FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    16

フルーツの画像

海外旅行中に気をつけなければいけないのが“水”。日本の水は蛇口から飲んでも危険性は少ないですが、異国の地では十分に注意しなければなりません。知らずに蛇口の水を飲んでしまうと、お腹を壊してせっかくの旅行が台無しに。そこで今回は、海外旅行中に起こりやすい下痢の予防と対策方法を紹介していきましょう。


旅行先での下痢を予防するためには?

旅行先での下痢を予防するためには?

8月16日に放送された「バラいろダンディ」(TOKYO MX)では、海外旅行中に起こりやすい“旅行者下痢症”について特集。原因と対応策を、産婦人科医の丸田佳奈先生が教えてくれました。

衛生環境が整っていない国で起こりやすい“旅行者下痢症”。原因の大多数は、病原体により汚染された食べものや水です。他にも環境の変化によるストレスも原因の一つ。発症すると吐き気や嘔吐、ひどい場合には脱水症状や血便の可能性も。まれに命に危険を及ぼす重症例もありますが、ちょっとした心がけで対策が可能です。

例えば食事は、生ものは避けて加熱された食品を選ぶのがベスト。食事先は現地の人が利用するお店ではなく、ホテルのレストランへ行くように心がけましょう。またフルーツは、事前に皮がむかれていないものを選んでください。皮をむかれた状態のフルーツは水洗いされている可能性があるため、自分で皮をむいたほうが安全性がアップします。

飲みものは、コンビニやスーパーで売っているミネラルウォーターや炭酸飲料がおすすめ。飲み口が汚れている可能性があるので、念のため一度拭いてから飲んでくださいね。

簡単にできる予防方法に、視聴者からは「フルーツすら危ないなんて…」「飲み口に危険性があるのは知らなかった!」と驚きの声が続出していました。

“旅行者下痢症”になったらどうすれば?

旅行中の女性の画像

しかし予防法を実践しても“旅行者下痢症”にかかった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。

丸田先生曰く“旅行者下痢症”は1週間以内に90%、1か月以内に98%が治癒するのが一般的。そのため、1日か2日間は様子を見てください。ツラいからといって自己判断で抗菌薬や下痢止めを飲むのは、逆に体調を悪化させる恐れがあります。もしも症状が改善されない場合は医療機関へ。外務省の公式サイトに、医療機関情報が掲載されているので活用しましょう。

また日本人が旅行に行くと、少ない時間に予定を詰め込み過ぎてしまいます。移動を繰り返したり睡眠時間を削ると、体調を崩しやすくなる原因に。ゆったりしたスケジューリングを心がけ、ムリなく旅行を楽しんでくださいね。

この情報にネット上では、「たしかにスケジュール詰め込み過ぎたな…」「海外の薬って何入ってるか分からないからうかつに飲まないほうがいいですね」といった反響が続出。海外旅行に行く際は、ぜひ予防法と対処法を実践してみては?

文/プリマ・ドンナ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. ストレス

関連記事

  1. Lifestyle自己暗示も効果アリ!? 乗りもの酔いが起きやすい人の特徴と酔わないための予防法

    自己暗示も効果アリ!? 乗りもの酔いが起きやすい人の特徴と酔わないための予防法

    18
  2. Lifestyle飛行機内でのストレスにさようなら!? 気圧変化で起こる耳詰まりの予防と対処方法

    飛行機内でのストレスにさようなら!? 気圧変化で起こる耳詰まりの予防と対処方法

    21
  3. Lifestyle仕事が優先になってない? 4月は家族の時間を大切にすると愛情運アップ(11月7日〜1月16日生まれ)湖・漢方女神占い

    仕事が優先になってない? 4月は家族の時間を大切にすると愛情運アップ(11月7日〜1月16日生まれ)湖・漢方女神占い

    74
  4. Lifestyle今のあなたの深層心理をチェック!【ビューティタロット占い】

    今のあなたの深層心理をチェック!【ビューティタロット占い】

    39

あわせて読みたい

Pickup