FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    目覚めの悪さや足のむくみは肝臓が原因かも!? 肝機能を健康にする3つの食材

  1. Share

  2. お気に入り

    25

眠い女性の画像

冬の朝はなかなか布団から出られない時間が増えますが、もしかしたらそれは寒さではなくて肝臓のせいかも。じつは肝臓が正しく機能しないと、疲れやだるさといった体の不調につながってしまうのです。今回は、肝臓を元気にする食生活をご紹介しましょう。


■お酒を飲まない人も肝臓に要注意!?

スライスされたチーズの画像

12月12日放送の「ソレダメ!」(テレビ東京系)では、“眠らない臓器”と言われる肝臓について特集。肝機能障害が原因で起きる症状や不調を改善する対処法を、消化器に詳しい中島淳先生が教えてくれました。

肝臓は脳に必要なブドウ糖を貯蔵し、24時間体制で脳に供給する働きを持つ臓器。肝機能が低下すると疲れやすい体質になってしまい、朝の目覚めが悪かったり足がむくみやすいといった症状が現れます。肝機能障害はお酒をよく飲む男性に多い病気だと思われがちですが、女性も油断大敵。ムリなダイエットやお菓子、フルーツの食べ過ぎで糖質が過剰になると、肝臓に大きな負担をかけてしまうのです。

朝の目覚めをよくするためには、エネルギー不足を解消するチーズがおすすめ。肝臓は体が寝ている間も休まず活動しているため、エネルギーが足りないと寝ている間に脳のブドウ糖が不足して覚醒が鈍ってしまいます。朝食にチーズを食べれば、チーズに含まれるオルニチンが疲労物質であるアンモニアを解毒。肝臓の働きが活発になり、ブドウ糖の供給量もアップします。食べる量は、毎朝スライスチーズ1枚。トーストに乗せたり刻んでサラダに混ぜたりと、さまざまな調理法で食べられる量です。

ちなみに朝オルニチンを摂取すると、肝臓は朝だけでなく昼や夜の食事でもエネルギーの吸収率がアップ。解毒作用が高まった状態が1日持続するので、肝臓が疲れ気味の人にぴったりの習慣ですよ。

■むくみと疲れに効く食材

鶏肉とブロッコリーの画像

続いては、手足がむくむ原因と対処法について。むくみの原因は血管から排出される水分なのですが、肝臓から血液に乗ってアルブミンという成分が送られれば水分は再び血管に取り込まれます。しかし肝臓が疲れていると、アルブミンが生成されず水分が血管の外側に蓄積。むくみは時間が経つにつれて悪化し、パンパンに張ってしまうのです。

むくみ予防になる食材は、アルブミンを作り出すために必要な栄養素・たんぱく質が豊富な鶏むね肉。たんぱく質は体の中に蓄えられないので、毎日補う必要があります。鶏むね肉はたんぱく質の含有量が肉の中で最も多く、食べる量は1日たった50gでOK。できるだけ3食に分けて摂取しましょう。

さらに肝臓に溜まってしまった中性脂肪を減らすためには、冬野菜のブロッコリーが効果的。ブロッコリーに含まれるビタミンCは、脂肪を燃やすL-カルニチンと呼ばれる成分を生み出してくれます。ビタミンCは水溶性なので、茹でずにレンジで温めるのが理想の調理方法。中性脂肪を減らすことで、疲れやすい体を改善することができますよ。

肝機能が原因となるさまざまな症状には、視聴者から「寝起きもむくみも心当たりがありすぎる」「肝臓が悪いなんて思いもしなかった!」「お酒飲まないから絶対健康だと思ってたのに…」と驚きの声が続出。

不眠不休で働く肝臓を労わって、朝から晩まで元気な1日を過ごしたいですね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25
  1. 疲労回復

関連記事

  1. Healthcare長時間のPC作業は要注意! 医師が解説。眼や体、心に支障をきたすVDT症候群”とは?

    長時間のPC作業は要注意! 医師が解説。眼や体、心に支障をきたすVDT症候群”とは?

    15
  2. Healthcare「慢性疲労、どうしたらいい?」理学療法士が教える、疲れをうまくとる方法

    「慢性疲労、どうしたらいい?」理学療法士が教える、疲れをうまくとる方法

    32
  3. Healthcareツラい疲れを簡単にとるには?疲労回復サプリの効果的な選び方

    ツラい疲れを簡単にとるには?疲労回復サプリの効果的な選び方

    29
  4. Healthcareアボカドで肌荒れ対策!夏で疲れた全身美容におすすめな食材

    アボカドで肌荒れ対策!夏で疲れた全身美容におすすめな食材

    74

あわせて読みたい

Pickup