcare美肌には“ピンクの甘酒”がおすすめ!? 一体何が入っているの? #Omezaトーク

    美肌には“ピンクの甘酒”がおすすめ!? 一体何が入っているの? #Omezaトーク

    32

あわせて読みたい

Pickup