FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    割りばしの上品な割り方って? 大人として知っておきたい礼儀作法をチェック♪

  1. Share

  2. お気に入り

    5

箸を持つ女性の手もとの画像

冠婚葬祭や格式の高い店に招かれたときなど、正しい礼儀作法を問われる場面は大人として避けて通れません。基本的なマナーは常識として教わることばかりですが、ネット上には「慣れない作法をいきなり実践しようとすると挙動不審になる」「その場でマナーを聞くのってちょっと恥ずかしいよね」「細かい所作も完璧にして品のいい大人になりたい」といった声が多数上がっています。正しい作法を身につけておいて損はないため、必要になってから慌てて調べるよりもあらかじめ心に余裕をもって練習しておくといいかも。今回は、仏前と食事の場で役立つ振る舞いについてご紹介します。


お供えものをするときのマナー

仏壇の前に置かれた線香の画像

まずは、お盆や法事などで仏壇に果物を供えるときの作法。マナースクール「ライビウム」の諏内えみさんによると、日本では偶数より奇数が好まれるため、奇数でそろえるといいそうです。偶数を避ける理由は、割り切れてしまう数字だと縁が切れることを連想させるから。死者との縁が切れないように、奇数を意識してください。

ただし例外として、8と9があります。8は漢数字の「八」は「末広がり」を表すため縁起がよく、9は奇数ではありますが「苦しみ」を連想させるのでNGになります。ブドウのように実が連なった果物は、房で数えればOK。数え方は果物の種類ごとではなく、合計何個かで数えましょう。

割りばしの使い方に注意!

箸置きに置かれた割りばしの画像

続いては、改まった場で割りばしを扱うときの正しい作法。割りばしは自分の体の前で横にして、体と平行な状態で上下に割るやり方が上品とされています。木のクズが飛ぶこともあるため、食べものの上で割ることは避けてください。

箸袋の扱いについてですが、箸置きがないときは箸袋で置き場を作っても構いません。食後は箸袋に割りばしを戻すのがマナーで、このとき先をうしろに折り返しておくのが「使用済み」の合図です。

8月15日放送の「くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」(テレビ朝日系)で放送されたこれらの内容について視聴者からは「小さなことだけど、全然知らなかったからすごく助かる!」「家族全員に教えておこう」「割りばしをキレイに使えたらカッコいいよね」「外食したときとかにさっそくやってみよう!」と好評の声が続出。マナーをしっかり身につけて、大人として胸を張れる振る舞いをしていきたいですね。

文/プリマ・ドンナ

 

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    5
  1. 礼儀作法

関連記事

  1. Lifestyleもしかしたら間違っているかも!? 知っておくべき“お呼ばれしたときのマナー”講座

    もしかしたら間違っているかも!? 知っておくべき“お呼ばれしたときのマナー”講座

    3
  2. Lifestyleモテる女性の決定的な違いは何? あの人が魅力的な理由は「マナーの心得」

    モテる女性の決定的な違いは何? あの人が魅力的な理由は「マナーの心得」

    50
  3. Lifestyleのしは贈りものの種類で変えるのが◎ 知っておきたい使い分け♪

    のしは贈りものの種類で変えるのが◎ 知っておきたい使い分け♪

    7
  4. Lifestyle上品と下品の違いはどこにある!? 欲を押さえて品のある立ち居振る舞いを目指そう!

    上品と下品の違いはどこにある!? 欲を押さえて品のある立ち居振る舞いを目指そう!

    6

あわせて読みたい

Pickup