FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    “ガム”はウイルス予防に有効的!? 今すぐできる戦略的な風邪&インフルエンザ対策

  1. Share

  2. お気に入り

    18

風船ガムを膨らませている女性の画像

人は一生のうちに、200回ほど“風邪”を引くそうです。しかし大人になると、風邪を引いても簡単に休めないのが現状ですよね。そこで今回は、今すぐできる予防対策を徹底レクチャー。仕事や家事が忙しくておちおち風邪も引いていられないという人はぜひチェックしてみて下さいね。


■外から帰って直ぐの“うがい”にはご用心!?

水が入ったコップを持って口をゆすいでいる女性の画像

12月29日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)では、医師・医学博士の裴英洙先生が登場。戦略的に風邪&インフルエンザを予防する具体策を教えてくれました。

まずは正しい“うがい”のやり方をご紹介。外から帰ってきたあとの口内には、多くのウイルスが潜んでいる恐れが。その状態でうがいをすると、かえってウイルスを喉の奥へ押し込んでしまう危険性があります。

そこでうがいをする前に1度口の中をゆすぎ、口内のウイルスを減らすことがポイントに。さらにうがいの際には、“声を出すこと”も意識してみましょう。「声が震えている=口蓋垂まで届いている証拠」なので、喉の奥までしっかりとうがいできますよ。

普段から“顔を触る癖”がある人も要注意。目・鼻・口には粘膜があるため、手についた風邪やインフルエンザによって感染リスクがグンと高まります。実際に番組では“人は普段、どれくらい顔を触っているのか”を調べるため、くりぃむしちゅー・有田哲平さんを観察してみました。すると鼻を触る癖のある有田さんは、合計73回も顔を触っていたことが判明。これには有田さん自身も「えー!?」と驚きを隠しきれない様子でした。

■風邪予防には“ガム”が有効的!?

ガムの画像

“喉”は知らないうちにウイルスを吸い込んでしまうもの。そのため喉が乾燥していると、その分ウイルスに感染しやすくなります。つまり風邪対策には水分補給が欠かせないのですが、裴先生の話によると“ガムをかむこと”も喉をうるおす有効的な方法なのだそう。

「ガムをかむ=喉をうるおす」の最大のポイントは“唾液”。ガムをかむと口内に唾液が発生し、口腔内の乾燥を防いでくれます。さらに唾液には“殺菌成分”が含まれているので、ウイルスの侵入をブロックするという相乗効果が。

その他にも番組では「“入浴”は風邪を治すのにいい」「高齢者のほうが風邪を引きにくい」「風邪を引いたら“ビタミンC”をとるのがいいという説は“嘘”」など、風邪にまつわるさまざまな新情報が紹介されました。

番組終了後のネット上でも、「風邪予防にガムがいいとは驚き」「よかれと思ってとってた行動が、何の効果もなかったと知ってショック!」「まずは普段のうがいのやり方から変えてみようかな」といった声が相次いでいます。
ただし入浴に関しては、熱が37度5分以上ある人、急激な温度差に弱い子どもや高齢者はNGなので要注意。

まだまだ風邪やインフルエンザ対策に気が抜けない時期なので、まずは自分ができそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    18
  1. 体調管理

関連記事

  1. Healthcareインフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    インフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    12
  2. Healthcare予防の秘訣は“ビタミンD”。インフルエンザの正しい知識!

    予防の秘訣は“ビタミンD”。インフルエンザの正しい知識!

    12
  3. Healthcare大流行中の今だから知りたい。インフルエンザ対策、医師が教えるホントのところ。仕事は何日休む? マスクやうがいの効果は?

    大流行中の今だから知りたい。インフルエンザ対策、医師が教えるホントのところ。仕事は何日休む? マスクやうがいの効果は?

    13
  4. Healthcareノロウイルスにアルコール消毒は効かない!? インフル&ノロウイルスを撃退する方法

    ノロウイルスにアルコール消毒は効かない!? インフル&ノロウイルスを撃退する方法

    14

あわせて読みたい

Pickup