FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    14

1秒口開けメソッド

食いしばりと聞くと上下の歯に力を入れてギューッとかみしめる様子をイメージするかもしれません。でも、それだけではありません。口の中を意識したとき、上下の歯がくっついているなら、それは食いしばりグセがある証拠。アゴの筋肉や咬筋に負担をかけてデカ顔の原因になっているかもしれないのです。そこで、食いしばりグセを解消して小顔になるためのメソッドを歯科医の関有美子さんに聞きました。


デカ顔も肩こりも片頭痛もすべて“食いしばり”のせい!?

まず、口を閉じた正しい状態とは、唇は閉じていても歯と歯の間に1~3mm程度の隙間があり、舌が上あごに軽く添えられている状態のこと。上下の歯が当たっていたり、舌を歯に押し当てたりしているなら、歯科医の間で「TCH(歯列接触癖)」と呼ばれる“食いしばりクセがある人”ということになります。

自覚症状がなくても、かみしめが原因で歯の表面がすり減っていたり、下あごの内側に骨のコブのようなものがあったり、知覚過敏の歯が多かったり、頬の筋肉が張っているような感覚がある人は、食いしばりグセがあると自覚しましょう。

本来、上下の歯が触れるのは、話しているときや食事をしているときなど、1日の中でわずか20分程度が目安。それ以上、歯が接触しているということは、口の中が必要以上に筋トレしされているということ。筋肉が発達・緊張して、エラ張り、顔のむくみを引き起こして顔を大きく見せている可能性が高いのです。

さらに、食いしばりがひどくなっていくと骨格がゆがんだり、歯並びが悪くなったりするだけでなく、顎関節症、肩・首こり、片頭痛の原因になる可能性もあります。健康面でも美容面でも放っておくわけにはいきません!

たった1秒の「口開けメソッド」でフェイスラインが変わる

「TCH」がある場合、これまでの歯科では歯や歯茎を守るためにマウスピースを作る治療やボトックス注射で筋肉の緊張をほぐす治療を行うのが一般的でしたが、これらはあくまで対処療法。根本原因である「TCH」を改善しなければ、食いしばりは治りません。

そこで、現在、歯科医の間で最も効果が期待されている治療法が1~2時間に一度、口を開けて筋肉のストレッチを行う認知行動療法。そこに、美容効果・小顔効果をフォーカスしてアレンジしたのが、今回紹介する「1秒口開けメソッド」です。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    14
  1. 小顔

関連記事

  1. Beauty小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    37
  2. Healthcare不眠もむくみも解消!? カンタン食いしばりグセ解消トレーニング

    不眠もむくみも解消!? カンタン食いしばりグセ解消トレーニング

    9
  3. Healthcare1か月後の小顔を目指して!舌を使ったトレーニング

    1か月後の小顔を目指して!舌を使ったトレーニング

    8
  4. Healthcare小顔の人は要注意!? いびきをかいてしまう人の3つの原因&自宅でできるお手軽対策方法

    小顔の人は要注意!? いびきをかいてしまう人の3つの原因&自宅でできるお手軽対策方法

    81

あわせて読みたい

Pickup