FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    飲むだけで快便&美肌に♪ 腸を活発にする「こうじ水」の作り方

  1. Share

  2. お気に入り

    20

トイレの前でお腹を押さえる女性の画像

便秘になりやすい人は、腸の働きが原因になっていることがほとんど。腸の活動が鈍ってしまうと、老廃物が溜まって排出が追いつかなくなってしまいます。今回はそんな腸の働きを改善するための、「こうじ水」についてご紹介しましょう。


■米こうじだけで作る「こうじ水」

升に入った米こうじの画像

12月3日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)に、便秘の改善に効果的な「こうじ水」が登場。内科医の大竹真一郎先生が、飲むだけで腸内環境を改善するこうじのパワーをおすすめしてくれました。

大竹先生が取り出したのは、白っぽく濁った水。この水はみそや日本酒の原材料である米こうじから作られたもので、老舗こうじ店の女将も愛飲する昔ながらの知恵が詰まった水です。原材料が甘酒と全く同じなので、味もほんのり甘酒風。米こうじは都内のスーパーでも手に入るため、家庭でも簡単に「こうじ水」が作れますよ。

市販されている米こうじは板状のものと粒状のものがありますが、今回はどちらを使ってもOK。お茶用のパックに適量を入れて、水に8時間つけておけば完成です。米こうじには糖分やたんぱく質、脂肪を分解する酵素がたっぷり含まれており、定期的に摂取することで臓器の負担が減少。消化・吸収がスムーズに行われ、活発な腸が作られるのです。

■こうじ水生活&アレンジレシピ

器に盛られた4種類の漬物の画像

番組では長年便秘に悩まされている麻木久仁子さんが、2週間のこうじ水生活に挑戦。合計500mlのこうじ水を、朝昼晩の1日3回に分けて飲み続けます。飲み始めて3日目から効果が出始め、5日目からは連続でお通じが。麻木さんはこうじ水を飲むだけでなく、「食べるこうじ水」として料理にも取り入れ始めました。

大根、柿、にんにく、しょうが、塩を密封袋に入れたら、こうじ水を入れて1日放置。野菜がたっぷり水を吸い込んだ「こうじ水キムチ」のでき上がりです。たった1日の漬け時間でも野菜の旨みがたっぷり引き出され、にんにくのきいた味はおかずにぴったり。アレンジしやすいので、毎日続けるための工夫ができるのもうれしいポイントです。

麻木さんのお通じはこうじ水生活を続けるほど改善され、便の状態も健康的。実践している人からも、「飲み始めてすぐに効果が出た」「お腹のハリも改善されるし続けるのが楽!」「こんなに溜まってたのか! って自分でも驚きの結果」と絶賛の声が続出しています。

腸に溜まったものが排出されることで、老廃物の代謝が促され美肌になるといううれしいおまけ効果も。腸の健康を整えて、毎日のお通じを快適にしたいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20
  1. 発酵食品

関連記事

  1. Healthcare胃腸のためのトレーニングで美しい腹筋に!? 中条あやみさんの美容と健康の秘訣

    胃腸のためのトレーニングで美しい腹筋に!? 中条あやみさんの美容と健康の秘訣

    12
  2. Healthcare甘酒や納豆…「ストレス解消」や「疲労回復」に発酵食品がいい理由

    甘酒や納豆…「ストレス解消」や「疲労回復」に発酵食品がいい理由

    22
  3. Healthcareコストコの定番人気!甘酸っぱいザクロの発酵酢「美酢(みちょ)」はどんな味?

    コストコの定番人気!甘酸っぱいザクロの発酵酢「美酢(みちょ)」はどんな味?

    40
  4. Healthcare40㎏の大量やせを維持するダイエットの秘密は「腸活」にあり!

    40㎏の大量やせを維持するダイエットの秘密は「腸活」にあり!

    70

あわせて読みたい

Pickup