FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    風邪予防・老化防止・美肌効果”に最適♡ いちごの健康メリット

  1. Share

  2. お気に入り

    4

いちごの画像

体調を崩しやすい“季節の変わり目”。最近は気温の寒暖差が激しいため、体調管理がより難しくなっています。ネット上では、「気温の寒暖差が激しいからすぐ体調が悪くなる」「予防してたのに風邪を引いてしまった」「気温差のせいで調子が出ない。体調管理って大変だな…」「季節の変わり目を無事に乗り越えたい」といった声が続出。そこで今回は、風邪予防に最適な「いちご」の健康効果を紹介していきましょう。さらに、甘さが詰まったいちごの見極め方や絶品レシピもピックアップ。栄養満点のいちごを摂取して、季節の変わり目を健康ボディで乗り切ってみてはいかが?


いちごは“風邪予防・老化防止・美肌効果”に最適

体温計を見ている女性の画像

2月27日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」(テレビ東京系)では、“いちごの新常識”を特集。番組に出演した東京大学医学部附属病院の伊藤明子先生によると、いちごはさまざまな病気を予防・改善してくれるそう。特に体調を崩しやすい季節の変わり目に、いちごの摂取をおすすめしていました。

“果物の王様”といわれるいちごはビタミンCだけでなく、抗酸化力が高い「アントシアニン」も豊富。アントシアニンの抗酸化力はビタミンCが加わると、さらにパワーアップするという特徴があります。いちごは風邪予防の他に老化防止や美肌効果をもたらすので、健康とアンチエイジングのケアにも最適。

同番組を見ていた人からは、「いちごは甘いだけじゃないのか。今が旬みたいだからいっぱい食べよう」「ただの甘いくだものとしか思ってなかった…」「風邪予防の効果がある上に肌もキレイにするって最高!」「美容のためにこれから摂取するようにします」「そういえばいちごをよく食べていた時期は、あまり風邪を引いていなかったかも」といった反響の声が相次いでいました。

■甘いいちごの見極め方&「いちごケチャップ」の調理法

調理している女性の画像

番組によれば、特に“甘いいち”が風邪予防に効果的です。甘いいちごを食べたい場合は、“ヘタの下に裂け目”が入っているものを選ぶのがポイント。いちごの実は膨らんでいくにつれて縦に伸びていき、そのまま栄養を蓄え続けるとヘタの下が破け始めます。ヘタの下にはビタミンCが豊富に含まれているため、より栄養を摂取したい際は実を残さずにしっかり食べましょう。

さらに番組では、いちごを効率的に摂取できる万能調味料「いちごケチャップ」のレシピを紹介。作り方は、まず1パック分のいちごをフードプロセッサーにかけてピューレ状にします。そのあとにフライパンで“いちごピューレ”を炒めて、すり下ろした“たまねぎ・りんご・ニンニク・しょうが”をプラス。最後にワインビネガーを加えたら完成で、調理時間は約10分とお手軽です。おいしく作るコツは、あまり煮込まず軽く火にかけること。さらに冷蔵庫で一晩寝かせると、うまみがアップしますよ。

スタジオで「いちごケチャップ」を味見したNEWSの増田貴久さんは、「おいしい!」「ポテトとかと合いそう」と絶賛。風邪対策を効率的に実践したい方は、ぜひ「いちごケチャップ」を作ってみてくださいね。

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. 美肌

関連記事

  1. Healthcare肌荒れしやすい春に、女優さんが美肌のために食べる大根レシピ

    肌荒れしやすい春に、女優さんが美肌のために食べる大根レシピ

    7
  2. Healthcare3つのみそをブレンド!疲労回復・美肌に効果的なおすすめレシピ

    3つのみそをブレンド!疲労回復・美肌に効果的なおすすめレシピ

    10
  3. Healthcare赤いお肉でつるつるお肌に! 「鉄」「たんぱく質」「ビタミンB」が豊富な“赤い肉”料理

    赤いお肉でつるつるお肌に! 「鉄」「たんぱく質」「ビタミンB」が豊富な“赤い肉”料理

    19
  4. Healthcare肌のくすみの原因は赤血球不足!? 牧野ステテコさんが実感! 2週間で赤血球を増やす方法

    肌のくすみの原因は赤血球不足!? 牧野ステテコさんが実感! 2週間で赤血球を増やす方法

    16

あわせて読みたい

Pickup