「最近若返ってない?」と言われる! 口もとの「顔ヨガ」エクサ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢を重ねるごとに、あらゆる部分が下垂してくるもの。口もとが下がると不機嫌な印象に、フェイスラインがゆるんでくると、老けてみられるばかりか、顔が大きく見えます。
女性のキュッと上がったフェイスライン・頬、口もとは、若さのバロメーターです。驚くほどの速攻性で確かな手応えをもたらしてくれるのが、TVなどで話題の顔ヨガです。

鏡が教えてくれるのは過去・現在・未来の私

突然ですが、あなたは5年後の顔に自信が持てますか? 
ハンドミラーを使って、簡単にシミュレーションしてみましょう。

news17053021_01.jpg
1)背すじを伸ばして、鏡を自分の顔と同じ高さに持ちます。ここに映るのが「現在の顔」。
2)胸もとで持った鏡をのぞきこむように、顔を下に向けます。ここに映るのが、「5年後の顔」のイメージ。重力に逆らえず肉がたるんでしまっています。ショック……!
3)鏡を斜め上に持ち上げ、あごを上げます。ここに映っているのは、「5年前の私」……!? フェイスラインもすっきりして、若々しい印象です。顔ヨガで目指すのはこの顔です!

「女性の魅力を象徴するのが、バスト・ヒップ・頬の3カ所。この部分がキュッと上がっていると若々しく見えます」と、顔ヨガインストラクターの小林かおる先生。

「顔ヨガ」は、表情筋を思い切り動かして頬を引き締めて小顔に近づけると同時に、重力に逆らえずたるんでしまった部分を引き上げ、血色をアップ! 多くの女性が望むアンチエイジングも、1日わずか数分の「顔ヨガ」で叶いますよ。さっそく始めてみましょう!


若々しい口元に近づける「チューください」

「チューの唇を保ったまま、あごを上げるエクササイズです。口輪筋(口の周りの筋肉)を鍛え、下がり気味だった口元をキュッと上げて、引き締めます。血行がよくなるので、血色のいいぷるんとした魅力的な唇になれますよ」(小林先生)

news17053021_02.jpg
1)唇をすぼめ、チューのような口にします。唇の先は開きます。中央は小指1本分の隙間を開けておくこと。
2)口は(1)の状態を保ち、目をそっとつぶります。
3)そのままあごを上げて10秒。あごを下げ、口もとをゆるめます。
4)(1)~(3)を3回くり返します。10秒後も唇の形がキープできるようにしましょう。


口周りをすっきりさせる「ひょっとこの口」

「『チューください』と同様、口輪筋を鍛えます。口周りの余分なお肉がすっきりしてくるので、小顔効果が期待できます。フェイスラインをすっきりさせたい、ぷるんとした唇になりたい人にもおすすめのエクササイズです」(小林先生)

news17053021_03.jpg
1)唇をすぼべて前に突き出します。
2)唇を正面のまま5秒。ゆっくり右にずらし、5秒。
3)次は左にずらして5秒キープ。最後は正面に戻して5秒。

あごはなるべく動かさず、唇だけ動かします。唇の形がくずれないよう移動させるのがポイントです。

上記の顔ヨガを行う際は、背すじを伸ばして姿勢をよくすること、呼吸を止めずに酸素を取り込むこと、鏡を見ながら動かしたい筋肉を動かすこと、などに気をつけて行ってください。また、ポーズをとるときに恥ずかしがらず、「もう限界!」となるくらい筋肉を使って動かしましょう。

実際にやってみると、じんわりと顔が熱くなってくるのに気づくはず。血色もよくなり、メイクのノリもよくなりそうですね。アンチエイジング効果も期待できる顔ヨガで、若返りを目指しましょう!



小林 かおる

小林 かおる

顔ヨガ協会インターナショナル認定アドバンスインストラクター。ウォーキングインストラクター。美しい姿勢と歩き方の講師として4000人以上の指導に当たる中で、自分を含め笑顔が苦手な人が多いことに気が付き、顔ヨガ講師の間々田佳子氏に師事。以来、顔ヨガに目覚め、インストラクターとなる。顔ヨガのよさは自ら実証済みで、写真からも一目瞭然。「1回で変わる」「結果の出るレッスン」に定評がある。

撮影/布川航太 取材・文/平川恵

PickUp

Sponsored

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

連載

おいしく食べて腸内環境改善!スーパー大麦ですっきり腸美人

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

トレンド

「私はこれで痩せた!」 読者1000人が選ぶダイエット&ヘルスケアのイチオシ商品ランキング発表!

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

Sponsored

読者1000人が選んだNO.1グラノーラ、カルビー「フルグラ」が朝食に選ばれる理由

ページの先頭へ戻る