FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    4

食事を取っている女性の画像

毎日の健康に欠かせない習慣は、バランスの整った食生活を続けること。より健康的な食事を摂取したい場合は、“食べ合わせ”も意識してみましょう。健康食材をひとつずつ取り入れるのではなく、効果が増す組み合わせを見つけるのがポイントです。ネット上では、「食べ合わせって気になるけど、どの食材を使えばいいかわからない」「理想的な食材の組み合わせをもっと知りたいです」といった声が。そこで今回は、健康長寿の人たちが摂取している“食べ合わせ”を紹介していきます。さまざまなパターンを取り上げているので、実践したい組み合わせがきっと見つかるはず。


健康長寿の秘訣は健康効果抜群の「食べ合わせ」!

サケとブロッコリーの画像

3月26日放送の「この差って何ですか?」(TBS系)では、“健康長寿の秘訣”を特集。番組にはお茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二先生が登場し、健康効果を期待できる“食べ合わせ”について解説してくれました。

はじめに紹介されたのは、“骨粗しょう症予防”に適した「梅干し×ワカメ」です。ワカメに含まれるカルシウムは、体に吸収されにくいという特徴が。全体の約30%しか体内に取り込めず、残りは体の外に排出されます。しかし梅干しの“クエン酸”と一緒に摂取すれば、カルシウムの吸収率がアップ。番組に登場した長寿の女性は梅干しとワカメを食べ続けて、今も丈夫な足腰を維持できているそうです。

2つ目の食べ合わせは、動脈硬化を防げる「サケ×ブロッコリー」。サケに含む“アスタキサンチン”という成分は、血液をドロドロにする“活性酸素”を撃退してくれます。さらにビタミンCが豊富なブロッコリーを食べると、アスタキサンチンの効果が持続。サケだけでも動脈硬化を予防できますが、より長い効果を得るためにはブロッコリーの摂取も忘れずに。

腸内環境改善、疲労回復… さまざまな健康メリットを期待できる“食材の組み合わせ”

豚肉の画像

続いて腸内環境を改善する食べ合わせ「ヨーグルト×たまねぎ」をピックアップ。ヨーグルトの“ビフィズス菌”は腸内環境を整えてくれますが、体内で菌の数を増やさないと効果を期待できません。増やすために有効な方法は、ビフィズス菌のエサに最適な“水溶性食物繊維”を摂取すること。たまねぎには水溶性食物繊維が豊富なので、ヨーグルトと一緒に食べれば腸内環境の改善につながりますよ。

最後に注目された食材が「豚肉」。疲労回復や免疫力アップの効果がある「ビタミンB1」が豊富で、“健康長寿”には欠かせない食材です。しかし豚肉の脂は吸収されると“過酸化脂質”に変化し、動脈硬化や細胞の老化を招くというデメリットも。豚肉の欠点を補ってくれる食材が、豊富なビタミンEを含む“さつまいも”。豚肉と一緒にビタミンEを摂れば、脂から過酸化脂質に変わるのを防いでくれます。豚肉の健康メリットだけを得られるので、さつまいもの摂取も欠かさないようにしましょう。

同番組の視聴者からは、健康効果が期待できるさまざまな食べ合わせに好評の声が続出。「普段なら絶対選ばないパターンを知れたからありがたい!」「ヨーグルトとたまねぎは意外だった。朝食の時に試してみようかな」「豚肉とさつまいもって組み合わせたことないけど、これはチャレンジするしかないね」といったコメントが寄せられています。

健康効果をアップさせる食事を体感したい人は、長寿に近づける“食べ合わせ”を取り入れてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. 便秘解消
  2. 疲労解消

関連記事

  1. Healthcare慢性的な肩こりの要因は、無意識のアレ! あなたは大丈夫? 今すぐチェック!

    慢性的な肩こりの要因は、無意識のアレ! あなたは大丈夫? 今すぐチェック!

    11
  2. Healthcareたっぷりのミネラルで体内解毒!? ルイボスティーでお腹スッキリ!

    たっぷりのミネラルで体内解毒!? ルイボスティーでお腹スッキリ!

    49
  3. Healthcare便秘効果もある!注目の果物「キウイ」の栄養パワー

    便秘効果もある!注目の果物「キウイ」の栄養パワー

    18
  4. Healthcare庶民の味方「もやし」は栄養豊富の食材だった!おすすめの食べ方は?

    庶民の味方「もやし」は栄養豊富の食材だった!おすすめの食べ方は?

    20

あわせて読みたい

Pickup