FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    足相カウンセリング実録編! 体がツラいのはすべて冷えのせい!? 足裏から読み解く不調の原因とは

  1. Share

  2. お気に入り

    27

足相チェックを受けているSさん

足から全身に働きかけることで健康的な毎日を生み出す「足ウェルネスⓇ」というライフスタイルを提唱している足裏研究家の鈴木きよみさん。足裏に表れる表情を読み解き不調の原因を見出す、先生の足相診断を実録レポートします。毎日簡単にケアできるメソッドも教えてもらうので、当てはまる体調の人はぜひ一緒に行いましょう! 今回のモニターさんのお悩みは「冷え性や便秘」です。体の不調を軽くして、元気を取り戻すテクニックをお聞きしましょう。


 

足裏を見ただけで、直前の行動や体調がズバリ当たる?!

今回きよみ先生のサロンを訪れたSさんは21歳。職場のチームでは最若手となるそうですが、日ごろから体が弱く体調不良の日が多いので周りから心配されることが多いのだとか。さっそくきよみ先生に足裏を見ていただきましょう!

きよみ先生:「昨日の夜はスマホを見ずにお休みになったようですね」

Sさん:「なぜわかるんですか?! そうなんです、いつもはスマホを見ながら夜更かししてしまうんですが、昨日は珍しく使わずに早く寝ました。」

きよみ先生:「寝る前のスマホは電磁波で脳を疲れさせるので、大脳の反射区がある親指の色が白く、感触もプニュプニュと弾力がなくなります。今日のSさんの親指は弾力があるので、昨日はスマホを使わず電磁波の影響を受けてないな、とわかりました。」

足裏をみるだけで、昨夜の様子をズバリと当てられてしまったSさん。足相は体調から生活習慣まで正直に表れてしまうようです。思い当たる人は自分の足相を見てみましょう!

体調不良が続く原因は「かかと」に表れている?!

鈴木先生がかかとをさわっている

足裏にある足相は、不調の原因を教えてくれる重要な情報源です。今回最初にきよみ先生が注目した部分は「かかと」。一体どんな不調を示しているのでしょうか?

きよみ先生:「Sさんの足の形は、かかとの幅が狭く華奢な印象です。かかとは生殖器と対応している部分なので、子宮や卵巣に何らかのトラブルが起きている可能性がありますね。

かかとの幅が狭いSさんの足

足相Point【かかとの幅が狭い】 
⇒現在、子宮や卵巣のトラブルにつながりやすいことを示す足相です。

きよみ先生:「こうしてかかとに触れると、私の手のほうが温かく感じますよね? それはSさんのかかとがとても冷たいからなんです。冷え性でお悩みですよね。朝起きるのがツラいのではないですか?」

Sさん:「そうなんです、朝が弱くて…。冬だけでなく1年中手足が冷えていて、特に寝る前がツラいです。」

きよみ先生:「足相全体からみて本来Sさんは子宮が弱い体質ではないのですが、体の冷えによって子宮の働きが弱くなっています。冷えていると夜の睡眠の質も低下してしまうので、疲れがリセットできずに朝起きるのもツラくなっている状態です。冷えが自覚しづらくなっているようなので、基礎体温をつけて意識してみては? おそらく35℃台になっているはずです。」

足相Point【かかとが冷たい】
⇒触れた手のほうが温かく感じたら、子宮が冷えているサイン。血色が悪くなっている場合も冷えを示します。

最近疲れが取れない、眠りが浅いと感じている人は、自分のかかとをチェックしてみましょう!

「土踏まず周辺」に表れる弱点とは?

きよみ先生:「昨日の夜は何も食べずに寝てしまったようですね?」

Sさん:「え!? そんなこともわかるんですか? 確かに昨日は食べずに寝てしまいました。最近は1日に夕飯1食だけという日も多いです。」

きよみ先生:「土踏まずの血色が悪いことからSさんはもともと消化器の働きが弱い体質だとわかります。特に今日は胃の反射区がへこんでいるので、昨夜は食事をとらず、胃が空っぽであることがわかるのです。Sさんは消化器の不調を示す足相が多く出ていますね。」

Sさん:「消化器といえば、便秘がちでいつもお腹が張っているみたいで苦しいです。」

きよみ先生:「大腸よりも小腸の反射区ゾーンの血色が悪くシワが多いので、便が出にくいというよりも、消化・吸収の働きが低下しているようですね。腸は心のバロメーターでもあるので、不安やストレスを感じている現在の状況を表しています。腸内細菌の環境を整えることが心と体の元気につながります。」

