FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    眠りが浅いのは“呼吸”が原因!? 睡眠改善インストラクターが教える快適な睡眠

  1. Share

  2. お気に入り

    20

パジャマでくつろぐ女性の画像

年を取るにつれて寝つきが悪くなったり、必要以上に早く目覚めてしまうと感じたことはありませんか? 睡眠時間が短いのは年齢のせいだと思われがちですが、じつは加齢とは別のところに理由が。今回は、眠りが浅くなる原因と対処法についてご紹介します。


■浅い眠りは「睡眠時無呼吸症候群」が原因?

ベッドの上で横になっている女性と目覚まし時計の画像

12月11日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系)では、充分な睡眠をとるために知っておきたい知識を特集。医学博士の田中俊一先生が、夜中に目が覚めたり眠りが浅い気がするという悩みに答えていきました。

最も理想的な睡眠は、朝まで1度も目が覚めずにぐっすり眠れる状態。ところが年齢を重ねるごとに睡眠が浅くなり、夜中に何度も目が覚めるという人も多いようです。しかし高齢だから眠りが浅くなるという話は、根拠のない都市伝説のようなもの。健康な体であれば、睡眠時間は自然と長くなっていきます。

夜中に目が覚めてしまう原因のひとつは、「睡眠時無呼吸症候群」という病気。肥満体系の人や中高年に多い病気で、寝ている間に気道がふさがり呼吸が上手くできなくなるのが主な症状です。睡眠時無呼吸症候群にかかっている人は日本人のおよそ4割。3割の人は軽症、残り1割の人は重症状態にあります。自覚症状がほとんどない病気としても有名ですが、呼吸が止まって目が覚めてしまう人も多くいるようです。

ここ数年でかなり名前が知られるようになった病気ではあるものの、視聴者からは「どんな病気か全然知らなかった」「自覚がないって怖すぎない?」「自分も当てはまる気がする…」と驚きの声が。眠りが浅いだけでなく、いびきや寝相がひどい人も予備軍の恐れがあります。

■気持ちよく眠るための環境づくり

抱き枕を抱えている女性の画像

睡眠時無呼吸症候群になってしまうと、空気を取り込むはずの肺が小さくなって代わりに血液が流れ込みます。すると脳が血液の量を勘違いし、過剰な血液を尿に変えて排出しろと命令。寝ている間に尿がたくさん作られ、尿意で頻繁に目を覚ますように。呼吸を改善するためには、気道を確保しやすい横向きの姿勢で寝るといいでしょう。

さらに快適な睡眠を追求するため、番組には睡眠改善インストラクターの安達直美さんが登場。呼吸はもちろん、部屋の環境や照明などあらゆる面から睡眠を上質にするテクニックを伝授してくれました。寝るときに横向きの姿勢をキープしづらいときは、抱き枕を使って横向き姿勢を固定する寝方がおすすめ。抱き枕を足に挟むときは、上側の足を下側の足より前に出すと体の負担を減らせます。

寝るときの照明は、電気を完全に消した真っ暗な状態がベスト。人の体は光を浴びることで体内時計が調節されるので、明るい部屋で寝ると寝つきが悪くなってしまうのです。何も見えない状態が不安なときは、小さな間接照明を光源が目に入りにくい足元などに置くと睡眠が妨げられません。

気をつけるべきなのは視界に入る光のみで、音楽やアロマなど他の感覚に刺激を与えるのは問題ないよう。人によってリラックスできる環境は異なるので、さまざまなリラックスグッズを試してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20
  1. 呼吸法

関連記事

  1. Healthcareしっかり眠れば脂肪がどんどん燃える!寝るだけダイエット7つのルール

    しっかり眠れば脂肪がどんどん燃える!寝るだけダイエット7つのルール

    163
  2. Healthcare呼吸のペースが目で分かる!?リラックス効果のある呼吸法を視覚化するアプリ「Breathe+」

    呼吸のペースが目で分かる!?リラックス効果のある呼吸法を視覚化するアプリ「Breathe+」

    85
  3. Healthcare新生活のストレスが“春バテ”を招く!? 春バテ対策に効果的なリラックス方法

    新生活のストレスが“春バテ”を招く!? 春バテ対策に効果的なリラックス方法

    50
  4. Healthcare「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    「もう口で息できないじゃん…」 体を健康にするには「鼻呼吸」がベスト!?

    27

あわせて読みたい

Pickup