FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    血圧抑制、脂肪燃焼…野菜売り場に増えている「機能性表示食品」に注目☆

  1. Share

  2. お気に入り

    2

野菜売り場に並ぶたくさんの野菜の画像

現代では栄養が偏りがちな人が多く、特定保健用食品や栄養機能食品など健康をサポートしてくれる商品は年々増加しています。最近制度が始まったばかりの「機能性表示食品」は、食品に含まれる栄養だけでなく健康効果も記された商品。加工品から生鮮食品などさまざまな種類が販売されていますが、「パッケージにいろいろ書いてあるけど信じていいのかな」「健康効果が書いてある食品と書いてない食品の違いは何?」「どんな意味があるのかさっぱりわからない」と困惑する声も。今回は、機能性表示食品にまつわる知識をご紹介しましょう。


「機能性表示食品」が流通する仕組み

畑で収穫された野菜の画像

4月4日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)では、体へのメリットを示した「機能性表示食品」について特集。パッケージに健康効果を表示できるまでの仕組みや、どのような食品があるのか見ていきましょう。

「機能性表示食品」とは、2015年からスタートしたもの。「血圧抑制」や「脂肪燃焼」など、食品の栄養素から得られる健康効果をパッケージなどに表示できる制度です。

機能性表示食品として売り出すためには、まず生産者が食品の健康効果を科学的根拠とともに消費者庁へ提出。受理された上で販売が可能になり、販売後も消費者庁からの監視を受けることになります。これまでは加工食品が多かったのですが、最近では生鮮品の申請も増加。2019年4月の時点で、27品の生鮮食品が機能性表示食品として販売中です。

例えば「オーガニック大豆もやし」という商品の袋には、「骨の健康が気になる方の」というフレーズが。ソフトケールやトマトのパッケージでは、血圧を抑える効果がアピールされています。野菜や果物はそのまま食品売り場に置いてあることが多いのですが、機能性表示食品はこの表示を掲載するために袋や箱で包装。パッケージでは、栄養素についての解説や1日の摂取目安量もチェックすることが可能です。

機能性表示食品が増加しているのはなぜ?

野菜の研究をする研究者の画像

テレビ朝日報道フロア・経済部の村野俊さんは、機能性表示食品が増えている理由を解説。国産の野菜や果物の魅力を今まで以上にアピールすることで、農家の収入増加が期待されていると語りました。矢野経済研究所のデータによると、2018年度は前年に比べて機能性表示食品の数が6%増加。さらなる発展が見込まれている市場です。

ただし生鮮食品の場合、品質にばらつきが出ることは避けられない課題。届け出が受理されるまでに、手間と時間もかかってしまいます。農林水産省では、根拠となる論文やデータの数を増やし届け出に利用できるように改善中。届け出の方法を簡単にしたり、相談員を各地に派遣したりといった工夫も実施されています。

機能性表示食品にまつわる知識には、「そういうシステムなんだ! 知らなかった」「消費者庁を通しているなら安心だね」「今度野菜売り場で値段以外の表示も気にしてみよう」と感心する声が続出。栄養バランスのいい食事をとるためにも、機能性表示食品を取り入れてみてはいかが?

文/プリマ・ドンナ

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. 栄養バランス

関連記事

  1. Dietダイエットには低カロよりも高DIT食がいい!おすすめレシピ3選

    ダイエットには低カロよりも高DIT食がいい!おすすめレシピ3選

    100
  2. Diet「油ものの料理を控えたいニャ」 ねこちゃんが栄養バランスやカロリーをチェックしてくれるアプリ「ニャに食べた?」

    「油ものの料理を控えたいニャ」 ねこちゃんが栄養バランスやカロリーをチェックしてくれるアプリ「ニャに食べた?」

    46
  3. Diet本気でダイエットを成功させる!酸味を味方につける食事のコツ

    本気でダイエットを成功させる!酸味を味方につける食事のコツ

    82
  4. Diet間食を上手に利用してやせる

    間食を上手に利用してやせる

    60

あわせて読みたい

Pickup