デカ顔の原因は歯の冷え性!小顔を遠ざける生活習慣をチェック

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

モデルや芸能人を見て、「小顔になりたい……」と思ったことは、一度や二度ではないはず。実は、デカい顔の原因には誰しも陥りがちな生活習慣があるんです。
要注意はどんな人なのか、歯学博士の倉治ななえ先生にお伺いしました。
「顔をつくっている“表情筋”の多くは、“噛む”という動作に関係しています。食事をよく噛んで食べる人ほど表情筋は引き締まっていますし、あまり噛まない人は表情筋が緩み、顔全体もたるんだ印象を与えがちです。また、スマホやパソコンを長時間操作する際、下向きの姿勢をとりつづけることはおすすめできません。下を向いていると頸椎が曲がり、表情筋や表情筋の周りの皮膚がたるんでしまいます。小顔効果のある姿勢は、背骨と首の骨がまっすぐ伸びており、視線もまっすぐ前方を見ている状態です」(倉治先生)

 知らず知らずのデカ顔原因、あなたも“歯の冷え性”かも!?

「噛まないだけでなく、歩かない、無表情、といったことで引き起こされる、口腔周囲の血流不足、いわゆる“歯の冷え性”も、歯やあごなどの不調を招きその結果、口まわりの筋肉をゆるませ、あごまわりなどがたるんでいく原因となる可能性があります」

普段、歯や頬、歯茎などの血行を意識することはあまりありませんが、じつは意外に血流不足に陥っている人が多いのだとか。以下にチェック項目をまとめてみました。

【歯の冷え性度チェック】
・寝るときにくつ下をはかないと眠れない
・1日中、誰とも話さないときがある
・大声を出して笑うことがあまりない
・手足が冷える
・普段はあまり歩かない
・乗り物で、よくうたたねをする
・スマホなどを長時間使う
・下向きの姿勢でいることが多い
・姿勢が悪い
・ソファで寝てしまうことがある
・歯ぐきの色が悪い

チェック項目が半分以上あてはまった人は要注意! 知らず知らずのうちに、“歯の冷え性”になっているかもしれません。
食事はよく噛んで食べる、スマホやパソコンを見るときには姿勢を意識する、といったことを心がければ、自然に顔が引き締まってくるということ。口角をあげて、大きく笑うことも意識していきたいですね。

倉治 ななえ

倉治 ななえ

歯学博士・クラジ歯科院長。日本歯科大学附属病院臨床教授。近著に『魔法の口もと美人スティック』(学研マーケティング)がある。

文/本間美加子

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る