FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    肩こり予防には豚肉×赤パプリカが効果的!? 医者&管理栄養士がおすすめする最強の食べ合わせ

  1. Share

  2. お気に入り

    4

料理をする女性の画像

食材にはお互いの栄養を高め合う“いい食べ合わせ”と、栄養を台無しにしてしまう“悪い食べ合わせ”があります。しかし普段生活している中では、あまり気にしていない人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、さまざまな病気や体の不調を防ぐ最強の食べ合わせ方法を紹介していきましょう。


■動脈硬化を防ぐにはブロッコリーが効果的!?

ブロッコリーの画像

11月24日に放送された「ジョブチューン」(TBS系)では、食材の“食べ合わせ”について特集。各分野の医師&栄養士が選んだ“最強の食べ合わせ”が紹介されました。

まずは、“動脈硬化”を予防する食べ合わせをピックアップしていきます。「東京女子医科大学」の心臓血管外科医・新浪博士先生によると、動脈硬化を防ぐ効果があるのは“ブロッコリー”。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンと呼ばれる成分が、動脈硬化の原因となる“悪玉コレステロール”がたまるのを防いでくれるそう。

ここでスルフォラファンがたっぷり摂取できる食べ合わせとして、管理栄養士の渥美真由美さんが「ブロッコリーの大根おろし和え」を伝授してくれました。用意するのはブロッコリー1個、大根おろし大さじ3杯、ポン酢大さじ2杯のみ。まずは、ブロッコリーを600Wの電子レンジで1分30秒間加熱していきましょう。熱を通したブロッコリーに、大根おろしとポン酢をかけて和えれば完成です。スルフォラファンを生み出す大根の成分は熱に弱いので、加熱せずに生で食べるのがポイント。

実際にスタジオでも試食したところ、「さっぱりしてる」「ブロッコリーのえぐみがなくなるね」と好評の声が上がっていました。

■豚肉×パプリカで肩こり予防ができる!

豚肉の画像

続いて紹介されたのは、肩こり改善に効果がある「豚肉×赤パプリカ」のレシピ。「同愛記念病院」の整形外科医・中川照彦先生は、豚肉に含まれるナイアシンには血流の流れをなめらかにする効果があるといいます。一方の赤パプリカにも血流をよくするビタミンEがたっぷり。一緒に食べることで、“冷え”からくる肩こりの改善が期待できます。

そこで渥美さんが教えてくれたのは、「豚肉と赤パプリカの中華風はるさめ炒め」。最初に、豚ロースと赤パプリカをごま油で炒めていきます。火が十分に通ったら、鶏がらスープとはるさめを投入して軽く加熱。続けて、オイスターソース・みりん・しょうが汁を加えてなじませていきましょう。最後に塩こしょうで味を整えたら、お皿に盛りつけて完成。

放送終了後、視聴者からは反響が続出しており「食生活で動脈硬化が予防できるとは思わなかった!」「ブロッコリー×大根の組み合わせは、家でもよくやっていたからこれからも続けていきます」「ブロッコリーのレシピはおじいちゃんおばあちゃんにおすすめしたい食べ方だね」といったコメントが相次ぎました。

日頃何気なく食べている食事を見直して、健康的な体づくりを心がけてみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. 肩こり
  2. 食べ合わせ

関連記事

  1. Healthcare首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    37
  2. Healthcareわかめとネギは相性が悪かった!? 栄養をムダにしている食材の組み合わせ

    わかめとネギは相性が悪かった!? 栄養をムダにしている食材の組み合わせ

    17
  3. Healthcare管理栄養士が教える女性の敵「冷え、便秘、むくみ」に効く最強の食べ合わせ食

    管理栄養士が教える女性の敵「冷え、便秘、むくみ」に効く最強の食べ合わせ食

    62
  4. Diet太りにくい食べ合わせで飲み会を乗り切る! おすすみつまみ5選 <居酒屋編>

    太りにくい食べ合わせで飲み会を乗り切る! おすすみつまみ5選 <居酒屋編>

    64

あわせて読みたい

Pickup