先生の足相チェック

足相Point1【土踏まずの血色が悪い】
⇒1のゾーンには胃・十二指腸・膵臓の反射区があり、血色の悪い人は消化器の働きが弱いことを示します。

足相Point2【小腸の反射区にシワが多い】
⇒2のゾーンが小腸の反射区です。ここの色が悪くシワが多い人はもともと胃腸が丈夫でないことを示します。

足相Point3【食道の反射区にシワのような線が多い】
⇒3のゾーンの色が悪く、線が入りシワっぽくなっています。ここは食道の反射区で、同じような足相の人は、お腹が張りやすくなるので炭酸飲料を控えたほうがよさそうです。

Sさんの不調の原因は、「子宮の冷え」と「消化器の働きの弱さ」からきていることがわかりました。普段なんとなく体が重い、疲れがとれない、と感じている体調不良も、原因を明らかにすることでより具体的な対策がとれるようになりますね!

元気のカギは冷え対策! 体温をアップさせる足刺激テクニック

Sさんの場合は冷えを改善させることが、体の調子を上げていくためのスイッチになるそうなので、おすすめの足刺激テクニックを教えていただきましょう!

【足裏全体を刺激する】
足裏でめん棒をコロコロ転がして刺激し、足全体の体温をアップさせましょう。

【親指全体をもみほぐす】
親指を刺激するとストレスなどで乱れがちな自律神経の働きが整います。指先を立てて、足の親指全体をしごくようにしてグイグイ刺激しましょう。親指をしっかりもみほぐすと全身がポカポカ温かくなるのを感じられますよ。

足の親指を刺激している

【腎臓の反射区をプッシュ】
腎臓の反射区への刺激は、冷え改善のための基本テクニックです。手の指角でしっかりとプッシュします。

〈腎臓の反射区の場所〉
左手の親指に右手の人さし指をひっかけるようにすると、指角でしっかりとプッシュをすることができます。

腎臓の反射区を刺激

きよみ先生:「足刺激を行うなら、朝が効果的。出かける前に行えば、元気に1日を過ごすことができます。食欲がないときは、白湯やお茶など温かい飲み物だけでも飲んで、胃の中に温かいものを入れてあげてください。」

左足だけ行うと、すぐに足全体の血色がよくなり赤みが出ているのがわかります! 刺激をしたのはふたつのポイントだけですが、触れていない部分まで血色がよくなっています。

先生に刺激してもらった足は全体が赤くなった

きよみ先生:「この足刺激を続けていると、朝もすっきり起きられるようになり、食事もしっかりとれるようになるはずです。」

Sさんにはこれから1か月、足刺激を続けてもらいます。次回は足相がどのように変わっているか? 気になる結果をご報告したいと思います。

取材・文/牧内夕子

*鈴木きよみ先生に足相診断をしてほしい!という方を大募集します!
fytte編集部まで、メールタイトル「鈴木きよみ先生の足裏診断希望」とお書きの上、ご応募ください! 送り先はfytte@gakken.co.jpです

鈴木 きよみ

鈴木 きよみ

「鈴木きよみクリニカルサロン」主宰、「サロンアンピール」監修、「癒しと温かな手の学校」校長、有限会社オフィスキヨミ代表取締役。
「めん棒ダイエット®」考案者。足裏研究家。東京・自由が丘を拠点に30万人以上の足を診てきた経験豊富なセラピスト。足と身体のつながりに着目し、高齢化社会に向けて「歩ける寿命」を延ばし、人生を楽しむためのライフスタイルとして「足ウェルネス」を提唱。
著書に、『足裏押すだけ!指圧棒セラピー』(学研プラス)、『めん棒ゾーンセラピーですぐやせっ!』(学研プラス)他多数。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    27
  1. 足ウェルネス
  2. 足相診断

関連記事

  1. Healthcare不安定な天気が“冷え”の原因!? 足裏刺激で温めて、ハッピーな春を迎えよう!

    不安定な天気が“冷え”の原因!? 足裏刺激で温めて、ハッピーな春を迎えよう!

    85
  2. Healthcareその冷えの原因は足相でわかる! 寒さに負けない、足から“冷え取り”健康法

    その冷えの原因は足相でわかる! 寒さに負けない、足から“冷え取り”健康法

    60
  3. Healthcareたまった疲れをすっきり解消&しっかり風邪予防して新年を迎える方法

    たまった疲れをすっきり解消&しっかり風邪予防して新年を迎える方法

    23
  4. Healthcare足の甲をぐいぐい刺激! 流行中のインフルエンザから身を守る方法

    足の甲をぐいぐい刺激! 流行中のインフルエンザから身を守る方法

    55

あわせて読みたい

Pickup