FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    2

腰を痛めた女性の画像

中高年やお年寄りだけでなく、日本人の多くが悩まされている“腰痛”。ひどくなると歩くこともままならないため、できれば早めに治したいですよね。しかし腰痛の中には、“危険な腰痛”と呼ばれているものが。気づかないまま「ただの腰痛」だと思って放っておくと、最悪の事態になるかもしれませんよ。


■危険な腰痛の正体

腰の痛みに耐える女性の画像

10月23日に放送された「この差って何ですか?」(TBS系)では、危険な腰痛“椎間板ヘルニア”について特集。パークサイド広尾レディスクリニックの院長・内山明好先生が登場し、詳しい症状やセルフチェック方法を教えてくれました。

腰痛の多くは腰まわりの筋肉が凝り固まったり、傷ついてしまうのが原因。一方で椎間板ヘルニアは筋肉ではなく、神経の圧迫によって痛みが発生します。椎間板と呼ばれる腰骨の間にある軟骨が飛び出して神経を刺激し、腰痛やしびれなどの症状を引き起こす原因に。厚生労働省の発表によると、現在日本には椎間板ヘルニアの患者さんが推定180万人もいるそうです。

しかし腰痛とヘルニアを区別するのは非常に困難。そこで内山先生は椎間板ヘルニアになっていないか、チェックする方法を伝授してくれました。まずは足を肩幅くらいに広げ、かかとを上げて10秒間つま先立ちしましょう。10秒間の間にかかとが床についてしまったり、ふらついた場合は椎間板ヘルニアの可能性がアップ。すぐに病院へ行って、ヘルニアになっていないか調べてもらうことをおすすめします。簡単にできるセルフチェックに、視聴者からは「腰痛持ちだから1回チェックしてみよう」「腰痛を患ってた人に教えてあげなきゃ!」「いざというときのために覚えておきたいね」といった反響が起こっていました。

■椎間板ヘルニアを予防する「おじぎ体操」

イスの画像

セルフチェックで状況を把握するのも大事ですが、できれば椎間板ヘルニアを未然に防ぎたいですよね。続いて内山先生は、ヘルニアを予防する“おじぎ体操”を紹介してくれることに。

おじぎ体操に必要なのは、日常で使っているイスだけ。最初のステップはイスに深く腰をかけて、上半身をゆっくりと前に45度以上の位置まで倒していきます。そのあと倒したときと同じゆっくりめのスピードで起き上がりましょう。1日に10往復を3回くらい行うのが目安。毎日続けることで、腰の筋力アップにつながっていきます。

自宅でできるストレッチ法に、ネット上では「やってみたけど予想以上にハードだった!」「特別な道具を使わずにできるのはありがたいね」「このストレッチが気持ちよすぎて癖になりそう」「なんだか腰がラクになった気がする」「普段重いものとか運ぶことが多いから、ぜひ日頃から実践してみたいです!」と絶賛の声が続出。

腰が痛み始める前に、簡単に取り入れられる“おじぎ体操”を実践してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. 腰痛

関連記事

  1. Healthcareあなたの足の指は大丈夫? 腰痛やひざ痛の新たな原因“浮き指”のチェック法&簡単改善法

    あなたの足の指は大丈夫? 腰痛やひざ痛の新たな原因“浮き指”のチェック法&簡単改善法

    19
  2. Healthcareヤンキー座りで腰痛改善!? 座りっぱなしの生活で起こる「腰ねんざ」を改善する体操

    ヤンキー座りで腰痛改善!? 座りっぱなしの生活で起こる「腰ねんざ」を改善する体操

    28
  3. Healthcare鍼灸治療でガンコな腰痛が改善!? 家庭でできるツボ押しを大公開

    鍼灸治療でガンコな腰痛が改善!? 家庭でできるツボ押しを大公開

    6
  4. Healthcare腰痛・肩こりの原因は“浮き指”だった!? 8割の女性が悩まされている浮き指のメカニズム

    腰痛・肩こりの原因は“浮き指”だった!? 8割の女性が悩まされている浮き指のメカニズム

    2

あわせて読みたい

Pickup