FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    緊張しやすい人は気をつけて! ストレスや緊張で発生する“過換気症候群”の原因と対処方法

  1. Share

  2. お気に入り

    3

悩む女性の画像

現代社会人のほとんどの人が抱える“ストレス”。仕事や家庭での悩みだけでなく、交友関係の問題などストレスの種は人それぞれです。しかしストレスを抱え込み過ぎると、さまざまな病気の原因に。中でも過呼吸は、女性や若い人などに起こりやすいので要注意です。そこで今回は、ストレスが原因で発生する“過換気症候群”の予防と対策方法を紹介していきましょう。


■ストレスで発生する過換気症候群

デスクワーク中に目元を押さえている女性の画像

10月11日に放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX)では、強い精神的不安や緊張などで起こる“過換気症候群”について特集。原因と対応策を、産婦人科医の丸田佳奈先生が教えてくれました。

一般的には“過呼吸”と呼ばれている過換気症候群。ストレスや極度の緊張状態で過呼吸になり、呼吸が乱れて体内の二酸化炭素濃度が減ることで発生します。通常は一定に保たれている体内の酸素濃度や二酸化炭素濃度ですが、濃度が減ると体全体が“アルカリ性”に。濃度の変化によって、「呼吸困難」「呼吸が早くなる」「めまいや動悸、手足のしびれやけいれん」「硬直・意識消失」などさまざまな症状の原因につながるようです。さらにその症状が新たな心的ストレスになり、負のサイクルを生み出して過換気症候群はどんどん悪化。最終的に一人では解決するのが難しくなってしまいます。

またこの症状が起こりやすいのは、思春期から20代の女性。特に「神経質な人・不安症な傾向のある人・緊張しやすい人」は要注意です。この情報に視聴者からは、「私の周りになってる人いたけど、確かに神経質だったかも…」「年齢や性別の違いも発生の原因につながるんだね」「よく過呼吸になるけど、私すぐに緊張するからそれが原因なのか…」と驚きの声が上がっていました。

■過換気症候群の対策法とは?

海が見える家のベランダに立っている女性の後ろ姿画像

原因がわかっていても、意識して防げないのが“過換気症候群”の怖いところ。実際に自分に起こった場合は、どのような対処をすればいいのでしょうか。

丸田先生曰く、何よりも重要なのが“気持ちを落ち着かせること”。心を冷静に保つため、意識的にゆっくりと呼吸をするよう心がけるのが大切です。どうしても気持ちが落ち着かずに呼吸が整わない場合は、“周りの人のサポート”も重要。自分一人で解決しようとしないで、すぐに周りの人に助けを求めましょう。もしも症状が出た人を見かけたら、腹式呼吸をするように優しく声をかけてあげてくださいね。

昔は過呼吸になると、紙袋を使った“ペーパーバック療法”を行っていましたがこれはNG。自己判断で行うと、過換気症候群じゃなかったときに窒息してしまうケースも。とても危険なため、ペーパーバック療法は行わないよう十分注意が必要です。

過換気症候群の対処法に、ネット上では「ペーパーバックが定番かと思ってたけどこんなにも危険なんて!」「もしも自分が過換気症候群になったらすぐに助けを求めよう」「ストレスを無くすのは難しいから、万が一のことを考えて覚えておかなきゃ」といった反響が続出。

対応策を覚えておくのも大事ですが、そもそも発生しないようにするのが一番。日頃悩みを抱え込んでいる人は、ストレスを溜めないように定期的に気分転換をしてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. ストレス
  2. リラックス

関連記事

  1. Healthcare昼は集中力UP、夜はリラックス。モヤモヤ不調が軽やかになるアロマ習慣#Omezaトーク

    昼は集中力UP、夜はリラックス。モヤモヤ不調が軽やかになるアロマ習慣#Omezaトーク

    3
  2. Healthcareイライラ爆発! ストレスを軽減して気持ちよくダイエットができるアロマ習慣

    イライラ爆発! ストレスを軽減して気持ちよくダイエットができるアロマ習慣

    19
  3. HealthcareGoogle社も導入した「マインドフルネス」にトライ! 悩みやイライラから解放される瞑想アプリ・Zenify

    Google社も導入した「マインドフルネス」にトライ! 悩みやイライラから解放される瞑想アプリ・Zenify

    36
  4. Healthcare物忘れの原因は認知症じゃない!? 30~50代に急増している“脳過労”の新常識

    物忘れの原因は認知症じゃない!? 30~50代に急増している“脳過労”の新常識

    21

あわせて読みたい

Pickup