FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    36

舌をまるめるトレーニング

無意識のうちに行っている食いしばり。解消して小顔に導く「1秒口開けメソッド」はすでに紹介しましたが、プラスして行うことでさらに小顔へ近づけるのが、今回紹介する舌を使った3つのトレーニングです。ポイントは、一度にムリするのではなく、できることを毎日続けること。ひとつでもいいのでコツコツ続けてみましょう。

監修
関 有美子

歯みがきのときに鏡を見ながら行おう

舌を使ったトレーニングに効果があるのは、ふだんの生活では使わない舌骨筋(ぜっこつきん)を動かすからですが、筋肉は、意識しながら動かすことで効果に差が出ます。そのため、トレーニングを行うなら鏡を見ながら、こう動かしたら筋肉はこう動くというのを理解しながら行いましょう。
ほとんどの人が顔の筋肉や動きに左右差があります。トレーニングするときは、なるべく差が出ないように左右対称を意識して動かすことも効果に差をつけますよ。

鏡がある場所で行うので、ムリなく行えるタイミングは歯みがきのとき。朝と夜でも、朝昼夜でもいいので毎日行いましょう。

また、舌トレーニングは、唾液の分泌も促しますが、唾液に含まれるパロチンという成分には、美白効果やアンチエイジング効果があるといわれています。舌トレーニングは、小顔だけでなく美肌効果にも期待できそうです。口臭予防にもなりますよ。

【トレーニング1】基本の舌トレーニング

のどの奥にあり、舌を支える骨まわりにある筋肉が「舌骨筋」。動かすことで、あごのたるみを防止してシャープなフェイスラインを目指すことができます。

<トレーニング方法>

口は“ら”を発音する形にする

<1>
口は“ら”を発音する形にする
鏡の前に立ち、左右の口角を上げた笑顔を作り、舌は前歯の裏側へつけます。「ら」を発音するときの口の形です。

そのまま下あごを上下に動かす

<2>
そのまま下あごを上下に動かす
舌を上の前歯につけたまま、下あごを上下に動かします。左右の口角が下がったり、上あごが動いたりしないよう注意しながら、5回上下に動かしましょう。

【トレーニング2】舌をぐるぐる回すトレーニング

口の中で舌を大きく動かすトレーニング。こちらも舌骨筋肉が鍛えられます。頬や口まわりを動かすので、ほうれい線予防などにも効果がありそうです。

<トレーニング方法>

上の前歯を舌でなぞる

<1>
上の前歯を舌でなぞる
口を軽く閉じて、上の犬歯に歯の外側から舌を当てます。そのまま歯茎と歯の表面をなぞりながら反対側の犬歯まで移動します。

上から下へぐるっと移動

<2>
上から下へぐるっと移動
<1>で移動した上の犬歯から、下の奥歯に舌を移動させます。歯の外側に舌を当て、歯と歯茎を舌で押しながら、前から3番目の歯まで舌を移動させます。<1>、<2>の動きを左右とも5回ずつ行いましょう。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    36
  1. 小顔

関連記事

  1. Beauty小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    小顔に見える髪型には法則があった!「前髪」「カラー」の正解は?

    44
  2. Healthcare不眠もむくみも解消!? カンタン食いしばりグセ解消トレーニング

    不眠もむくみも解消!? カンタン食いしばりグセ解消トレーニング

    38
  3. Healthcare7割以上の人がクセになってる!?食いしばりを解消して小顔に変身

    7割以上の人がクセになってる!?食いしばりを解消して小顔に変身

    39
  4. Healthcare知らないと恐ろしい!小顔の大敵「首コリ」撃退マッサージ法

    知らないと恐ろしい!小顔の大敵「首コリ」撃退マッサージ法

    94

あわせて読みたい

Pickup