FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    じゃがいもの皮には美肌効果?! じゃがいもの栄養を効果的に摂取できる調理法

  1. Share

  2. お気に入り

    3

じゃがいもの画像

1年を通して多くの人が利用している食材「じゃがいも」。ネット上でも「じゃがいもをしょうゆ炒めにしてみた!」「じゃがいもはマッシュポテトにするのがいちばん」など、それぞれの食べ方を楽しんでいる様子。しかしせっかく食べるなら、じゃがいもに含まれる栄養も逃さずおいしくいただきたいですよね。そこで今回は、医師が伝授する「じゃがいもの栄養を効率よく摂取する方法」をピックアップしました。栄養を引き出す調理テクニックだけでなく、じゃがいもの新事実もご紹介。健康維持に役立つ情報が満載なので、ぜひ活用してみて。


じゃがいもには“活性酸素”を撃退する“ビタミンC”が豊富!

カレーの画像

文教大学健康栄養学部管理栄養学科の教授・笠岡誠一先生が紹介した、じゃがいもの新常識を見ていきましょう。5月7日放送の「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)にはいもの研究を20年続けている笠岡先生が出演し、じゃがいもの健康メリットについて解説してくれました。

そもそもじゃがいもには、血管を守る「ビタミンC」が豊富。ビタミンCは血管を傷つける活性酸素を撃退する効果があり、健康な血管を維持するために欠かせません。とはいえビタミンCには熱に弱いという弱点が…。ところがじゃがいもの場合は特別で、デンプンが栄養素を守っているため、加熱しても栄養成分が失われにくいそうです。

より栄養の流出を防ぐには、皮ごとゆでるのがおすすめ。皮をむいた状態でじゃがいもをゆでると、ビタミンCが外に流出してしまいます。ゆでる際に皮があれば、外に逃げようとする栄養をブロック。ちなみにじゃがいもの皮は食物繊維が豊富なので、腸内環境の改善にも活かすことができるとのこと。

電子レンジ調理もOK! じゃがいもの皮には美肌効果も

電子レンジを使っている女性の画像

ゆでる以外には、電子レンジを使うのも効果的です。笠岡先生によれば電子レンジはスピーディーに加熱できるので、栄養素を失う前に熱を通すことが可能。ポテトチップも短時間で一気に揚げているため、多くのビタミンCが残っています。

続いて番組では、新じゃがについて解説。新じゃがは、普通のじゃがいもの約2倍もビタミンCが含まれています。とくにとれたての新じゃがはビタミン満点。新じゃがの季節には、積極的に旬のじゃがいもを食べたいですね。

また、最近の研究では、じゃがいもの皮に関する新事実が明らかになったそう。じゃがいもの皮を食べると、コラーゲンを増加させる効果があるとか。

じゃがいもの健康メリットを知った人からは、「いいこと尽くしだからせひ食生活にとり入れたい」「調理法も紹介してくれたのがとてもありがたい! ちょっとした工夫でとれる栄養がずいぶん違いそう」といった声が。じゃがいもの栄養をもれなく摂取するために、笠岡先生が伝授してくれた調理法にトライしてみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. ビタミンC
  2. 美肌

関連記事

  1. Beauty管理栄養士・麻生れいみ先生直伝! ハリも美白も手に入る!? 美肌を叶える最強の食べ合わせ

    管理栄養士・麻生れいみ先生直伝! ハリも美白も手に入る!? 美肌を叶える最強の食べ合わせ

    51
  2. Healthcare赤、緑、オレンジ、黄色…ピーマンの栄養が色によって違うってホント!?

    赤、緑、オレンジ、黄色…ピーマンの栄養が色によって違うってホント!?

    32
  3. Healthcare40代の美肌女医に聞く! 夏の紫外線を浴びる前にとっておきたい食材とは?

    40代の美肌女医に聞く! 夏の紫外線を浴びる前にとっておきたい食材とは?

    40
  4. Beauty保湿パックにビタミンCローション!美尻職人が続ける「お尻の磨き方」

    保湿パックにビタミンCローション!美尻職人が続ける「お尻の磨き方」

    78

あわせて読みたい

Pickup