FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    5つのツボで健康体に! 医師が教える眼精疲労や肩こりの解消法

  1. Share

  2. お気に入り

    13

目の疲れを訴える女性の画像

冬になると体の芯から冷え込んで、さまざまな不調を引き起こします。中でも“目”の疲れを訴える人は多いようで、ネット上でも「目が乾燥しやすい季節だからかもしれないけど、疲れ目になりがち」「ちょっとパソコンやスマホを見ると、途端に目が重たく感じてしまう…」「目が疲れているせいか、肩まで痛いときがあります」「私は目と腰が途端に疲れやすくなる」といったお悩みの声が。そこで今回は、眼精疲労や肩こりに効果的な“ツボ”をご紹介しましょう。自宅で簡単にできる“ツボ”押しを実践して、健康的な体を目指してみては?


■眼精疲労や肩こりに効果的なツボ

ツボ押しの画像

1月8日放送の「林修の今でしょ! 講座」(テレビ朝日系)では、東洋医学に基づいた“ツボ”を特集。東京有明医療大学鍼灸学科教授・川嶋朗先生が登場し、目の疲れや肩こりに効果がある“ツボ”の場所を教えてくれました。

まず紹介されたのは、目の疲れやドライアイに効く“攅竹(さんちく)”というツボ。場所は眉頭の下にある2か所のくぼみです。くぼみを両手の親指で、頭蓋骨を上に押し込むように10秒間ほど押しましょう。目の疲労以外に頭痛にも効果的だと言われています。

目の疲れを感じている人は、肩こりにも悩まされているはず。そこで川嶋先生は、肩こりにおすすめなツボ“合谷(ごうこく)”の場所と押し方を伝授してくれました。場所は親指と人差し指の根本にあるくぼんだ部分。人差し指を使ってグリグリと30回ほど押し込んでください。左右どちらの手でも構いませんが、痛いほうを押すとより効果的です。このツボは肩こりだけでなく、「下痢・便秘・不眠・ストレス」などにも効力を発揮。

実際にツボを押してみた視聴者は、「イタ気持ちいいけど、ちょっとやっただけで目や肩がラクになった!」「試しに攅竹を押してみたらめちゃくちゃ気持ちよくて病みつきになりそう。しかも目元もスッキリした印象になって最高ですね」と効き目を実感しています。

■頭痛・腰痛・冷え性におすすめのツボをご紹介!

頭が痛い女性の画像

さらに川嶋先生は、冬場に不調が出やすい「頭痛・腰痛・冷え性」のツボも紹介。頭痛のツボは、“風池(ふうち)”という首の後ろにあるくぼみです。場所はちょうど首筋と頭蓋骨が接する部分。両手で頭を包み込むように持ち、3秒から5秒間かけて親指でぐっと押し込みましょう。3回から5回ほど繰り返し行うのがポイント。ちなみに片頭痛の場合は、薬指の第二関節の外側にある“片頭点(へんとうてん)”を強めに押すと痛みを和らげる効果がアップします。

腰痛持ちの人には、手の甲の「薬指と小指」「人差し指と中指」をたどった延長線上にある2点のくぼみ“腰腿点(ようたいてん)”がおすすめ。親指で“痛い”と感じるくらいの強い力で、1分から2分ほど交互に押してください。

冷え性にお悩みの人は、三陰交(さんいんこう)というツボを押してみましょう。場所は内くるぶしの頂点に小指を当てて、ちょうど人差し指の部分。お風呂に入ったあとに、10回押すと冷え性改善に繋がりますよ。

自分がなりやすい症状のツボをメモして、いざというときに備えてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13
  1. ツボ
  2. 疲れ目
  3. 肩こり

関連記事

  1. Healthcare首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    49
  2. Healthcareマッサージより簡単! 肩こりに効く「ウォームインプット」って!?

    マッサージより簡単! 肩こりに効く「ウォームインプット」って!?

    33
  3. Healthcareショボショボ疲れ目をパッチリ目に!今すぐできる緊急アイケア

    ショボショボ疲れ目をパッチリ目に!今すぐできる緊急アイケア

    17
  4. Healthcare5分で「頭痛や肩こり」不調が改善する「足指ひらきマッサージ」

    5分で「頭痛や肩こり」不調が改善する「足指ひらきマッサージ」

    67

あわせて読みたい

Pickup