FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    みかんの皮には“肥満改善効果アリ”!? 意外と知らない“みかんパワー”に注目

  1. Share

  2. お気に入り

    5

お風呂にフルーツが浮いている画像

日本の冬といえば、“こたつにみかん”を思い浮かべる人は多いかもしれません。甘みと酸味がおいしいフルーツですが、じつは最新の研究で“みかんの健康効果”にも注目が集まっています。どんな症状に“効果アリ”なのか、詳しく見ていきましょう。


■みかんの皮を捨てるのはもったいない!?

皮つきのみかんと剝いたみかんの画像

11月20日の「林修の今でしょ! 講座」(テレビ朝日系)では、「最新研究で判明! 日本のみかんに秘められたSPパワー」と題した企画を放送。みかんの健康効果について、旭川医科大学の太田嗣人(つぐひと)先生が教えてくれました。

まずは、普段捨ててしまうことの多い「みかんの皮」。太田先生によると「みかんの香りの元となるリモネン」は嗅ぐだけで脂肪の燃焼を促せるそうで、具体的には「お風呂にみかんの皮を入れる」「皮を干してお茶にブレンドする」といった方法がおすすめとして紹介されていました。“肥満改善に効く”と知ったタレントの伊集院光さんは、「首にみかんの皮をかけとこうかな!」と興奮したようす。

またこれからの季節は“冷え性”に悩まされる人も多いですが、太田先生は「みかんのスジに含まれる『ヘスペリジン』は毛細血管の壁を強くする」「毛細血管が強くなれば血流がよくなり、冷え性の改善が期待できる」と解説してくれました。さらに「ヘスペリジン」は免疫力を上げるため、風邪予防にも効果があるのだとか。

みかんの“皮”や“スジ”の健康効果に驚いた人は多く、「実(み)じゃない部分にそんなメリットがあったなんて!」「お風呂にみかんを入れるとやせられるなんてびっくり」「冷え性にみかんがいいって意外だな」といった声が続出していました。

■みかんを選ぶポイントは?

オレンジを選んでいる女性の画像

番組では他にも「甘いみかんは血管を老けさせない」という“みかんパワー”が紹介されました。伊集院さんが「見ただけでこれが甘いってわかる方法はありませんか?」と質問をしたところ、太田先生は「簡単に見分ける方法がある」とコメント。

甘いみかんを見分けるポイントは、ヘタの中心にある“軸の太さ”。みかんが水分を枝から受け取るときに経由するのがこの“軸”で、軸が太すぎると運ばれる水分が多くなり糖度が落ちてしまいます。また、みかんは水分が少なくなると“糖を作る”習性も。この2点から、なるべく“軸が小さいみかん”“水分の少ないしわしわのみかん”を選ぶようにしましょう。

さらに“みかんを食べるタイミング”について、太田先生は「食後がいい」と明言しています。みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」は血管の“酸化”を防ぐ成分で、食事の脂と一緒にとると体への吸収率がアップ。林修先生はこれを聞き、「デザートとして食べてきた今までの習慣は間違ってなかった」と納得の表情を浮かべます。

早速“甘いみかん選び”を実践した人からは、「ヘタの軸が細いみかん買ってみたら、めちゃくちゃ甘かった」「今まで避けてたけど、しわしわのみかんっておいしいじゃん!」といった声がチラホラ。

健康のためにも、“食後のみかん”を習慣にするといいかもしれませんね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5
  1. 香り

関連記事

  1. Healthcare香りをじょうずに使ってダイエット&ストレス解消、安眠も! 目的別アロマ活用法

    香りをじょうずに使ってダイエット&ストレス解消、安眠も! 目的別アロマ活用法

    28
  2. Healthcareイライラ爆発! ストレスを軽減して気持ちよくダイエットができるアロマ習慣

    イライラ爆発! ストレスを軽減して気持ちよくダイエットができるアロマ習慣

    34
  3. Healthcareフリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?

    フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?

    13
  4. Healthcareつらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

    つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

    3

あわせて読みたい

Pickup