FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    3つのみそをブレンド!疲労回復・美肌に効果的なおすすめレシピ

  1. Share

  2. お気に入り

    8

みその画像

毎日の食事において、意識的に“みそ汁”を食べるという人は少なくありません。近年では動脈硬化の予防やがんリスク軽減など、科学的にもみそ汁の健康パワーが明らかになってきました。とはいえ使用するみその種類が違うと、得られる健康効果もさまざまです。一般的なものは「米・麦・豆」から作られているので、普段どのみそを使っているのかも確認しておきたいところ。みそと具材を上手に組み合わせることができれば、望んだ効果が得られるかもしれませんよ。そこで今回は、“体のお悩み別みそ汁”の作り方についてご紹介していきましょう。


■美肌効果を発揮する画期的な具材の組み合わせ!

みそ汁の画像

2月3日に放送された「健康カプセル! ゲンキの時間」(TBS系)では、みそ汁に隠された秘密を徹底リサーチ。おいしくて健康にいい、斬新なみそ汁の組み合わせを教えてくれました。

共立女子大学の医学博士・上原誉志夫先生によれば、麦みそは「血糖値を下げる」、米みそは「塩分を排出する」、豆みそは「細胞の新陳代謝を助ける」という効果が期待できるそう。また番組では、3つのみそを合わせた“ゲンキみそ”のレシピを紹介しています。作り方は、麦みそ・米みそ・豆みそを1:1:1の割合で合わせるだけ。それぞれの健康効果を得られるのはもちろん、うまみ成分もアップします。

早速ゲンキみそを使い、管理栄養士の柴田真希さんがおすすめする“体の悩み別みそ汁”の作り方を見ていきましょう。まずは美肌効果抜群の「なんちゃってチーズケーキ風みそ汁(冷製)」から。

材料は「ゲンキみそ・大さじ1杯、酒粕・60g、豆乳・300cc、レモン汁・大さじ3杯、砂糖・お好みの量」。トッピングには、ビタミンCが豊富なイチゴなどがおすすめです。やわらかくした酒粕と材料を混ぜ合わせて、少しずつ豆乳を加えていけばできあがり。

ちなみに酒粕はビタミンB2やたんぱく質など肌の生成に必要な成分が含まれ、豆乳には女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富です。

■カレー風みそ汁で疲労を回復!

スッキリした様子を見せる女性の画像

お次は疲労回復に効く「カレー風みそ汁」の作り方。材料は「ゲンキみそ・大さじ1杯、豚肉・80g、にんにく(すりおろし)・小さじ1杯、カレー粉・小さじ2杯、ごま油・大さじ1/2、出汁(昆布+鰹節)・300cc、長ネギなどお好みの野菜」となります。こちらは普通にみそ汁を作る要領で材料を混ぜ合わせればOK。

豚肉に含まれるビタミンB1には疲労回復効果があり、にんにくの“アリシン”が吸収を促進してくれます。またカレー粉には新陳代謝を上げ、疲労回復を早めてくれる働きも。

視聴者からは、「チーズケーキ風もカレー風もみそ汁には見えない(笑)」「美肌効果のあるチーズケーキ風みそ汁は外せないね。今度作ってみます」「カレー風みそ汁は豚汁みたいな見た目で最高においしそう…。今度の休日のメニューが決まりました」と反響の声が上がっていました。

みそ汁の作り方にこだわれば、さまざまな体の悩みを解決できるかもしれません。みそ汁を作る際には、ぜひ参考にしてみてください。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    8
  1. みそ汁
  2. 美肌

関連記事

  1. Healthcare4つの食材を混ぜるだけ!? 医者が考案したスペシャルみそのレシピとおいしい食べ方

    4つの食材を混ぜるだけ!? 医者が考案したスペシャルみそのレシピとおいしい食べ方

    34
  2. Dietみそ汁を先に食べるとやせやすくなる!? ダイエット&美肌効果のある食事の順番

    みそ汁を先に食べるとやせやすくなる!? ダイエット&美肌効果のある食事の順番

    114
  3. Healthcare飲む美容液「みそ汁」に注目!女優さんが毎日飲んでいる、美肌になるみそ汁レシピ

    飲む美容液「みそ汁」に注目!女優さんが毎日飲んでいる、美肌になるみそ汁レシピ

    17
  4. Healthcareおからパウダー×みそ汁は最強コンビ!TVで話題の食事法で美肌をGET♪ #Omezaトーク

    おからパウダー×みそ汁は最強コンビ!TVで話題の食事法で美肌をGET♪ #Omezaトーク

    32

あわせて読みたい

Pickup